2006年03月08日

チェルシー 対 バルセロナの第2戦(欧州チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦。
チェルシーが敵地カンプノウへ乗り込んだ
バルセロナとの第2戦は1−1の引き分けです。
しかしトータル2−3でチェルシーの敗退が
ここで決まりました。

最低2点が必要なチェルシーは
ドログバの下に、左からダフ、ロッベン、
ジョー・コールの3人を置く布陣。
そしてその下になんとか間に合ってくれた
ランパードとマケレレ。
DF陣は左からギャラス、テリー、カルバーリョ、
フェレイラとベストメンバーが揃い、
そしてGKはツェフです。

前半8分。
このエジミウソンのミドルシュートがバーの上を越え
この試合初めてのシュートはバルセロナ。

前半9分。
ジョー・コールの右足が良いクロスを入れますが
ゴール前のドログバは惜しくもとどきません。

前半11分。
モッタの左足ミドルシュート。
しかしGKツェフがこれは確実に抑えます。

前半12分。
ジョー・コールのスライディングでファールを取られます。
しかしこれがイエローカードの判定で
納得のいかないモウリーニョ監督が首を横に振ります。

前半18分。
バルセロナの攻撃が続く中、
ロナウジーニョの巧みなヒールパスから
ペナルティエリア内左でメッシが左足のシュート。
しかし即座に飛び出したカルバーリョが
スライディングで素早くブロック。
素晴らしい守備を魅せます。

前半19分。
ロッベンのFKから、ゴール前でドログバが
ヘディングシュートを放ちますがこれは
GKビクトル・バルデスに正面で抑えられます。

前半24分。
第1戦で手強さを見せたメッシが突如の肉離れで
プレー続行が不可能となり、バルセロナは代わりに
ラーションを入れてきます。

前半27分。
ランパードの右足のFK。
復帰後初のシュートはしかし
クロスバーの上を越えていきます。

前半33分。
ロナウジーニョの右足のFK。
直接狙ってきたシュートは
しかしジョー・コールがヘディングで見事クリア。
さらに主審の勘違いからこれはGKの判定です。

前半34分。
右サイドのランパードのクロスをドログバがヘッド流し、
これをペナルティエリア内左のダフが左足の
ボレーシュートを放ちますが、これはゴール左へと外れます。

前半38分。
右サイドから中央へと切り込んだロッベンの
左足のミドルシュート。
これはGKに防がれたものの、あまりボールが回ってこない
ロッベンのようやく“らしい”攻撃です。

前半43分。
ジョー・コールがモッタからファールを受けFKを獲得。
そしてフェレイラの右足のクロスから
テリーがヘッドで競り勝ったボールに
ジョー・コールが横を向いた状態のまま
右足で蹴り上げますが、DFの上を越える
緩やかなシュートはクロスバーの上。

そしてこのまま0−0で前半終了。
左サイドで存在感を示すロナウジーニョを中心に
前線でのパス回しでプレッシャーをかけてくるバルセロナですが
チェルシーもチャンスを与えません。
しかし第1戦のリードがあるバルセロナは
いつもより守備に力を割く事ができ、さらにそのプレスは早く、
パスミスやファールを誘われるのが目立つチェルシーは
なかなか思った様な攻撃は仕掛けられません。

しかしモウリーニョ監督の適切な指示もあり
後半からリズムをつくる事が多いチェルシーは
この試合でも後半開始からスムーズな
攻撃をいきなり見せ始めます。
そして本来ならこのまま勢いに乗って
試合のペースを握るチェルシーですが
やはりバルセロナはいつもの相手とは違い
一旦ボールを持たれるとすぐには奪い返せず
その攻撃力は圧力がありなかなかリズムをつくり切れません。

そして後半13分。
モウリーニョ監督はドログバとダフを下げて
クレスポとグジョンセンを同時投入します。

その直後。
ラーションがヘッドで落としたボールから
エトーが左足のミドルシュート。
しかしこれはツェフが見事なセーブで防ぎます。

後半18分。
スラディングでボールをつなぎ
チェルシーが粘り強さを見せます。
そして右サイドのジョー・コールのクロスに
ゴール前へ素晴らしい飛び出しを見せたクレスポ。
左足に当てたボールはゴール右へと外れたものの
この試合で最もゴールを可能性を感じさせる場面でした。

後半21分。
エトーが右足のミドルシュート。
しかしこれはクロスバーの上へと越えていきます。

後半22分。
FKからのロングボールに
テリーがヘディングシュートを放ちますが
これはGKに防がれます。

前半よりは良くなったチェルシーは
さらにグジョンセンがその巧さを、
そしてクレスポが頼もしい気迫を見せ
バルセロナ陣営でのプレーも増えてきますが
相手も集中した守備を見せ、なかなかゴールへとは繋がらず、
ファールも多く、時間だけが過ぎていきます。

そして後半33分。
中盤の一瞬の隙をついたロナウジーニョがドリブルで加速。
テリーにも力負けもせず、ペナルティエリアへ進入した
瞬間に放った右足の鋭いシュートはGKツェフを破り
ゴール右へと突き刺さりました。

後半38分。
モウリーニョ監督はジョー・コールを下げて
前線へフートを投入します。
このフートがその巨体で体を張り
時にはファールを取られる場面もありましたが
モウリーニョ監督は拍手でフートの頑張りを称えます。

後半40分。
ペナルティエリア内へ単独進入した
エトーが右足のシュート。
しかしツェフもタイミングの良い飛び出しで
コースを限定し、ボールはゴールポスト右に直撃。

そして後半ロスタイム。
マケレレのスルーパスから飛び出した
テリーがGKと1対1の絶好のチャンス。
しかし後ろからのスライディングで
倒されてPKを獲得したチェルシーは
これをランパードがゴール右へと
落ち着いて突き刺して同点。

しかしセンターサークルで戻ったところで
ホイッスルが鳴り試合終了。
チェルシーのここで敗退が決まりました。
そしてランパードは笑顔でロナウジーニョと
ユニフォームの交換。
ワールドクラス2人のその姿はとても絵になっていました。

試合中はバルセロナの守備も良かったとはいえ
チェルシーも本来の力を発揮しきれずにいたのが残念でした。
それでも最低2点が必要という状況の中みんな頑張っていたし
ロッベンも何とか打開したいという想いが強く伝わってきました。
カルバーリョは何本ものシュートを防いだ
得意のスライディングはとても見事だったし、
途中出場のクレスポの積極的に勝利を目指すプレーは
とても頼もしくそして嬉しいものでした。

また敵ながらロナウジーニョのあの勝負を決める
ゴールシーンはやはり見事で正直すっきりしたし、
あのまま0−0で終わるよりは良かったと思います。
さらに最後の最後にはテリーのPK獲得、ランパードの同点弾で
チェルシーが一矢報い、今日の試合を負けなかったという点は
大きな救いです。

そして終始落ち着いた表情のモウリーニョ監督は
さすがにバルセロナ相手には3バックにせず
ギリギリの勝利を狙っていたのが伺えます。
また最も重要視しているプレミアリーグへの影響を考えても
この結果には不満はなさそうです。

チェルシーの今季のチャンピオンズリーグは
ここで終わりましたが、来季はまたより違った
気持ちで挑めるはずです。
そして今季はまだプレミアリーグとFAカップの2冠の
可能性が残っているし、こちらはぜひ達成して欲しいです。

チェルシー:
ドログバ(クレスポ 58分)
ダフ(グジョンセン 58分)、ロッベン、ジョー・コール(フート 83分)
ランパード、マケレレ
ギャラス、テリー、カルバーリョ、フェレイラ
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
 モウリーニョって、試合前は散々に言うけれども、負けた後はいつもあっさりとしていて好感が持てますよね。
 相手サポーターに拍手を送ったり、選手を称えたり。
 やはり問題の言動は彼流の演出、名監督という気がします。
Posted by おかだ at 2006年03月08日 11:25
終わってしまいました・・・(T_T)。
やっぱりバルサは強かったです。
でも、最後の最後まで戦いましたね。
来年、もうちょっと大人になったチェルシーの面々が、どういうCLを戦ってくれるのか・・・望みをつなげましょうか。
FA杯、プレミア。きっと頑張ってくれるでしょう。
Posted by YOSHI-CO at 2006年03月08日 16:33
ショックです・・・
今シーズンの私のCLは終了しました。。。

あとはFAをなんとしても取って欲しいです!
Posted by bazzin180 at 2006年03月08日 22:28
>おかださん、
コメントありがとうございます。
敗退が決まった後も、堂々と迎えてくれる
モウリーニョ監督のあの姿は選手たちも
とても心強いと思います。
どんな問題発言もチームの事を考えた上でのものですし
本当に素晴らしい監督ですね。


>YOSHI-COさん、
コメントありがとうございます。
終わってしまいましたね・・・。
バルセロナは本当に強かったです。
でもチェルシーなら決して倒せない相手ではないですし
CLはさらに成長したチェルシーの来季に期待ですよね。
今はプレミアとFA杯の2冠を達成してくれるのを
楽しみに応援したいですね。


>bazzin180さん、
コメントありがとうございます。
本当に残念な結果でしたね・・・。
CLが終わった今、チェルシーには
プレミア連覇はもちろん、FAカップも
ぜひとも獲ってもらいたいですね。
Posted by はだし狼 at 2006年03月09日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14414016

8強の3チーム決定。ユーベ当然・・・
Excerpt: 2006年03月07日 再開したCLの7日の試合結果は、こんな感じになりました。 バルセロナ3×2チェルシー 1st チ1×2バ 2nd バ1×1チ 予想どおり点を取り合っての引き分け..
Weblog: MY FAVOURITES CORINTHIAN
Tracked: 2006-03-08 11:07

チャンピオンズリーグ、試合結果(7日) チェルシーが1回戦敗退
Excerpt: Champions League Fixtures; Tuesday, 07 March 2006  現地時間7日、チャンピオンズリーグ1回戦のセカンドレグの3
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-03-08 11:37

CL2ndレグ結果!チェルシーは・・・
Excerpt: CL2ndレグが行われました。 結果です。 バルセロナ 1−1 チェルシー ユベントス 2−1 ブレーメン ビジャレアル 1−1 レンジャーズ チェルシーは完敗です・・・..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴィンセント)
Tracked: 2006-03-08 15:57

★CL2ndレグ バルセロナ×チェルシー(修正版)
Excerpt: 敵地に臨んだCL2ndレグ。・・・チェルシー、完敗でした。 何もさせてもらえなかった・・・という印象です。 パスは繋がらない、焦りが見える、ミスが出る・・・ ・・・なにかこうスパイラルにどんどん..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-03-08 16:29

ビバ・カタルーニャ(カタラン万歳) バルサvsチェルシー その他火曜結果
Excerpt: バルセロナ 1−1 チェルシー agg 3-2バルセロナ勝ち抜け 客席に伝統を感じるの得点<78分ロナウジーニョ・ガウショ> 異端児の問題作品の得点<92分フランク・ランパード(r)> 始..
Weblog: ATTACCANTE
Tracked: 2006-03-09 05:25

ベスト8、最初の3チーム決定
Excerpt: バルサ、ユーベ、ビジャレアルがベスト8進出決定となりました。 バルサ対チェルシーを見たのですがなかなか試合が動かなかったですね。 前半メッシが負傷交代してしまうがなかなか攻めきれず、チェルシーは2得..
Weblog: FOOTBALL語り場
Tracked: 2006-03-09 07:30

CL2ndレグ バルセロナvsチェルシー【結果】
Excerpt: チャンピオンズリーグ決勝トーナメント第2戦。 注目はなんと言って
Weblog: アンディの日記
Tracked: 2006-03-10 18:16

欧州CLは・・・
Excerpt: 友人のサッカー選手に欧州CLについて聞きました。サッカー選手はCLをどのように見ているのかを書いています。
Weblog: サッカー選手に憧れて
Tracked: 2006-03-11 11:48
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。