2006年08月31日

モウリーニョとランパードの中盤談議。

モウリーニョ監督によると怪我人の影響があり
練習で最も上手く行っていたのとは
別のシステムを利用しているそうですが
ブラックバーン戦でのランパードとバラックが同時に
フル出場を果たした初の結果に満足しているとの事です。
続きを読む

2006年08月29日

モウリーニョ「マケレレは奴隷です」

○ブラックバーン戦後。

チェルシーはモウリーニョ監督は2−0で勝利した
ブラックバーン戦について、タフな試合だったと認めています。

続きを読む

2006年08月28日

ドログバの豪快なゴールでチェルシーが勝利。

プレミアシップ第3戦。
チェルシーは再びのアウェー戦で
ブラックバーンと対決しましたが、ランパードがPKを決め
ドログバの豪快なゴールシーンにより2−0の勝利を手にしました。
続きを読む

2006年08月27日

マケレレ「ちょっとしたジョークでした」

○次はもっと良くなる。

プレミア初得点が生まれたミドルズブラ戦についての
シェフチェンコのコメントです。

続きを読む

インテルがイタリア・スーパーカップ優勝。

○マルティンスがニューカッスルへ移籍。

インテルのナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスの
ニューカッスルと5年契約を結んでいます。

続きを読む

2006年08月25日

チェルシーとバルセロナが3年連続の対戦。

2006-07欧州チャンピオンズリーグの
各グループリーグの組み合わせが決まりました。

続きを読む

ミドルズブラ戦後&マケレレが代表チーム残留。

モウリーニョ・チェルシー。

モウリーニョ監督のミドルズブラ戦後のコメントです。

「ミドルズブラは勝利に値しました。
私からは対戦相手について、フェアプレーについて、
審判について不満はありません。
ミスは無く、馬鹿げたペナルティもありませんでした」

続きを読む

2006年08月24日

チェルシーが2戦目で黒星。

プレミアシップ第2戦。
ミドルズブラとのアウェー戦に挑んだチェルシーですが
2−1とまさかの逆転負けを喫してしまいました。
続きを読む

2006年08月23日

ブラルーズ「私はタックルが大好きです」

○自己紹介。

チェルシーに新加入した“Cannibal(人食い)”の異名を持つ
ハリド・ブラルーズは身体的な激しさが持ち味の
プレミアシップでのプレーを楽しみにしています。

続きを読む

2006年08月22日

モウリーニョ監督のマンC戦後のコメント。

○予想以上。

マンチェスターCとの開幕戦に3−0で勝利した
チェルシーですがそのパフォーマンスには
モウリーニョ監督でさえも驚いています。

続きを読む

2006年08月21日

チェルシーが3−0で開幕戦に勝利。

プレミアシップ開幕2日目。
ついにチェルシーもマンチェスター・シティを
スタンフォード・ブリッジに迎えた初戦は
主将テリーのゴールを皮切りに
3−0でチェルシーが完勝をものしました。
続きを読む

2006年08月20日

インテルのピサーロがローマへ移籍。

イタリアのセリエAは開幕は9月10日のため
インテルはスペインへ乗り込みマジョルカと親善試合。
後半21分にアドリアーノのアシストから
マイコンがボレーを叩き込み1−0で勝利したそうです。
続きを読む

モウリーニョ「今季のチェルシーはより攻撃的」

○プレミアシップ開幕。

チェルシーより一足先に開幕戦がいくつか行なわれました。
ダフの姿を確認するために、少しばかり観た
ニューカッスル対ウィガンは2−1でニューカッスルが勝利。
新人ダフはまだまだ積極的にボールに絡めてませんでしたが
プレー自体は卒なくこなしる様に見えました。
続きを読む

2006年08月19日

プレミアシップ開幕前。チェルシーに新しいセンターバック。

チェルシーのポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョの
3年目のプレミアシップ開幕に向けて
そして初戦のマンチェスター・シティ戦に向けてのコメントです。
またチェルシーは公式ページにて
オランダ代表DFブラルーズと合意に達したと発表しました。

続きを読む

2006年08月17日

イングランド代表主将テリーの初ゴール。

○テリーが代表主将としてのいきなりの初ゴール。
テリー

“赤い悪魔”の本拠地オールド・トラフォードで
行なわれたイングランド対ギリシャの親善試合は
4−0で新生イングランドが勝利を迎えました。

続きを読む

2006年08月16日

ジョゼ・モウリーニョのチャンピオンズリーグ優勝候補。

モウリーニョ監督はプレミアシップ2連覇を達成したものの
常に新しい勝者によって塗り替えられるこの世界の中により、
その成功への願望は常に途切れません。
続きを読む

ランパード「シェヴァは完成されたストライカー」

コミュニティ・シールド後のいくつかの
チェルシー・ニュース、選手たちのコメントです。

続きを読む

2006年08月14日

モウリーニョ「プレミアシップは10ヶ月の戦い」

コミュニティ・シールド後の
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は
以前からの予想通りに両チームのコンディションに
大きな差があったと語っています。
そしてシェフチェンコへとボールをつなげるためにも
チームはもっと調整しなくてはいけないものの
長い戦いであるプレミアシップに対しては心配していません。

続きを読む

シェフチェンコがチェルシー初ゴール。

カーディフで行なわれたFAコミュニティ・シールド。
プレミアシップ王者チェルシー対FAカップ王者リバプールの
一戦は2−1でリバプールが勝利となりました。
チェルシーはシェフチェンコの初ゴールが生まれたものの
2年連続の「銀の盾」獲得とは行きませんでした。

続きを読む

2006年08月13日

モウリーニョ「最大限の力を発揮する」

○マキシマム。

今日はいよいよリバプールと“銀の盾”を巡って争う
チェルシーのポルトガル人監督のコメントです。

続きを読む

2006年08月11日

セルティック戦後&テリーがイングランド代表キャプテンに決定!

モウリーニョ監督のセルティック戦後のコメントです。
そして主将テリーがついにイングランド代表キャプテンに
任命されました。

続きを読む

インテルがイブラヒモビッチを獲得。

ユベントスのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが
本当にインテルへやって来ました。
続きを読む

2006年08月10日

チェルシー対セルティックの一戦。

チェルシーのプレシーズン・マッチ第3弾は
ついにロンドンのスタンフォー・ブリッジが舞台。
そしてイングランド王者チェルシーと
スコットランド王者セルティックとのこの一戦は
1−1の引き分けに終わりました。

続きを読む

モウリーニョ「ギャラスは驚くほど休んだ」

モウリーニョ監督のフェイノールト戦後のコメントです。
ギャラスはすでにチームに合流しているみたいで
またアシスタント・コーチのクラーク氏によると
ジョー・コールの怪我は思ったより良いそうです。
続きを読む

2006年08月09日

チェルシーがフェイエノールトに勝利。

チェルシーのプレシーズン・マッチ第2弾は
オランダはアムステルダムでフェイエノールトと対戦し
シェフチェンコのアシストからのランパードのゴールにより
0−1でチェルシーが勝利をものにしました。
続きを読む

2006年08月08日

クレスポがインテルへ帰還。

チェルシーのアルゼンチン代表FWエルナン・クレスポが
インテルへとレンタル移籍が決定し、念願のイタリア復帰となりました。続きを読む

2006年08月07日

モウリーニョ「敗北は心配してないし、驚いてもいない」

プレシーズンマッチ第1弾を終えての
モウリーニョ監督のコメントです。
続きを読む

2006年08月06日

チェルシー 対 MLSオールスターズ。

チェルシーはシカゴでアメリカリーグ選抜こと
MLSオールスターズと今年初のプレシーズン・マッチを行いましたが
結果は1−0で惜しくも敗れてしまいました。

続きを読む

2006年08月04日

ドログバはモウリーニョ・チェルシーに満足。

○モウリーニョ怒る。

「(ギャラスの件に)動揺してるのは私だけはありません。
私たちは全員が動揺しています」

続きを読む

2006年08月03日

ギャラスの「13」はバラックの元へ。

○無断欠席。

準決勝以上を戦い休暇が長くなったドイツ大会組も
ついにアメリカ遠征中のチェルシーに合流しましたが
フランス代表DFウィリアム・ギャラスはその姿を現しませんでした。
しかも何の連絡も無かったとチェルシーは声明を出しています。

続きを読む

ヴィエラがインテルに加入。

インテルは公式ページでユベントスの
フランス代表MFパトリック・ヴィエラと
4年契約を結んだことを発表しました。

続きを読む

2006年08月01日

チェルシーの恐怖の伝統。

チェルシーには新しく加入した選手は夕食時にみんなの前で
歌を披露しなくてはいけないという伝統があります。
そしてその恐怖について、ジョー・コールが
3年前を思い出しながら語りました。
続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。