2006年03月30日

インテル対ビジャレアル(欧州チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ準々決勝。
インテルはホームでビジャレアルとの
第1戦を迎え、見事2−1の勝利で終えました。

続きを読む

2006年03月27日

カンビアッソのシュートも阻まれインテルはパルマに敗戦。

セリエ第31節。
インテルはパルマとのアウェー戦でしたが
1−0で敗れてしまいました。

続きを読む

2006年03月26日

ドログバの2得点でチェルシーが今季プレミアシップ25勝目。

プレミアリーグ第31週。
チェルシーはホームにマンチェスター・シティを迎え
見事2−0で勝利を飾りました。

続きを読む

2006年03月24日

主将テリーの得点でチェルシーがベスト4進出(FAカップ)

FAカップ準々決勝のチェルシーは
ホームでニューカッスルと対戦。
昨年に敗退させられた相手ですが
テリーのゴールにより1−0と勝利。
見事ベスト4へと駒を進めました。

続きを読む

2006年03月22日

エシアン「甘い考えを持つ事はできない」

モウリーニョ監督&ツェフ&エシアンの
フルハム戦について、あるいはニューカッスル戦に
向けてのコメントです。

続きを読む

2006年03月21日

レコバの2得点でインテルがラツィオに勝利。

セリエ第30節。
インテルはホームでラツィオと対戦。
フィーゴの先制点、そしてレコバの2得点により
インテルが3−1と勝利を手にしました。

続きを読む

2006年03月20日

フルハムに敗れたチェルシーは今季プレミアシップ3敗目。

プレミアリーグ第30週。
チェルシーはフルハムとのアウェー戦でしたが
1−0で破れて、今季リーグ戦で3つ目の黒星。
リーグ優勝に向けて、思わぬ足踏みとなりました。

続きを読む

2006年03月17日

モウリーニョ「私は正直者のポルトガル人です」

バルセロナ戦の前後の発言によりホームの
スタンフォード・ブリッジ以外では“憎しみの象徴”とされたという
モウリーニョ監督ですが、彼を攻撃したプレスの悪評は
いずれも中身が無いもので、あったのは“嫉妬”だけだとし、
また自分のスタイルも変えるつもりは無いと反撃です。

続きを読む

2006年03月16日

スタンコビッチのゴールでインテルがベスト8。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント
ベスト16の最後の試合が行なわれ
ホームのインテルが1−0でアヤックスに勝利。
合計3−2となり見事インテルの勝ち上がりが決定しました。

続きを読む

2006年03月14日

ドログバ「モウリーニョは私たちを戦士にした」

ウェストブロムウィッチ戦での
ロッベン退場時の主審に対する皮肉な拍手。
そしてCL敗退と続き、これを機にまたも
ジョゼ・モウリーニョ監督に対する
批判の声が上がったみたいですが(?)
チェルシーのコートジボアール代表FWドログバは
彼のその凄さを改めて語っています。

続きを読む

2006年03月12日

スパーズ戦後のギャラスのコメント。

劇的なロスタイム弾でチームを貴重な勝利をもたらせた
チェルシーの“何でも屋”ギャラスのコメントです。

「私の右足が決めたなんて信じられません。
私はただ撃っただけです。私は満足ですし
みんなも満足しています」

続きを読む

アドリアーノ弾でインテルがサンプドリアに勝利。

セリエ第29節。
インテルはホームでサンプドリアと対戦し
アドリアーノの得点で1−0の勝利です。

インテルは主将サネッティが
セリエA11年目にして始めての出場停止でした。
これには驚きましたが素晴らしいこと。
現地ではニュースになったというのも納得です。
続きを読む

ギャラスのスーパーショットでチェルシーが土壇場の勝利。

プレミアリーグ第29週。
チェルシーはついに芝を張り替えた
新生スタンフォード・ブリッジに
リーグ現在4位のトッテナムを迎えての対戦でしたが
エシアンのチェルシー初ゴールと
ギャラスの強烈なロスタイム弾で見事2−1の勝利です。

続きを読む

2006年03月11日

テリー&モウリーニョ監督のスパーズ戦前のコメント

○ジョン・テリー主将

「確かにバルセロナに負けたことは残念です。
しかし私たちはまだ素晴らしい位置にいます」

続きを読む

欧州チャンピオンズリーグ1回戦結果&ベスト8組み合わせ

○リヨン 4−0 PSV
  合計(5−0)
ティアゴが2得点の活躍。
優勝候補の声も高いリヨンが完全勝利で
昨季のリベンジを果たしました。

続きを読む

2006年03月09日

バルセロナ戦後のモウリーニョ監督のコメント。

○敗退の原因について。

「チャンピオンズリーグの歴史の中で、ホームで2−1と敗れた後
アウェーで試合を変えたのは2、3チームだけです。
私にとって重要だったのはスタンフォードブリッジでの結果でした」

続きを読む

2006年03月08日

チェルシー 対 バルセロナの第2戦(欧州チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦。
チェルシーが敵地カンプノウへ乗り込んだ
バルセロナとの第2戦は1−1の引き分けです。
しかしトータル2−3でチェルシーの敗退が
ここで決まりました。

続きを読む

2006年03月07日

マテラッツィ弾でインテルとローマが引き分け。

セリエ第28節。
インテルは絶好調ASローマの
本拠地オリンピコへ乗り込んでの対戦。
トッティ不在の中、セリエA新記録の11連勝を
達成したローマに先制点を奪われたインテルですが
90分の同点弾で1−1とし、見事に勝点1を手にしました。

続きを読む

2006年03月05日

ドログバとジョー・コールがチェルシーに勝利を献上。

プレミアリーグ第28週のチェルシーは
アウェーでウェストブロムウィッチと対戦。
見事ドログバとジョー・コールの得点で
1−2と勝利しました。

続きを読む

2006年03月02日

ジョー・コールがイングランド代表で活躍。各国親善試合結果。

○イングランド 2−1 ウルグアイ

アンフィールドで行なわれたこの試合、
ランパードはハムストリングの不調で不在でしたが
チームメイトのジョー・コールが活躍しています。

続きを読む

ランパードが17ゴール17アシスト。ツェフがチェコの最優秀選手。

05−06シーズン・チェルシーの
先日のポーツマス戦までのゴール数とアシスト数です。
(公式サイトより)
※リーグ戦、チャンピオンズリーグ、FAカップ、
カーリングカップはもちろんの事、アーセナルとの
FAコミュニティ・シールド(ドログバの2得点)も含まれています。
ただカーリングカップのPK戦での得点は入って無い様です。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。