2005年12月03日

モウリーニョ監督のミドルズブラ戦前のコメント。

チェルシーがバイエルンのバラックを獲得に
狙っているとの噂がありましたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は
「考えたことさえない!」
とこれを否定しています。

「私は一月の移籍市場では選手を欲しくはありません」

と今年の冬は補強を必要としておらず
今いる選手たちで充分タイトルを狙えると考えています。

それにチェルシーのバラック獲得は
やっぱり違和感がありました。
チェルシーでは中盤の選手は充分揃っているし
バラック自身もチェルシーのローテーションシステムには
満足できない気がします。

確かに1月にはアフリカ選手権でドログバとエシアン、
そしてジェレミがチームを離れますが、ここで選手を獲得しても
彼らが戻ってきたときにやはり選手が溢れてしまいますしね。


そしてモウリーニョ監督は今夜の対戦相手の
ミドルズブラについて。

「ミドルズブラはマンUを破りました。
彼らはアーセナルを負かし
そしてリバプールとは引き分けています。
そのことからも彼らが難しい相手だというのが
わかると思います」

「彼らは良い組織力があります。
彼らには経験のある選手が多くいるし
そしてゴールを奪えるストライカーがいます」

「彼らはディフェンスもたいへんよくします。
彼らは何試合かをDFを5人で行なっていて
破るのが難しいチームです。
試合は簡単には行かないでしょう」

と語り、ホーム戦とはいえ一筋縄ではいかない相手だと
気を引き締めています。
しかしその堅い守備を破るためにも、
今夜3試合休んでいたドログバと4週間休んでいた
ロッベンがこの試合で戻ってくるのはやっぱり嬉しいことです。

「ドログバは戻ります。しかしクレスポはいません。
クレスポの怪我は肋骨です。
私は来週には戻ってくると期待しています」

「ロッベンも選ばれます。彼は信じられない選手なので
フィットしたときは素晴らしいです。彼は良いレベルで戻れます。
彼は数週間出場していなかったから、たぶん
いかないでしょうが彼はプレーできます。
90分か1分か私はわかりませんが、この試合に関わるだろうし
私はそれが彼の第一歩となるのを期待しています」

そしてクレスポがいないため、カールトン・コールも
この試合少し役割を果たすとモウリーニョ監督は言っています。
ちなみに怪我で離脱しているマケレレは
来週にはトレーニングを始められるそうです。


また現在もプレミアリーグのトップを走るチェルシーですが
マンUが2位、アーセナルが3位、リバプールが4位と
強豪がついに上位に入り込んできました。
そしてモウリーニョ監督は

「12月中旬のアーセナルとの試合で私たちはアーセナル、
リバプールそしてオールド・トラフォードでの
アウェー戦を終えたことになります。
他の試合が簡単だとは言いませんが、12月18日には
私たちとチャンピオンシップを争うだろう3チームとの
アウェーゲームが終わると言えます」

「アーセナルはまだオルード・トラフォードと
アンフィールドに行かなければならない。
リバプールはアーセナル、マンUとチェルシー(のホーム)に
そしてマンUはアーセナルとチェルシー(のホーム)に
行かなくてはいけません」

とチェルシー以外はそれぞれに上位チームとの
厳しいアウェー戦がまだまだ控えているとしています。
そしてアーセナル戦を終えた時にチェルシーが
プレミアリーグの首位を維持する事ができていれば
後は非常に有利だと考えています。

そしてそれは今が大事な時期だというのを表していて
今日のミドルズブラ戦も緊張感のある
戦いが期待できそうです。


blogランキング。
この記事へのコメント
楽しいブログありがとうございます♪ただいまブログにて「俺とW杯」連載中なのでよかったら見に来て下さい!また来ます。
Posted by yuta at 2005年12月05日 03:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10148117
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。