2007年04月29日

モウリーニョ「セットプレーはとても特殊な決闘」

ボルトン戦後のモウリーニョ監督は
カルバーリョがリバプールとの
第2戦に出場できないと話しています。
続きを読む

カルーが2得点を決めるものの、チェルシーは2戦連続の引き分け。

プレミアシップ第35戦。
スタンフォード・ブリッジにボルトンを迎えた
チェルシーは2−2の引き分けに終わっています。
続きを読む

2007年04月28日

アリエン・ロッベンがトレーニングに復帰。

○鏡。

チェルシー公式HPでは、デイリー・ミラー紙が
シェフチェンコに関する偽りの記事を載せたことを
謝罪したと発表しています。

続きを読む

2007年04月27日

ジョー・コール「チームメイトとスタッフに恩返ししたい」

○ポジティブな結果。

リバプール戦後のモウリーニョ監督は
この1−0という結果に満足しています。

続きを読む

2007年04月26日

ジョー・コール弾でチェルシーがリバプールに先勝。

チャンピンズリーグ決勝トーナメント準決勝。
チェルシーはホームのスタンフォード・ブリッジにリバプールを迎え、
見事1−0の完封勝利で、この第1戦を制しました。
続きを読む

2007年04月25日

モウリーニョ「私たちは勝てると思っている」

リバプール戦へ向けてのモウリーニョ監督は
2年前の同じくリバプールとの準決勝に状況が
似ていると話しています。
続きを読む

マテラッツィ弾でインテルがスクデッド獲得。

4月23日、インテルがシエナを2−1で下し、
ローマがアタランタに逆に1−2で破れ
インテルがリーグ優勝を果しています。
続きを読む

2007年04月24日

モウリーニョ『どうしてこんなに勝てるのか?』

モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?
モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?


本人が認めた、モウリーニョ本の第2弾が販売されました。
3人の専門家が、そのトレーニング方法などから
モウリーニョ監督を分析したもののようで
確か昨年まで雑誌でやっていたコラムの中でも
モウリーニョ監督自身がこの本について触れ、認めていました。

第1弾のジョゼ・モウリーニョ「KING OF 監督」誕生ストーリー
かなり楽しめ、まさに“ジョゼ・モウリーニョ”ファンにとって
必携とも言える一冊でしたが、これもまたとても読み応えありそうです。

2007年04月23日

モウリーニョ「チェルシーは新しいルールで良くやっている」

ニューカッスル戦後のモウリーニョ監督は
まずはカルバーリョが実は負傷したと明かしています。
続きを読む

チェルシーが敵地でニューカッスルと引き分け。

プレミアシップ第34戦。
チェルシーは敵地でニューカッスルと対戦し
0−0のスコアレスドローに終わりました。
続きを読む

2007年04月21日

モウリーニョ「カルバーリョにとって最高のシーズン」

○休日返上。

明日のニューカッスル戦へ向けての
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督のコメントです。

続きを読む

2007年04月19日

SWP弾&コートジボアール弾でチェルシーが快勝。

プレミアシップ第33戦。
チェルシーは敵地でウェストハムと対戦し
見事1−4の快勝で、勝点3を手にしています。
続きを読む

2007年04月17日

モウリーニョ「選手たちはヒーローだった」

○メンタル強化国。

ブラックバーン戦後のモウリーニョ監督は
120分を戦った両チームの選手を賞賛しています。

続きを読む

2007年04月16日

バラックの延長弾でチェルシーが決勝戦進出。

FAカップ準決勝。
チェルシーはオールド・トラフォードで
ブラックバーンと今季4回目となる対戦をし
延長突入の末、2−1で決勝への切符を手に入れました。
続きを読む

2007年04月15日

ジョゼ・モウリーニョ&ペトル・ツェフが3月のプレミア最優秀監督&選手。

○月間最優秀チーム。

プレミアシップの3月の最優秀監督賞と最優秀選手賞に
ポーツマス、マンC、シェフィールド、ワトフォードと、
プレミアリーグの4試合全てに勝利したモウリーニョ監督と
その全てを無失点に抑えたGKツェフが揃って受賞しています。

続きを読む(モウリーニョ監督のコメントをもう1つ追加しました)

2007年04月12日

モウリーニョ「全てのチェルシーファンが誇りに思っているでしょう」

バレンシア戦での劇的な勝利に関し
チェルシー公式HPではモウリーニョ監督や
エッシェンを始めとして、各選手のコメントが紹介されています。

続きを読む

2007年04月11日

シェヴァ&エッシェン弾でチェルシーが準決勝進出。

チャンピンズリーグ決勝トーナメント準々決勝。
スペインのメスタージャへと乗り込んだチェルシーは
このバレンシアとの第2戦を1−2の逆転勝利で飾り
見事ベスト4へと駒を進めました。
続きを読む

2007年04月10日

カルバーリョ「最後まで諦めてはいけない」

○王者の言。

モウリーニョ監督とフェレイラと共に
かつてチャンピオンズリーグ制覇を経験したことのある
カルバーリョはチームに対し、このバレンシア戦を
最後の最後まで諦めないようにと語っています。

続きを読む

2007年04月09日

モウリーニョ「エッシェンがプレーできる可能性がある」

ジョゼ・モウリーニョ監督のトッテナム戦後のコメントです。
続きを読む

2007年04月08日

カルバーリョの長距離砲でチェルシーが完封勝利。

プレミアシップ第32戦。
スタンフォード・ブリッジでトッテナムと対戦した
チェルシーは見事1−0の勝利で勝点3を積み重ねました。
続きを読む

2007年04月07日

モウリーニョ「私が彼らの立場なら、油断はしない」

○準決勝か、レスリングか。

モウリーニョ監督は0−1のまま入った
バレンシア戦でのハーフタイム時に選手たちに
“パニくるな”と話したそうです。

続きを読む

2007年04月05日

ドログバの同点ゴールでチェルシーが第1戦を引き分け。

チャンピンズリーグ決勝トーナメント準々決勝。
本拠地スタンフォード・ブリッジにバレンシアを迎えた
チェルシーのこの第1戦は1−1の引き分けに終わりました。
続きを読む

2007年04月04日

モウリーニョ「バレンシアは乱闘では無く、試合をするために来る」

ついにフルトレーニングにも参加している
ジョー・コールについて、モウリーニョ監督は
昨日のコメントでバレンシア戦のベンチに入るかどうかは
まだ分からないと話しています。
続きを読む

2007年04月02日

モウリーニョ「後で後悔するよりも全力を尽くした方がいい」

○姿勢と自信とGK。

ワトフォード戦後のモウリーニョ監督のコメントです。

続きを読む

2007年04月01日

カルーのロスタイム弾でチェルシーが土壇場の勝利。

プレミアシップ第31戦。
チェルシーはワトフォードとのアウェー戦を
カルーのロスタイムのゴールにより
0−1の勝利でものにしました。
続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。