2006年03月12日

ギャラスのスーパーショットでチェルシーが土壇場の勝利。

プレミアリーグ第29週。
チェルシーはついに芝を張り替えた
新生スタンフォード・ブリッジに
リーグ現在4位のトッテナムを迎えての対戦でしたが
エシアンのチェルシー初ゴールと
ギャラスの強烈なロスタイム弾で見事2−1の勝利です。

チェルシーはクレスポの1トップに
ロッベンが出場停止のため、ジョー・コールと
ライト・フィリップスが両ウイングを勤めます。
そして中盤にはランパード、マケレレ、エシアン。
DF陣は左からギャラス、テリー、フート、フェレイラで
GKはツェフです。

前半10分。
トッテナムのコーナーキックをキャッチした
ツェフの超ロングキックからのカウンター。
これを左サイドのライト・フィリップスが
頭で前へと出し、そのスピードで追いすがるDFを引き離します。
そしてペナルティエリア内左から放った右足のシュートは
GKロビンソンに防がれますが、こぼれ球に再び
ライト・フィリップスが追いつき、クロスを入れます。
そしてペナルティエリア中央へと飛び出した
エシアンが右足アウトサイドで叩きますが、
しかしこれはゴール右へと外れ、チャンスを逃します。

前半14分。
ライト・フィリップスがその驚異のスピードを生かし
相手DFから見事なパスカット。
そしてペナルティエリア内右へと進入した
ライト・フィリップスが中央へと折り返しボールを
再び同じ位置のエシアンが今度は右足インサイドキックで
ゴール左隅へと決めてチェルシーが先制点。
そして去年には左右両方のポストを叩くなど
有り得ないシュートを見せたエシアンの
チェルシー初ゴールがついに生まれました。

前半25分。
センターライン付近から少しドリブルをした
フートの右足でのロングシュート。
軽く蹴った見た目とはアンバランスな凄い弾道に
目測を誤ったGKロビンソンは何とか体に当てて弾きます。
フートがそのポテンシャルの高さを披露し
モウリーニョ監督もドイツ代表のクリンスマン監督も
使いたがるのが改めてわかります。

前半26分。
ランパードのスルーパスに飛び出した
ライト・フィリップスがゴール左へと狙ったラストパス。
これに迫っていたクレスポは、目の前でダービッツに
クリアされるものの、チェルシーはライト・フィリップスの
存在が光ります。

前半42分。
中央へと持ち込んだクレスポからのスルーパス。
これを受けたジョー・コールはワンタッチで
ペナルティエリアへと入り、DFのスライディングを
かわしながら左足でシュート。
しかしこれはゴール右へと惜しくも外れました。

前半45分。
左サイドでトッテナムのFK。
キャリックからのボールをスタンテリが頭で落とし
ゴール前へと入り込んできたジーナス。
ギャラスが追いかけ、GKツェフも滑り込みましたが
一足早く触ったジーナスがゴール右へと押し込み
チェルシーが嫌な時間帯で同点に追いつかれてしまいます。

前半ロスタイム。
中盤ジョー・コールの正確なショートパスを
ライト・フィリップスが飛び出すふりで
DFを引きつけ、巧みなヒールパス。
そこからエシアンが放った右足ミドルシュートは
DFに当たってしまったものの、
同点ゴールのすぐ後のこの攻撃により
流れは失われてないのを感じて少し一安心です。

そしてこのまま1−1で前半終了。
ファールもスローインも少なく
両チームともよくボールを動かし
あっという間に時間は過ぎていきました。
それでも同点に追いつかれてしまったのが
意外だったほどにペースを握っていたのはチェルシー。
トッテナムも速いパスをよくつなぎ
攻撃の展開も面白そうなのは伺えますが
さらにチェルシーの組織的な守備はそれを上回り
エースのミドもテリーが見事に押さえています。

後半6分。
ランパードのFKが左サイドへと流れ、
そのボールをギャラスがペナルティエリア手前の
ジョー・コールへと戻します。
そしてコールはダービッツを目の前にしながらも
見事コースをつくって放った右足の鋭いシュートは
しかしGKロビンソンの正面でした。

後半12分。
左サイドをオーバーラップをしたギャラスは
そのまま中央へと切り込み、さらに巧みなフェイントで
切り返してDFをかわし、左足の強いミドルシュート。
ゴール左へのボールはGKロビンソンに止められますが
一人で何でもできてしまうギャラスのその能力の
高さには改めて感心です。

後半13分。
ランパードのFKに、難しい角度から走りこんできた
テリーですが見事なヘディングシュート。
ゴール上を強襲しますがこれは
GKロビンソンが良く弾き出しました。

後半16分。
エシアンが頭で落としたボールを
中盤のランパードが右足ダイレクトで叩きます。
しかしドライブのかかった強力なシュートは
ゴール左上へと外れていきます。

後半23分。
ここでモウリーニョ監督はジョー・コールと
ライト・フィリップスを下げて、ドログバとダフを投入。
ダフは左でドログバが中央へと入り、
クレスポが右へと回ります。

しかしダービッツが左サイドで粘り強さを見せ、
トッテナムのチェルシー陣営のプレーが一時続きますが
それでも堅い守備を見せるチェルシーがピンチをつくりません。

後半31分。
モウリーニョ監督が今度はエシアンを
下げてマニシェを投入です。

後半33分。
レドリー・キングのロングボールを右サイドのジーナスが
見事なワントラップでギャラスを置き去りにし
ペナルティエリア内でGKツェフとの1対1。
しかしゴール左を狙った低いシュートの威力は弱く、
これはツェフが見事にキャッチして防ぎました。
そして“ピンチの後にチャンス有り”とはサッカーの試合では
かなり確率で起きる事で、残り時間に希望が出てきます。

後半40分。
中盤の正確なショートパスの連続から
最後ランパードがループパス。
しかしペナルティエリア内ボールを受けた
クレスポは惜しくもオフサイドでした。

後半44分。
マケレレのロングボールは相手DFのヘディングも届かず
ペナルティエリア内左のドログバの元へ。
そして巧みな胸トラップから放った右足の絶好のシュートは
GKロビンソンもわずかにさわったためゴールポスト右を直撃。
この日が28歳の誕生日のドログバは、自ら祝砲とは
いきませんでしたが、コンディションは良さそうです。

後半ロスタイム。
奮戦するダフは中盤でダービッツへのファールをとられ
暴言を吐きイエローカード。
しかしそのダフが相手DFのクリアを予測しボールを確保、
左へのギャラスへと渡します。
そして切り替えしてDFをかわした
ギャラスはそのままドリブルで中央へと入り込み
この日2本目となる今度は右足の強烈なミドルシュート。
そしてもの凄い伸びを見せた弾道は飛んだ
GKロビンソンもさわれずゴール右へと突き刺さり、
チェルシーの劇的な決勝点が生まれました。

これに雄叫びを上げたギャラスはピッチサイドへと
躍り出たモウリーニョ監督の下へ駆け寄り、さらにダフやテリー、
そして他の選手たちやコーチ陣も一塊になっての大喜びで
とても素晴らしい場面でした。

そして試合はこのまま2−1で試合終了。
チェルシーの選手たちは再びギャラスの下へと集まり
その頭を叩いたりして、勝利を祝福。
ギャラス自身もスタジアムに吠えて喜びを表しました。
チェルシーが前の試合を引きづらない事は知っていますが
バルセロナ戦のあの敗戦の後だけに
この勝利にはやはりほっとしました。
そして前半は攻撃のバリエーションも豊富な洗練されたプレー、
後半にはその底力、とバルセロナ戦では見れなかったものを
チェルシーが今日は見せてくれました。
やっぱり強いし、それ以上にあの一体感にはいつも
素晴らしいチームだというのを教えられます。
チェルシーにはこのまま2年連続のリーグ優勝を果たし
再び今日の様に喜ぶ姿をぜひ見せて欲しいです。

チェルシー:
クレスポ
ジョー・コール(ダフ 68分)、ライト・フィリップス(ドログバ 68分)
ランパード、マケレレ、エシアン(マニシェ 76分)
ギャラス、テリー、フート、フェレイラ
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
いつも詳しい試合の解説を楽しんでいます!
私がスタジアムで見るよりもよほどしっかり見ていらして素晴らしいです。
逆にスタジアムの方が見えづらい部分も多いですしね・・・。
またトラバさせていただきました。よろしくお願いいたします!
Posted by Wonder at 2006年03月12日 09:35
こんにちは
モウリーニョもかなり喜んでいたのでこの試合は重要だったのでしょうね。
とりあえず勝ててよかったです。
Posted by ヴィンセント at 2006年03月12日 18:10
こんばんは。
前半のSWPとエッシェンのコンビは気持ちのよいものでした。エッシェンにも初ゴールが生まれましたし!!
そしてなんと言ってもギャラスのゴールは感動的でしたね!!もう騒いでしまいましたよ(笑)。
ミドをテリー君がしつこく抑えてましたね〜。
Posted by YOSHI-CO at 2006年03月12日 20:44
>Wonderさん、
コメントありがとうございます。
ズームアップやリプレイがあるTV観戦の方が
詳細を書くのに適してるのかも知れないです。
家の方がメモも取りやすいですしね(笑)
でも迫力はスタジアム観戦には遠く及びませんし
試合前後の雰囲気も味わえるWonderさんが羨ましいです。
トラバもいつでも歓迎してますので
こちらこそ宜しくお願いします!


>ヴィンセントさん、
コメントありがとうございます。
CL敗退後のこの劇的なゴールに
モウリーニョ監督も本当に大喜びでしたね!
今日の勝利はまた格別でした!


>YOSHI-COさん、
コメントありがとうございます。
前半は本当にSWPとエッシェンのコンビが目立ちましたね!
エッシェンもこの初ゴールには一安心でしょう(笑)
テリーもミドに仕事をさせずさすがでしたね。
ギャラスのゴールとその後のお祭り騒ぎは
ホントに最高でした!
Posted by はだし狼 at 2006年03月12日 22:15
こんにちは、

ギャラスがやってくれましたね!
思わずPUBで吠えました!!

いまやマルチDFと称されるギャラスですが、
FWでの起用も近いのでは・・・(笑)
Posted by Premier通信・編集長 at 2006年03月13日 00:06
Premier通信・編集長さん、
コメントありがとうございます。
ギャラスは本当に凄かったです!
「FW起用」も面白そうですね。
がに股ですがドリブルも巧いですし
ギャラスならどこでもこなせそうですね(笑)
Posted by はだし狼 at 2006年03月13日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


Chelsea vs Tottenhamを観戦!
Excerpt: 今日もチェルシーのホームスタジアム、スタンフォードブリッジでChelsea vs Tottenhamの試合を観戦してきました。フラストレーションの溜まる試合でしたが、最後ロスタイムに入ってから・・・!..
Weblog: Wonder's World-Wide (WWW)
Tracked: 2006-03-12 09:33

チェルシー劇的勝利!
Excerpt: プレミアリーグ第28週、チェルシーvsトッテナムの試合が行われました。 詳しくは続きに書きます。   ↑続きに..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴィンセント)
Tracked: 2006-03-12 16:57

★チェルシー×トッテナム
Excerpt: CL敗退後初めてのリーグ戦。メンタル面でちょっと心配もあり;;; そんな試合の解説陣はイングランドに優しい(笑)永井×八塚コンビで、 こっちも傷心のところ、ちょっと救われる・・・笑。 スタンフォ..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-03-12 20:37

プレミアリーグ、試合結果(11日)
Excerpt: Premiership Results; Saturday, 11 March 2006  現地時間11日、プレミアリーグの7試合が行われた。 ●バーミンガム
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-03-13 00:07

ギャラス、魂のゴール!
Excerpt: プレミアリーグ 第26週チェルシー 2??1 トッテナム チャンピオンズリーグで敗退してしまったチェルシーですが、プレミア制覇に向けて、また一歩前進しました。これがなかなか熱い試合でした。 前半に1点..
Weblog: orfeo.blog
Tracked: 2006-03-15 18:23
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。