2006年09月29日

ジョゼ・モウリーニョとディディエ・ドログバのレフスキ戦後。

○まだまだ。

レフスキソフィア戦後のモウリーニョ監督のコメントです。
続きを読む

9人のインテルがバイエルンに敗戦。

欧州チャンピオンズリーグのグループB。
インテルはバイエルンを迎えたホーム戦でしたが
2人と選手と1人のコーチがレッドカードを貰い
0−2とまさかの2連敗です。
続きを読む

2006年09月28日

ドログバのハットトリックでチェルシーが勝利。

欧州チャンピオンズリーグのグループA。
チェルシーはアウェーでレフスキソフィアと対戦し
ドログバの3得点により見事3−1で勝点を積み重ねました。
続きを読む

2006年09月27日

モウリーニョ「ミッキーマウスには誰も文句を言わない」

ブルガリアの首都ソフィアに到着した
ジョゼ・モウリーニョ監督のレフスキ戦に向けてのコメントです。

続きを読む

2006年09月26日

モウリーニョ「シェヴァは私が信頼してるのを知っている」

○譲れない仕事。

フルハム戦で2得点を上げる活躍を見せた
ランパードがあのPK時の心境について熱く語っています。

続きを読む

2006年09月25日

クレスポの再びの活躍でインテルが勝利。

セリエAの第4節の
インテルはホームでキエーボと対戦。
クレスポの2ゴール等で得た4点差から3失点を喫するものの、
4−3で今季ホームでの初勝利を飾りました。
続きを読む

2006年09月24日

モウリーニョ監督がCBフェレイラを賞賛。

フルハム戦後のモウリーニョ監督は
この試合で急遽センターバックを務めた
パウロ・フェレイラを賞賛しています。
続きを読む

ランパードの2得点でチェルシーが勝利。

プレミアシップ第6戦。
チェルシーはフルハムとのアウェー戦を
ランパードの2得点で見事に勝利をものにしました。
続きを読む

2006年09月22日

モウリーニョ監督のリーグ戦での5試合を終えて。

○守護神。

ここまでのチェルシーの成功の鍵は
その堅守にあると語ったツェフですが
今季もそれを大事にして行きたいと思っています。

続きを読む

2006年09月21日

クレスポの活躍でインテルがローマに勝利。

セリエAの第3節では
今季の優勝候補と目されている2強が早くも激突し
ローマの本拠地オリンピコへと乗り込んだ
インテルがクレスポのゴールにより1−0で勝利を手にしました。
続きを読む

2006年09月20日

チェルシーの選手たちがロンドンで歓迎。

○伏線。

リバプール戦でスペクタクルなゴールシーンを起こした
ドログバはこれがチェルシーに来てからの
最高のゴールだったと語りました。

続きを読む

2006年09月19日

ツェフ「心理的に巨大な勝利でした」

○謝罪。

コンディションが上がりつつあるのを見せてくれていたものの、
リバプール戦の後半開始早々にシソコの太股を踏んで
退場処分になってしまったバラックは、シソコや迷惑をかけた
チームに対し謝罪しています。

続きを読む

2006年09月18日

チェルシーが10人でリバプールに勝利。

プレミアシップ第5戦。
リバプールをスタンフォード・ブリッジに迎えた
チェルシーはバラックが退場になったものの
見事1−0で勝利を飾りました。
続きを読む

2006年09月17日

インテルがサンプドリアと同点。

セリエAの第2節。
インテルはホームにサンプドリアを迎えた
この試合は1−1の引き分けに終わりました。
続きを読む

2006年09月16日

チェルシーがようやく戦闘準備開始。

日曜日にチェルシーはリバプールと対戦しますが
直後にはマンUとアーセナルの試合も行なわれます。
そしてこの4強が激突するためにイングランドでは
“グランドスラム・サンデー”と呼んでいるそうです。

続きを読む

2006年09月15日

シェフチェンコがタイガー・ウッズを勧誘。

○ジョー、代表復帰へアピール。

「私はまだ帰り道の途上にありますが、健康を取り戻しています。
プレシーズンでプレーする事はできませんでしたが、
ブレーメン戦での10分間は良いものでした」

続きを読む

2006年09月14日

モウリーニョ「ランパードは有罪です」

○共有。

ブレーメン戦でバラックにPKを譲ったランパードは
これは実は試合前に話し合って決めた事と明かしています。

続きを読む

インテルがスポルティングに敗れる。

欧州チャンピオンズリーグのグループB。
インテルはスポルティングとのアウェー戦でしたが
0−1でまさかの敗戦です。
続きを読む

2006年09月13日

チェルシーがブレーメンに完封勝利。

ついに開幕した欧州チャンピオンズリーグ。
グループAのチェルシーはホームで
ブレーメンを迎えましたが、エッシェンと
バラックのゴールにより、2−0で勝利です。
続きを読む

2006年09月12日

モウリーニョ「チェルシーは恐れていない」

本日(27:30)行なわれるブレーメン戦に向けての
モウリーニョ監督のコメントです。
続きを読む

2006年09月11日

バラックのブレーメン講座。

○チャールトン戦を終えて。

ジョゼ・モウリーニョ監督のチャールトン戦後のコメントです。

「前半には、2〜3ゴールを奪い
試合に終止符を打つチャンスが充分ありましたが
私たちはそれをしませんでした」

続きを読む

インテルが開幕戦でフィオレンティーナに勝利。

棚ぼたとは言われても昨季のスクデッド保持者で
今季は優勝候補の本命に挙げられているインテルは
何故か開幕戦は放送無しだったものの
強敵フィオレンティーナを3−2で破っています。
 
続きを読む

2006年09月10日

チェルシーが2−1でチャールトンに勝利。

プレミアシップ第4戦。
チェルシーはホームでチャールトンと対戦し
ドログバとカルバーリョのゴールで2−1の勝利を手にしました。

続きを読む

2006年09月09日

モウリーニョ「アシュリーが来ると知って驚いた」

○答えは明白。

モウリーニョ監督もアシュリー・コールが
本当にチェルシーに来たことに驚いています。

続きを読む

アシュリー・コールの悪夢。

スタンフォード・ブリッジへ到着したチェルシーの
新しい背番号「3」アシュリー・コールのインタビューです。

続きを読む

2006年09月08日

ドログバがエッシェンに期待。

○クロスバー・チャレンジ。

チェルシーの選手たちがセンターラインから
ボールを蹴ってクロスバーを狙います。
ダフやグジョンセンもいます。
2つ目ではモウリーニョ監督も楽しそうです。



続きを読む

2006年09月07日

テリー「ジョゼは対立することが大好きです」

チェルシー公式ページのトップで大きく脅迫の件を
暴露されたウィリアム・ギャラスですが
「この声明には驚き、ショックを受けた。
オウンゴールするなんて決して言っていない」
とやはり否定し、真実は適当な頃合いを
見計らって説明すると言っています。

続きを読む

2006年09月06日

2006年09月05日

ギャラスがオウンゴールすると脅迫。

○回復祝い。

いつの間にか怪我から回復していたジェレミは
アフリカネーションズカップ2008の予選に出場。
そしてチェルシー公式ページによるとルワンダと対戦した
カメルーンは3−0の完封で勝利をものにし
なんとジェレミも後半17分に2ゴール目を決めています。

続きを読む

ダフの涙。

○テリー興味津々。

ライバルチームのチェルシーに来たことにより
多くの批判を受けるかも知れないアシュリー・コールですが
ランパードは心配していないと話しています。

続きを読む

インテルのファケッティ会長が死去。

昨日9月4日に数週間前から体調を崩していた
インテルのファケッティ会長(64歳)がお亡くなりになられました。

モラッティ・オーナーの強烈な個性を緩和してくれるかの様な
ファケッティ会長のその姿には安心させられる事が多くありました。

また先日に獲得したスーパーカップでも
主将サネッティを始めとして、多くの選手が彼にトロフィーを
捧げると言っていたのにもその人柄が伺えました。

06−07シーズンこそは自力でスクデッドを
手にする姿を楽しみとしていたと思いますし
インテルには是が否でも実現して、改めて捧げて欲しいです。

心からご冥福をお祈り致します。
   

2006年09月04日

ギャラス「モウリーニョは気まぐれだ」

○ギャラスの警告(被害妄想)。

これはやっぱり予想できたことですが
ギャラスはアシュリー・コールに対し警告したりと
モウリーニョ監督に対し、早速の不満をぶちまけている様です。

続きを読む

2006年09月03日

海外サッカー感想球 掲示板

掲示板を設置しました。 
続きを読む
at 23:00 | 掲示板

イングランドが5−0でアンドラに勝利。

○オールド・トラフォードで行なわれたEURO2008予選の初戦は
新生イングランドがアンドラに5−0の完勝です。
チェルシーはテリー、ランパード、そして加入したばかりの
アシュリー・コールの3人がフル出場しました。
続きを読む

夏の移籍市場閉幕。

アシュリー・コールとギャラスのトレードが実現しましたが
その他、最近のいくつかの移籍情報です。
続きを読む

2006年09月01日

アシュリー・コールとギャラスの交換が決定。

○ギャラスの結末。

チェルシーは公式ページでウィリアム・ギャラスと
アーセナルのアシュリー・コールのトレードに合意したと発表しました。
選手個々も同意に達し、すでにメディカルチェックも
それぞれ終えたとのことです。
(追記:アシュリー・コールの背番号は
デル・オルノがつけていた「3」に決まりました)

Cole to Chelsea, Gallas to Arsenal

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。