2005年04月30日

気になるサッカーニュース(4/29周辺)

○チャンピオンズリーグ準決勝はACミランが先勝。
オランダリーグを制覇したPSVを
シェフチェンコとトマソンのゴールで下しました。
PSVは敗れたもののパク・チソンの活躍は凄かった・・・。

 
続きを読む

2005年04月28日

【 速報!】チェルシー vs リバプール(チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ準決勝。
チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで行われた
リバプールとの第1戦はお互い無理はせず
様子見とも言える様な試合内容でした。

続きを読む

2005年04月25日

テリーがPFA最優秀選手賞を受賞。

プレミアリーグの今シーズンの最優秀選手に
チェルシーの主将テリー(24才)が選ばれました。
テリーはプレミアの選手たち、
つまりは対戦相手たちから選ばれるこの賞に
「最高に誇らしい気分」と喜びを表しました。
続きを読む

インテルはロスタイムの逆転弾で今季2敗目。

セリエA第33節のインテル戦。
先日は安定した戦いでユベントスって
少しすっきりした感もあったインテルは
ホームでの強さを誇るメッシーナに
2−1の逆転負けを喫しました。

続きを読む

2005年04月24日

復活ロッベンのアシスト、ランパードのゴールで優勝へ王手。

優勝が目前のチェルシーと
勝てば残留がほぼ決定するフルハムの
「ウエスト・ロンドン・ダービー」は
先日のアーセナル戦を上回る白熱の戦いとなりました。

続きを読む

2005年04月22日

気になるサッカーニュース(4月21日版)。

○フィーゴがポルトガル代表復活?
「あと2年はトップレベルでできる」と自信は充分。
フィーゴファンには嬉しいけど、今のままでも好調の
ポルトガル代表に“獅子王”の影響がどう働くのでしょうか?
※ちなみにジダンはフランス代表への復帰を否定です。

続きを読む

2005年04月21日

チェルシーとアーセナルの2強対決。

プレミアリーグ首位のチェルシーと
2位アーセナルの直接対決は
試合の主導権が交互に移りゆく
一進一退の見応えのある戦いでした。

続きを読む

クルスのゴールがブッフォンを破る。

インテルはアウェーで
リーグ首位のユベントスと対戦です。
インテルはベロンが不在だけど、
ベンチにはエムレとスタンコビッチが復活。
マルティンスとクルスの最近ではお馴染みの2トップ。
ユベントスはエメルソンは間に合って先発出場。
トレセゲ不在で、デルピエロとイブラヒモビッチが前線です。

続きを読む

2005年04月19日

ジョン・テリー

○チェルシーの主将。
 そして大黒柱であり、魂でもあります。
 CB(センターバック)で背番号26。
 1980年12月7日生まれ。身長185cm。体重82kg。

○空中戦では無類の強さを誇る
 イングランドの若手NO.1ディフェンダー。
 闘志溢れるプレーとその守備センスは抜群。
 将来のイングランド主将候補とも言われています。

 続きを読む

気になるサッカーニュース(4月18日版)。

○ユベントスがミランより一歩前進。
ユベントスはレッチェ相手に
アッビアーの先取点とネドベドの久々の復活弾。
そしてイブラヒモビッチのハットトリックで
今季最多得点で5−2の勝利。
ACミランはクレスポが1点決めたものの
シェフチェンコのゴールが取り消されるなどもあり
シエナに2−1で敗れました。
リーグ戦のみに集中できるユベントスが
やはり有利なんでしょうか?

続きを読む

2005年04月18日

インテルはマルティンスの活躍で勝利。

今話題のインテルとカリアリの一戦です。
先日のミラン戦以来の初の試合。
一転、空席と静けさが目立つスタジアムには
“インテリスタは全ての暴力に反対することを誓う”
という横断幕が掲げられていた様です。
インテルの選手も一生懸命にプレーをしているんだけど
どことなくやはり元気が無い様子。
それでもインテルは試合を支配していました。

続きを読む

2005年04月17日

ロッベンはPFA最優秀若手選手にノミネート

切れ味鋭いドリブルで魅せたロッベンは
今季は怪我で出場が少ないながらも若手部門に選ばれました。
彼には受賞よりも早目の復帰を望む人が多いはずです。

マンチェスターユナイテッドからは
ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドが選出。
この2人がプレミアの猛者を翻弄する姿は
若手の枠を超えています。
とくにルーニーは態度も大人顔負け。

その他の候補者は
ジャーメイン・デフォー(トッテナム)
ショーン・ライト・フィリップス(マンチェスターC)
スチュワート・ダウニング(ミドルスブラ)
とこちらも精鋭ぞろいです。

ランパード、テリー、チェフがPFA最優秀選手候補に選出。

「PFA最優秀選手」
“選手たちが選ぶ”プレミアリーグの年間最優秀プレイヤー。
※PFA・・・イングランド・プロフットボール選手協会

続きを読む

ローマは2失点で敗れるもGKクルチがMVP。

ASローマはホームのオリンピコに
レッジーナを迎えての一戦です。

続きを読む

2005年04月16日

UEFAの制裁でインテルは最低4試合の無観客試合

先日のミラン戦でのサポーターの暴徒化に対して
欧州サッカー連盟(UEFA)はインテルに厳罰を下しました。

続きを読む

2005年04月13日

チャンピオンズリーグ「バイエルン対チェルシー」

バイエルンのホームで行われたチェルシーとのセカンドレグ。
ファーストレグは4−2とチェルシーのリードです。

続きを読む

【 速報!】インテル vs ACミラン

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ。
インテルとミランの今季最期の戦いは
意外な結末で幕を閉じました。

続きを読む

2005年04月12日

今日の気になるニュース

○アドリアーノ「逆転を信じている」
モンスターのこの言葉にすがるしかありません。
今季ミランとの3度の対戦で1点も取れていない
インテルは今までの分をまとめて取るチャンス。


続きを読む

モウリーニョが世界最高年俸監督

モウリーニョ監督が600万ポンド(約12億5000万円)の
3年契約を改めてチェルシーと結んだとの事。
続きを読む

2005年04月11日

ASローマはモンテッラが20得点目。

ウディネーゼとローマの一戦は
3−3の引き分けに終わりました。

続きを読む

2005年04月10日

ドログバの同点弾でチェルシーは引き分け。

チェルシーはスタンフォード・ブリッジに
バーミンガム・シティを迎えての一戦です。

続きを読む

ファン・デル・メイデのアシストとフリオ・クルスのゴール。

リーグ3位のインテルはアウェーで7位のボローニャと対戦。
チャンピオンズリーグ・ミラン戦(ファーストレグ)での
2点差の敗北に「失望している」と語ったマンチーニ監督は
少し元気の無い表情。

続きを読む

2005年04月09日

タイトル変更しました。

心地よい温かさと花粉が猛威を振るう中
ブログタイトルを「サッカー&映画&そのほかの感想記」から
「海外サッカー感想球」に変更しました。
今まであった映画関連記事は↓に移動してあります。
映画ブログ「おすすめ映画ダイジェスト」
これからもよろしくお願い致します。。

対バイエルン戦、ファーストレグを終えて・・・

2得点を決めてヒーローとなったランパードは
試合後のコメントで、後半ロスタイムの失点は
自分たちが気を抜いてしまった事が原因だと語りました。
でも「まだ前半戦が終わっただけ」と油断はしていません。
続きを読む

2005年04月07日

チャンピオンズリーグ「チェルシー対バイエルン」

蒼の衣に身を包んだチェルシーはホームに
黒き姿のバイエルンを迎えての一戦です。

続きを読む

【 速報!】ACミラン vs インテル

チャンピンズリーグ準々決勝&ミランダービーの
ファーストレグがついに開始。

続きを読む

2005年04月03日

グジョンセンの2得点でチェルシーさらに独走。

サウサンプトン対チェルシーの一戦は
1−3でチェルシーの勝利。
2位のマンチェスターユナイテッドが
引き分けた為、勝点差は13になりました。

続きを読む

2005年04月02日

マテラッツィ「ミランを倒せるなら賢臓を提供してもいい」

アイスランドとの親善試合の後、
イタリア代表として活躍して
キャプテンも勤めたマテラッツィの発言。
続きを読む

チェルシーはパウロ・フェレイラも戦線離脱。

ポルトガル代表のDFパウロ・フェレイラが
ワールドカップ欧州予選のスロバキア戦で右足を骨折。
6日に行われるバイエルン戦はもちろん、
今季絶望の可能性もあるようです。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。