2006年03月12日

アドリアーノ弾でインテルがサンプドリアに勝利。

セリエ第29節。
インテルはホームでサンプドリアと対戦し
アドリアーノの得点で1−0の勝利です。

インテルは主将サネッティが
セリエA11年目にして始めての出場停止でした。
これには驚きましたが素晴らしいこと。
現地ではニュースになったというのも納得です。
前半4分。
ブルディッソが滑ってボールを奪われてしまいます。
トネットのクロス。フラーキのボレー。ゴール右。

前半16分。
フィーゴの左足ミドルシュートはクロスバーの上。

前半22分。
左サイドをドリブルでオーバーラップしたウォメは
そのまま右足の低いシュート。
しかしこれはゴール左へと外れます。

前半26分。
フィーゴの右CKからアドリアーノのヘディングシュート。
これは惜しくもゴールポスト左を直撃。

前半27分。
ボルピの強力な右足のミドルシュートが
ゴール左へ向かいますがGKトルドが見事に防ぎます。

前半40分。
ベロンが起点となりパスをつなぎ攻撃を仕掛けるインテル。
そのベロンが右サイドのフィーゴへとロングボールを渡し
見事なサイドチェンジ。
そしてそのフィーゴの正確な右足クロスからアドリアーノが
再びヘディングシュート。
これをGKアントリオーニが右手で弾き
さらにクロスバーに当たって防がれますが
このこぼれ球をアドリアーノが三度目の正直となる
ヘッドでついに押し込みインテルが先制。

このままインテルの1点リードで前半終了。
サンプドリアはイタリア代表MFディアナが不在ですが
左右両サイドを効果的に使った健在で序盤は
インテルが押し込まれます。
さらにインテルは個々では軽やかなプレーを見せていたものの
信じられない様なミスも多く、自ら危ない場面をつくり
やっぱりアヤックス戦に気が向いていたのかも知れません。
ただそれでもゴールを決めてしまう辺りがインテルらしいとこ。
それに復帰したてのベロンが巧く攻撃を組み立てたし
アドリアーノも久しぶりのゴールで元気が出て来たのは嬉しいです。

後半6分。
ドリブルからアドリアーノが珍しく右足でミドルシュート。
しかし強烈なこのシュートをGKが正面で弾き、
鋭く飛び出したレコバの左足のシュートは
今度はゴールポスト右に当たり
ゴールラインを割ってしまいました。

後半8分。
レコバの左足のミドルシュート。
低く速いボールはGKがなんとか弾き防ぎます。

後半9分。
右サイドで巧みなボールタッチから
ペナルティエリアに進入したフィーゴが
そのまま左足のシュート。
しかしこれはゴール左へと外れました。

後半15分。
ペナルティエリアギリギリでサンプドリアのFK。
しかしボルピの鋭い右足のシュートはGKトルドが
素晴らしい反応を見せ防ぎます。

後半19分。
インテルはここでレコバが下げ、マルティンスを投入。
積極的にゴールを狙っていったレコバは悔しそうで、
もう少しプレーして欲しかったんですが
今日の分も次に頑張って欲しいとこです。

後半37分。
アドリアーノの右足のシュートはクロスバーの上。
そしてここでマンチーニ監督は
ベロンを下げてザネッティを投入。
ベロンは復帰したてという事もあり、
アヤックス戦を考えての温存ですが
ザネッティの投入は追加点をなかなか
奪えないための守備固めです。

後半45分。
フィーゴのパスはマルティンスが巧みなスルーを見せ
ペナルティエリア内中央のアドリアーノの下へ。
そして即座に一回転しながら左足で放った低いシュートは
ゴール右へと狙ったもののGKアントリオーニに防がれます。

ロスタイム。
右サイドで強さを見せるアドリアーノ。
ラストパスにゴール前のマルティンス。
しかしワンタッチで前へと出したものの
DFと飛び出したGKに挟まれボールを追えず
そのままゴール右外へとラインを割りました。

そしてこのまま1−0でインテルが勝利。
後半はサンプドリアも疲れで動きが少し落ち、
得点を決め活き活きとし出したアドリアーノが
存在感を示し、試合のペースを握るインテル。
そしてGKトルドのファインプレーもあり
1点差ながら見事に勝利をものにしました。
そして気の荒さは相変わらず心配な点ですが
ベロンのあの戦術眼はやっぱり頼もしい。
次はいよいよアヤックス戦のインテルは
油断せずにぜひ勝利してくれる事を期待です。

インテル:
レコバ(マルティンス 64分)、アドリアーノ
スタンコビッチ、カンビアッソ、ベロン(ザネッティ 82分)、フィーゴ
ウォメ、サムエル、コルドバ、ブルディッソ
トルド

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


明朝インテル対アヤックス!最後のベスト8はどっちだ?!WBC判定...
Excerpt: 明朝インテル対アヤックスです。ヨーロッパチャンピオンズリーグ、ベスト8の最後の椅子をかけて、イタリア・セリエAとオランダリーグの雄が激突します。注目はインテルのストライカー、ブラジル代表アドリアーノ。..
Weblog: オーダースーツの佐田
Tracked: 2006-03-13 23:38
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。