2006年07月31日

シェフチェンコのキャリア最後のクラブ

○骨を埋める。

シェフチェンコは生涯3つ目のプロチームである
チェルシーでキャリアを終えたいと考えています。
続きを読む

2006年07月28日

ジョゼ・モウリーニョの遺産。

○チェルシーへ残す遺産。

イングランドでは今月末に
チェルシーの101年の歴史を綴った公式本が発売されるそうで
その中にはモウリーニョ監督の言葉も紹介されています。

続きを読む

2006年07月27日

インテルが05−06シーズンのスクデッド獲得。

イタリア・サッカー協会は26日、
インテルに05−06シーズンのスクデッドを
与えると発表しました。

続きを読む

セルティック戦には選手全員を起用。

8/9にイングランド王者チェルシーは
スコットランド王者セルティックを
スタンフォード・ブリッジに迎えての親善試合が
予定されてますがモウリーニョ監督はシェフチェンコや
バラック、カルーを始めとする選手全員を使うと約束しました。

続きを読む

2006年07月25日

気になるサッカーニュース(7/24周辺)

チェルシーはデル・オルノのバレンシア移籍も完了。
イタリアに帰りたがってるクレスポにはオファーは来ておらず
アーセナルのベルカンプはついに現役引退となりました。

続きを読む

2006年07月23日

ダフとニューカッスルの5年契約が完了。

チェルシーのアイルランド代表WFダミアン・ダフは
ニューカッスルと5年契約を結び、
その活躍が記憶の中に刻まれることとなりました。

続きを読む

2006年07月22日

モウリーニョ監督のチェルシー少数精鋭プラン。

モウリーニョ監督はダフが去る理由と
新シーズンの少数精鋭構想を語りました。

続きを読む

カルー「モウリーニョは常に100%」

ダフとデル・オルノはそれぞれ新しいクラブへと赴いたそうです。
またチェルシーは新ユニフォームを披露し、
カルーのモウリーニョ監督についての感想です。

続きを読む

2006年07月21日

モウリーニョ「試合数の75%を約束できない選手を引き止める事はできない」

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は
移籍の噂に挙がっているダフとデル・オルノについて
公式ページで話しました。

続きを読む

2006年07月19日

チェルシー選手の公式ウェブサイト集

チェルシー選手の公式ウェブサイトを集めてみました。
※各選手名をクリックしてください。

続きを読む

2006年07月18日

ダフにトッテナムへの移籍の噂。

○チェルシーのアイルランド代表WFダミアン・ダフに
トッテナムへの移籍の噂が立ち上っています。

続きを読む

2006年07月17日

モウリーニョ「チャンピオンになりたいなら、去った方がいい」

ドログバはチェルシーの大型新人シェフチェンコとの
ポジション争いに対し準備万端です。
一方、モウリーニョ監督は戦後処理に追われる
クリスチアーノ・ロナウドをサポートしながらも
さりげなく(?)来季の優勝宣言をしています。

続きを読む

2006年07月16日

グジョンセン「チェルシーでの6年間は素晴らしかった」

チェルシーを去ったアイスランド代表主将グジョンセン、
チェルシーに加入したウクライナ代表主将シェフチェンコが
それぞれ想いや意気込みを語っています。

続きを読む

2006年07月15日

インテルはグロッソと4年契約。カルチョ・スキャンダルの判決。

最近のインテル関連のニュースです。
そしてカルチョ・スキャンダルにもついに判決が下りました。

続きを読む

2006年07月13日

ギャラスがチェルシーとの契約延長に向けて前進。

○新天地を求めていたもののモウリーニョ監督に
あと1年契約が残っているため出さないと言われていた
チェルシーのフランス代表DFギャラスですが、
W杯期間中に彼のエージェントとピーター・ケニヨンの間で
徹底的に話し合いが行なわれた様で、
どうやら契約延長してくれる可能性が高くなって来ました。

続きを読む&バラックとシェフチェンコのデビューは8/9?

インテルに3選手が加入。マテラッツィはライブパフォーマンス。

○去る選手ばかりのインテルでしたが
ダクール、マイコン、マクスウェルと
一気に3人の選手の獲得を公式に発表しました。

続きを読む&マテラッツィがローリングストーンズのライブに参加

2006年07月11日

ドイツ大会のMVPはジダン。クローゼが得点王。

イタリアが優勝を飾ったドイツワールドカップの
その後の気になるニュースです。

続きを読む

2006年07月10日

イタリアがフランスを下し、24年ぶりの王者!

2006ドイツワールドカップ。
ついに行なわれたイタリア対フランスの決勝戦は
1−1のまま迎えてた延長戦にはジダンのまさかの退場もあり、
PK戦をものにしたイタリアが見事24年ぶりの王者に輝きました。

続きを読む

2006年07月09日

シュバインシュタイガーの活躍でドイツがポルトガルに勝利。

2006ドイツワールドカップ。
ドイツとポルトガルの3位決定戦は
シュバインシュタイガーの右足が3ゴールを生み
ドイツが3−1で勝利をものにしました。

続きを読む

2006年07月08日

気になるサッカーニュース(7/7周辺)

チェルシーのカールトン・コールが
ウェストハムへ移籍が決まりました。
またビエリはイタリアへ戻り、
カペッロ監督は再びレアルの指揮を執る等々です。

○W杯ドイツ大会のオールスターチーム23名を発表。

続きを読む

2006年07月06日

フランスがポルトガルを抑え決勝進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準決勝のもう一戦。
フランスとポルトガルの対決は
PKを決めたジダンのゴールを守り抜き
フランスが決勝進出です。

続きを読む

2006年07月05日

イタリアが開催国ドイツを破り決勝進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準決勝のドイツ対イタリアの
一戦は延長戦に突入し、終了間近の2ゴールで
イタリアが決勝進出への切符を手に入れました。

続きを読む

2006年07月03日

鉄人ランパード「打ちのめされた」

ポルトガル戦後のイングランド代表MFフランク・ランパードと
ジョー・コールのコメントです。

続きを読む

2006年07月02日

フランスが王者ブラジルを完封。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の4試合目。
フランス対ブラジルの因縁の対決は
ジダンのアシストからアンリがゴールを奪い
1−0でフランスが再び勝利をものにし
王者ブラジルはここで敗退となりました。

続きを読む

イングランドが敗退。ポルトガルは40年ぶりのベスト4進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の3試合目。
イングランドとポルトガルの対決は
EURO2004同様に突入したPK戦を
再びポルトガルがものしてベスト4進出となりました。

続きを読む

2006年07月01日

ジョゼ・モウリーニョのポルトガル選手ガイド。

モウリーニョ監督の続いて
ポルトガル代表選手についてです。

続きを読む

ジョゼ・モウリーニョのイングランド選手ガイド。

イングランドとポルトガルの対戦を前に
モウリーニョ監督がチェルシー公式ページで
イングランド代表のそれぞれの選手について語りました。

続きを読む

イタリアがカテナチオでウクライナに完勝。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の2試合目。
イタリアとウクライナの一戦は3−0でイタリアが完勝し
準決勝進出を決めました。

続きを読む

優勝候補アルゼンチンが敗退。開催国ドイツがベスト4進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の第1戦。
アルゼンチンとドイツの大注目の対決は
1−1のままもつれ込んだPK戦に末
ドイツがベスト4と駒を進め、
アルゼンチンはここで敗退となってしまいました。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。