2006年11月30日

ジョゼ・モウリーニョ監督のボルトン戦後。

○ボルトン戦について。

ボルトン戦後のジョゼ・モウリーニョ監督のコメントです。
バラックやシェフチェンコについても語っています。

続きを読む

バラック弾でチェルシーがボルトンに勝利。

プレミアシップ第15戦。
チェルシーはボルトンとのアウェー戦を
1−0の勝利でものにしました。
続きを読む

2006年11月28日

アシュリー・コール「モウリーニョは偉大な監督」

○MVP。

マンU戦後のモウリーニョ監督は、この引き分けというこの結果が
チェルシーにとってより良いものだったと語っています。

続きを読む

インテルが2−1でパレルモに勝利。

セリエA第13節。
インテルは今季快進撃を続ける2位の
パレルモをアウェーで破り、2−1で勝利をものにしています。

続きを読む

2006年11月27日

チェルシーはカルバーリョ弾でマンUと引き分け。

プレミアシップ第14戦。
チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドとの
この頂上決戦を1−1の引き分けで終え、
敵地オールド・トラフォードから勝点1を持ち帰りました。
続きを読む

2006年11月25日

ケニヨン「ジョゼは2連覇では十分では無いと考えている」

○契約更新。

子供の出産のためにブレーメン戦に帯同しなかった
ウェイン・ブリッジですが、奥さんか恋人かのヴァネッサさんが
火曜日の夕方に無事、男の子を産んだそうです。

続きを読む

2006年11月23日

モウリーニョ監督のブレーメン戦後のコメント。

ブレーメン戦後のモウリーニョ監督は
ドログバの予想外の負傷退場がやはり大きかったと語っています。
続きを読む

インテルがクレスポ弾でグループリーグ突破。

欧州チャンピオンズリーグのグループB。
インテルはホームにスボルティングを迎え
クレスポのゴールにより1−0の勝利。
一時の敗退の危機も跳ね除け、グループリーグ突破を決めました。

続きを読む

チェルシーはブレーメンに敗れるものの、グループリーグ突破決定。

欧州チャンピオンズリーグのグループA。
チェルシーはドイツでブレーメンと対戦し1−0の敗戦となりました。
しかし1失点に抑えたため、得失点差により
チェルシーがこれでグループリーグ突破を決めています。
続きを読む

2006年11月22日

モウリーニョ「わざと負けるのは子供と対戦する時のみ」

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は
ブレーメン戦ではジョー・コールを先発で使うと宣言しています。
そして久々のスタメンとはいえ、ジョー・コールは
アピールをする必要は無いと語っています。
続きを読む

2006年11月20日

モウリーニョ「ジェレミが蹴るとは思わなかった」

1−0で勝利したウェストハム戦で
ランパードとドログバもボールの周りにいたものの
見事右足で直接FKを決めたジェレミですが
モウリーニョ監督はこのジェレミ弾が
その3人の計算通りだったと明かしています。
続きを読む

クレスポ弾でインテルが単独首位。

セリエA第12節。
インテルはホームにレッジーナを迎え
1−0の勝利を収めました。
続きを読む

2006年11月19日

ジェレミ弾でチェルシーがウェストハム戦に勝利。

プレミアシップ第13戦。
チェルシーはスタンフォード・ブリッジで迎えた
ウェストハムとのロンドンダービーを1−0の勝利でものにしました。

続きを読む

2006年11月18日

ロッベン「ミケルもカルーもクオリティを備えた選手」

○背番号「22」。

新加入GKヘドマンの背番号は昨季まで
グジョンセンがつけていた「22」に決定しました。
そしてモウリーニョ監督のこの入団に関するコメントです。

続きを読む

2006年11月17日

チェルシーの各国代表戦の結果&第4GK獲得。

○ドログバ&バラック弾。

イングランドとオランダの一戦は
1−1の引き分けに終わりましたが
その他のチェルシー選手たちの代表戦の結果です。

続きを読む

2006年11月16日

イングランド対オランダの一戦は引き分け。

アムステルダムで行われたオランダとイングランドの
親善試合は1−1の引き分けに終わりました。
続きを読む

2006年11月13日

モウリーニョ「ドログバのようなストライカーは現在、他にいない」

ワトフォード戦後のモウリーニョ監督は
ドログバとシェフチェンコが互いに理解を深めつつあるとし、
特にドログバは今の状態を維持する以外に
問題は見当たらないと賞賛しています。
続きを読む

インテルが2−1でパルマに勝利。

セリエA第11節。
インテルはパルマとのアウェー戦で
2−1と4年ぶりの勝利をものにしました。
続きを読む

2006年11月12日

ドログバとシェヴァのゴールでチェルシーが大勝。

プレミアシップ第12戦。
ワトフォードをスタンフォード・ブリッジで
迎え撃ったチェルシーはカーリングカップに続き
4−0の大勝で勝点3を積み重ねました。

続きを読む

2006年11月11日

クラーク・コーチ「最高のパフォーマンスだった」

圧勝したアストンヴィラ戦について
アシスタントコーチのスティーブン・クラークさんは、
カップ戦といえど“私たちの最強のチームを送った”と語っています。
続きを読む

2006年11月09日

チェルシーが4−0の完勝で4回戦を突破。

カーリングカップ4回戦。
ホームで今季唯一引き分けた相手
アストンヴィラを再びスタンフォードブリッジに迎えた
チェルシーは今度は4−0の大勝で次へと駒を進めました。

続きを読む

2006年11月07日

モウリーニョ「何故テリーが退場になったのか分からない」

○世にも奇妙な物語。

トッテナム戦後のモウリーニョ監督は両チームを賞賛しながらも、
グレアム・ポール主審の2つの判定は理解できないとしています。

続きを読む

2006年11月06日

マケレレ弾が生まれるもののチェルシーはトッテナムに敗戦。

プレミアシップ第11戦。
チェルシーは敵地でトッテナムと対戦しましたが
このロンドンダービーに2−1で敗れ、今季の2敗目を喫しました。

続きを読む

サネッティのゴールでインテルがアスコリに勝利。

セリエA第10節。
インテルはホームでアスコリと対戦し
2−0の勝利をものにしました。
続きを読む

2006年11月04日

ドログバ「ジョゼにありがとうと言いたい」

チェルシーでの3シーズン目に突入し
抜群の活躍ぶりでその本来の輝きを見せている
ディディエ・ドログバがチェルシーと改めて4年契約を結びました。
そして公式ページではバスケットゴール(あるいは虫捕り網)を
プリントしたシャツを着て、笑顔でケニヨン氏と握手を交わしている
そのドログバのコメントです。
続きを読む

2006年11月03日

モウリーニョ「身体的にも精神的にも強かった」

○報酬。

角度の無いところからボールをカールさせて
鮮やかなゴールを決めたランパードは
これが日頃の積み重ねから生まれたものだと語っています。

続きを読む

2006年11月01日

チェルシーがカンプノウで勝点1を獲得。

欧州チャンピオンズリーグのグループA。
チェルシーはスペインへ乗り込んでの
バルセロナとの一戦を2−2の引き分けで終えました。
続きを読む

インテル対スパルタク・モスクワ

欧州チャンピオンズリーグのグループB。
他の各試合よりも一足早く行われた
敵地へと赴いたインテルとスパルタク・モスクワの一戦の結果です。
続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。