2006年03月11日

欧州チャンピオンズリーグ1回戦結果&ベスト8組み合わせ

○リヨン 4−0 PSV
  合計(5−0)
ティアゴが2得点の活躍。
優勝候補の声も高いリヨンが完全勝利で
昨季のリベンジを果たしました。

 
○リバプール 0−2 ベンフィカ
         (0−3)
チームの柱であるシモンやイタリアから渡ったストライカー
ミッコリのゴールでベンフィカがアンフィールドで勝利。
昨季の覇者リバプールはここで敗退となりました。
モウリーニョ監督も応援するベンフィカですが
今回奇跡を起こすのはこのチームなんでしょうか?


○アーセナル 0−0 レアル・マドリード
         (1−0)
最もゴールを奪い合いが期待されていた対決でしたが
最少ゴールで決着です。決めたのはアンリ。
チェルシー&リバプールのイングランドの2強が姿を消した中、
リーグでは彼らに遅れを獲るアーセナルが唯一残り
タイトル獲得に望みを託します。


○ビジャレアル 1−1 レンジャーズ
          (3−3)
アウェーで2得点を決めている
この大会初出場のビジャレアルが
ベスト8進出を決めています。
ベンフィカと共に不気味な存在です。


○ユベントス 2−1 ブレーメン
        (4−4)
信じられない相手GKのミスから
幸運を拾ったユベントスがアウェーゴールの差で勝利。
ユベントスは予想以上の苦戦でしたが
この大会を制するのに必要とされる
“運”も感じさせる結果となりました。


○ミラン 4−1 バイエルン
      (5−2)
好調インザーギの2得点もあり
ミランがドイツ王者を撃破。
優勝も狙えると言われていたバイエルンを下し
昨季の悪夢を打ち破るべくミランが突き進みます。


○インテル対アヤックスは来週の14日。
1ndレグは2−2で次はインテル・ホームです。


そんな中、準々決勝の組み合わせがすでに発表されました。

○アーセナル 対 ユベントス
○リヨン 対 ミラン
○インテル(or アヤックス)対 ビジャレアル
○ベンフィカ 対 バルセロナ

若手主体で調子を上げているアーセナルは
経験豊富な選手が多く元主将ビエラもいるユベントスとの対戦。
さらにアンリとトレセゲのフランス代表ストライカー対決も
見ものですが、ベンゲル監督対カペッロ監督というもの
また面白そうです。

やはり一番見応えありそうなのはリヨン対ミラン。
ジュニーニョとカカのブラジル代表対決です。
そしてミランもピルロというFKの名手がいますが
リヨンのジュニーニョは世界一の呼び声も高い神技の持ち主で
できるだけファールは少なくしたい所でしょう。
ティアゴはルイ・コスタに対面できるかも知れません。

インテルがアヤックスを無事下した時の相手は
ビジャレアルで南米色が濃い両チームの対戦となります。
そしてカンビアッソやサネッティ、サムエル
対 リケルメ、ソリンなどのアルゼンチン代表対決も
実現でぜひ見たい一戦です。

大物喰いのベンフィカとはいえ
チェルシー戦で堅実さも見せたバルセロナは
ちょっと厳しい相手。
ただ選手時代に共にオランダ代表で欧州を席巻した
クーマンとライカールトの両監督の対決は見ものです。

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


CLの結果&組み合わせ発表!!
Excerpt: UEFA CHAMPIONS LEAGUE <バルセロナ×チェルシー>  スターというものはここぞという場面で活躍する。ほしかった先制点をとるロナウジーニョはすごい。  1−1。トータルでバルサが..
Weblog: 10+14(twenty-four)
Tracked: 2006-03-11 22:59
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。