2005年08月31日

リカルド・カルバーリョ

○チェルシーの闘士。ポルトガルの盾。
 CB(センターバック)で背番号6。
 1978年5月18日生まれ。183cm 79kg。

続きを読む

2005年08月29日

気になるサッカーニュース(各国リーグ戦結果)

【イタリア・セリエA】

○ミラン(A)1−1 アスコリ(H)
ミランが昇格組のアスコリとまさかのドロー発進。
アンチェロッティ監督が中止を要請したほどの大雨に
苦しんだミランは先制点を許しましたが
シェフチェンコの同点弾で追いつきました。
ジラルディーノも先発で、ビエリは昨季末インテルでの
ラフプレーで出場停止でした。

続きを読む

皇帝アドリアーノの3発でインテル勝利。

ついに始まったイタリアのセリエA開幕戦。
インテルはホームでトレビーゾと対決し3−0で勝利。
ゴールは全てブラジルの怪物アドリアーノでした。

続きを読む

2005年08月28日

デル・オルノのゴールでチェルシーが4勝目。

プレミアリーグ4試合目のチェルシーは
好調トッテナムのホームに乗り込んだロンドンダービー。
序盤から白熱した試合はトッテナムが10人となり
2得点を奪ったチェルシーが0−2の勝利。
モウリーニョ監督の采配も流石でした。
 
続きを読む

2005年08月27日

リバプールがUEFAスーパーカップに勝利。

チャンピオンズリーグ覇者リバプールと
UEFAカップを制したCSKAモスクワとの
モナコで行われた一戦はリバプールが3−1の逆転勝利でした。

続きを読む

オーウェンと各国代表FWの去就。

イングランド代表FWオーウェンの去就に
注目が集まっています。
レアルでは途中出場が多いですが
ゴールをコンスタントに決めているオーウェンですが
イングランド代表のエリクソン監督は来年のW杯に向け
常にレギュラー出場できるチームに移籍する様に薦めていて、
これはつまり事実上の警告でした。

続きを読む

2005年08月26日

チェルシーとリバプール、インテルとポルトが再び。

UEFAによる昨シーズンの各ポジション別最優秀選手、
そして年間最優秀選手が発表されました。
さらに今季チャンピオンリーグ本大会の
組み合わせも決定しました。

最優秀GK:ツェフ(チェルシー)
最終候補:ブッフォン(ユベントス)、デゥデク(リバプール)

最優秀DF:テリー(チェルシー)
最終候補:マルディーニ(ミラン)、カラガー(リバプール)

最優秀MF:カカ(ミラン)
最終候補:ランパード(チェルシー)、ファン・ボメル(PSV→バルセロナ)

最優秀FW:ロナウジーニョ(バルセロナ)
最終候補:アドリアーノ(インテル)、シェフチェンコ(ミラン)

年間最優秀選手:ジェラード(リバプール)

続きを読む

2005年08月25日

インテルがチャンピオンズリーグ本大会出場決定。

ウクライナ王者シャフタールと対戦した
インテルの予選3回戦第2戦は1−1の引き分け。
普通なら熱狂的に迎えられるタイトル獲得後
初のホームでの試合が、「無観客試合」というのも
妙にインテルらしいです。
でもサポーターたちはスタジアムの外まで
応援に来ていたみたいで合計3−1で
無事本会出場を決めたのは何よりでした。

続きを読む

ランパードの2得点でチェルシーが大勝。

チェルシーのプレミアリーグ3戦目。
昨季最後の試合で見事残留を決めた
ウェストブロムウィッチをホームに迎えた試合は
ランパードのゴールを皮切りにチェルシーが4−0と
相手チームに1本のシュートも撃たせない完勝でした。

続きを読む

2005年08月24日

ヤロシクがレンタル。ティアゴがチェルシーを去る事に。明日のロッベンはベンチ。

チェルシーのチェコ代表MFヤロシクが
同じプレミアリーグのバーミンガムシティーへと
1年間のレンタル移籍が決定しました。
バーミンガムへはフォッセルに続き今季2人目。
ヤロシクはやはりエシアンの獲得が決定的となった様です。
今年の冬に加入し、ちょこちょこ出場していた大型MF。
昨季はシュートの精度がいまいちで、ゴールは無かったけど
ようやく馴れてきたのかプレシーズンマッチでは
初ゴールも挙げて、楽しみな選手だったんですが・・・。
来年パワーアップして帰って来るのを期待してます。

続きを読む

2005年08月22日

ドログバの得点でチェルシーがアーセナルに勝利。

プレミアリーグ第2週。
チェルシーはホームでアーセナルとの大一番を迎えました。
2週間前の対決ではドログバの2ゴールで
コミュニティ・シールドを制したチェルシーは、
またもドログバのゴールで1−0の勝利となりました。

エシアンも出場・・・・

2005年08月21日

インテルがユベントスを下し今季初タイトル!

2ヶ月前にコッパ・イタリア優勝は果たしたインテルが
リーグ王者ユベントスとのスーパー・カップを0−1で制しました。
16年ぶりとなるこの大会の優勝はベロンの一撃が決めました。

続きを読む

2005年08月20日

3ヶ月に渡るエシアン騒動が終結。

ガーナ代表MFミカエル・エシアン(エッシェン)の
獲得がやっと決まりました。
移籍金はフランスリーグ史上最高額の
3,800万ユーロ(約51億3000万円)で
チェルシーが出した金額としても
昨季のドログバを上回る過去最高額。
モウリーニョ監督ともに記者会見の場にあらわした姿や
背番号「5」のユニフォームを掲げる表情は
やはり本当に嬉しそうでした。

続きを読む

ジョゼ・モウリーニョ VS リカルド・カルバーリョの一戦。

チェルシーのポルトガル代表センターバック
リカルド・カルバーリョがメディア(ポルトガルの新聞)を通じて
モウリーニョ監督に不満を述べたのが事の始まりでした。

続きを読む

2005年08月19日

イングランドは大敗。フランスは完勝。

○デンマーク対イングランド(親善試合)
あの皇帝ベッケンバウアーも、メンバーは
“ヨーロッパ最強”と認めるイングランドは
アウェーとはいえ、1−4と信じられない敗北。
前半はとても良いプレーを見せたイングランドは
後半は同じチームとは思えないパフォーマンスで
1980年以来25年ぶりの3点差での大敗でした。

続きを読む

2005年08月18日

オランダ対ドイツの親善試合はロッベンが絶好調。

オランダはホームでライバル、ドイツとの親善試合を行いました。
オランダはファン・バステン監督、ドイツはクリンスマン監督と
元代表エース同士の対決です。

オランダの怪物ロッベンは今日は右サイドで魅せ
左サイドはオランダリーグ得点王カイトが活躍。
この2人に加えてFWファン・ニステルローイも好調でした。
続きを読む

2005年08月17日

ウェイン・ブリッジが90分間フル出場。

チェルシーとトッテナムのリザーブ・チーム同士の試合が行われ
昨シーズン後半から負傷で戦線離脱していた
イングランド代表左サイドバックのウェイン・ブリッジが
今年2月以来の90分間フル出場を果たしました

続きを読む

2005年08月15日

モウリーニョ「どちらがプレミア王者かわからなかった」

試合前・試合後の発言も戦略の一部と考え、
常に選手たちを自信を与えるモウリーニョですが
今日の試合内容には正直に苦言を発しました。

続きを読む

ロスタイムのクレスポ弾でチェルシーが勝利。

チェルシーのプレミアリーグ開幕戦が行われました。
相手は今季プレミア初昇格を果たしたウィガン。
昨シーズンのプレミア王者チェルシー相手に
ホームのウィガンは昇格の勢いそのままに素晴らしい
プレーを見せ、試合終了間際まで0−0のスコア。
しかしロスタイムにクレスポがペナルティエリア右手前から
左足で思い切り振りぬいたシュートがゴール左上へ
一直線に突き刺さりました。

続きを読む

2005年08月14日

気になる海外サッカーニュース(8/14周辺)

○バイエルンは5−2のレバークーゼン相手に勝利。
ブンデスリーグ王者バイエルンは前半3分に
バラックのミドルシュートで先制し、さらにオランダ代表
FWマカーイがハットトリックを決めてのこの大勝。
新加入選手のイラン代表MFで昨年のアジア最優秀選手カリミも
チームの3点目を決めています。
ホームのレバークーゼンもブルガリア代表エースの
ベルバトフがPKを決め、クロアチア代表MFバビッチも
終盤にゴールを決めましたがそれまででした。
昨季は逆に1−4と敗れていたバイエルンは
雪辱を果たした上に、開幕2連勝。
前試合2点決めてるマカーイはこれで早くも5得点となりました。

続きを読む

プレミアリーグがついに開幕。

イングランド・プレミアリーグ
2005-2006シーズンが開幕しました。
マンチェスター・ユナイテッドとエバートンという
早くも昨季の上位チーム同士の対戦は
マンUがアウェーながら0-2と勝利をものにしました。

続きを読む

2005年08月12日

気になるサッカーニュース(CL予選3回戦編)

○リバプールはジェラードが3アシスト。
チャンピオンズリーグ予戦3回戦リバプールも
アウェーでCSKAソフィア(ブルガリア)に1−3の快勝です。
続きを読む

2005年08月11日

インテルがウクライナ王者に勝利。

チャンピオンズリーグ予備予選3回戦。
今日がチャンピオンズリーグ通算100試合目の
インテルはホームのウクライナ王者シャフタールを
0-2で見事に破りました。

続きを読む

2005年08月10日

プロサッカー選手が選ぶ“ベストイレブン”。その候補者55人を発表。

国際プロサッカー選手協会連盟(FIFPro)が
「FIFProワールド11プレーヤーアワード」の候補者55人を発表。
世界各国のプロ組織に所属する4万人に近い
プロサッカー選手が自分たちでベスト11を選ぶ形式の賞で
今年がその記念すべき第1回目。
サッカー界のアカデミー賞ともいうべきものになるそうで
9月19日にロンドンのウェンブリーで授賞式が開かれます。
ノミネートされた候補者55人は以下の通り・・・

エバートン vs ビジャレアル

チャンピオンズリーグ予備予選3回戦のファーストレグ。
リバプールを押しのけてCL出場権を獲得したエバートンと
昨季復活を果たしたリケルメを中心に
CL初出場を成し遂げたビジャレアルとの対戦です。

続きを読む

2005年08月09日

ドログバの2ゴールでチェルシーが今季初タイトル。

その年のプレミアリーグの覇者とFAカップの王者とが
対決する「FAコミュニティ・シールド」が行われ
チェルシーが2−1でアーセナルに勝利。
見事“銀の盾”を獲得しました。

続きを読む

2005年08月08日

2点目を決めたマルティンスは20才。

8月6日に行われたインテル対レッコのテストマッチは
アウェーのインテルが4-0で勝利。
ゴールを決めたのはアドリアーノ、マルティンス、
ゼ・マリア、レコバの4人でした。

続きを読む

2005年08月07日

フィーゴ「インテルの大きな成功に貢献したい」

昨日行われたフィーゴの入団発表が行われました。
フィーゴの目的はイタリアのサッカーに慣れ
このチームに早く溶け込む事で
そして一生懸命プレーし、多くのタイトルを
勝ち取りたいと語りました。

続きを読む

2005年08月06日

フィーゴのインテル移籍が正式決定!

ポルトガル代表MFルイス・フィーゴが
ついにインテルと2年契約を結びました。
最後まで半信半疑の状態でしたが
インテルが公式サイトで発表しました(写真もあります)。
移籍金の支払いは無し。
年俸は700億ユーロ(約9億6000万円)とみられています。
レアル・マドリーからは昨年のカンビアッソに始まり
今夏にソラーリ、サムエルと続きフィーゴは4人目の選手。
そして背番号はやはり「7」です。

続きを読む

2005年08月05日

ジダンとマケレレが代表復帰。

世界を代表する指令塔とボランチが
フランス代表への復帰を表明しました。

続きを読む

2005年08月04日

フットボールバトンに挑戦。

TREQUALTISTAさん
フットボールバトンを廻してくれました。
(ありがとうございました)
僭越ながらさっそく答えさせていただきます。

続きを読む

気になるサッカーニュース(8/3周辺)

○リバプールが予選3回戦に進出。
欧州チャンピオンズリーグ予備戦2回戦リバプールは
カナウス(リトアニア)と第2戦も2−0で制し、
合計5−1で勝利をものにしました。
ジェラードがまたまた・・・

2005年08月03日

インテルがサムエルを獲得&ポーツマスに勝利。

インテルはイングランド遠征の最後にポーツマスと対戦しました。
この試合インテルは後半10分にマルティンスが
ペナルティエリア内でファールを受けPKを獲得。
これをこの日中心となった新戦力の
チリ代表MFピサロが確実に決めて先制。
さらに後半32分にはアドリアーノとの連携から
今度はスタンコビッチがゴールを奪いました。
続きを読む

2005年08月01日

ドログバのゴールでチェルシーはミランとドロー。

アメリカ遠征の最終戦でチェルシーは再びミランと対決。
前半を0−0で折り返した69分。
後半から入ったドログバが鮮やかな個人技で
ペナルティア内に進入。そのまま自ら放ったシュートは
見事ネットに突き刺さり先制ゴール。

続きを読む

クレスポの決勝点でチェルシーがDCユナイテッドを下す。

アメリカ遠征中のチェルシーは28日(現地時間)に
DCユナイテッドと対戦し1-2の逆転勝利。
前半29分に先制点を決めれられたチェルシーですが
その5分後に好調ダフが素晴らしい同点弾を見せ、
そして後半12分にはロッベンのアシストから
クレスポが逆転ゴールを決めたようです。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。