2006年03月24日

主将テリーの得点でチェルシーがベスト4進出(FAカップ)

FAカップ準々決勝のチェルシーは
ホームでニューカッスルと対戦。
昨年に敗退させられた相手ですが
テリーのゴールにより1−0と勝利。
見事ベスト4へと駒を進めました。

チェルシーの今日のFWはドログバ。
ウインガーはダフとジョー・コールで
中盤がランパード、マケレレ、グジョンセン。
DF陣は中央がテリーとカルバーリョで
サイドバックは左にデル・オルノ、
右にジェレミと久しぶりの登場です。
そしてGKは昨年のこの対戦では退場となった
クディチーニが再びスタメン出場。
ちなみにギャラスとロッベンが出場停止中です。

試合は前半4分。
この試合最初のセットプレーを獲得したチェルシーは
ダフの左CKからの低いクロスを
テリーが左足インサイドでダイレクトシュート。
ゴール下左にいた相手DFが咄嗟に出した左足に
当たったボールはGKシェイ・ギヴンの股の下を抜け、
ゴール右のサイドネットへと突き刺さりました。
フルハム戦での教訓を活かし
立ち上がりを大事にしたチェルシーが
いきなりのゴールを奪います。

前半17分。
ニューカッスルはボウヤーが左足ミドルシュート。
ゴール右へと向かったボールは
GKクディチーニが見事に反応して防ぎます。
そしてこぼれ球をさらにシアラーが狙っていましたが
これは一瞬早く飛び出したテリーがクリア。
主将テリーが攻守に渡り、活躍を魅せます。

前半22分。
ニューカッスルのソラーノのFKは
ゴール右ギリギリに外れる惜しいものでしたが
これにもGKクディチーニはしっかり反応していて、
もし枠内でも止められたでしょう。

前半23分。
チェルシーがカウンター。
ハイボールをドログバが頭で落とし、
これをダフが後ろ向きのまま
ペナルティエリアへとボールを入れます。
そして入り込んだグジョンセンが
そのまま左足でシュートを放ちますが
これはゴールを大きく外してしまいました。

さらにランパードの強烈なミドルシュートが
外のサイドネットを揺らしたりもあったチェルシーは
右サイドのジェレミが何度もクロスを入れたりしますが
ゴール前で阻まれ、なかなか最後のシュートにはつながりません。
一方のニューカッスルもチェルシーの好守備の前に
ペナルティエリアへと入れず、スティーブン・カーや
アメオビがミドルシュートで狙いますが、枠は捉えられませんでした。
ただ試合は速い展開で見応えがあり、時間はあっという間に過ぎていきます。

前半43分。
パーカーのプレスをかわしたデル・オルノが滑って転倒。
触れていないのにファールを取られた
パーカーはものすごく怒っていましたが
チェルシーが左サイドでFKを獲得します。
そしてランパードの右足のキックはもの凄い弧を描いて
ゴール前へと向かっていき、これをGKの直前で
カルバーリョが右足ボレーで合わせますが
これはゴール左へと外れていきました。

このままチェルシーが1点リードで前半終了。
そして後半に入ったチェルシーは再び良い
立ち上がりで猛攻を開始します。

後半2分。
ドログバのサイドチェンジのパスから
ペナルティエリア内右でジョー・コールが右足のシュート。
しかしこれはゴール右でGKに弾かれチェルシーのCK。
そしてランパードの右足のクロスから、
最後ペナルティエリア内のデル・オルノが
左足を大きく振りかざしてシュートを放ちますが
ゴール左へと大きく外してしまい、
これはデル・オルノもとても悔しそうでした。

後半3分。
ペナルティエリアの右角でドログバは
後ろからのロングボールを自身の前へと
そのまま流し、右足ダイレクトシュート。
強烈なボールはGKが一度弾いた後
なんとか抑えましたが、こういうプレーは
ドログバもやっぱり巧いです。

後半4分。
中盤をドリブルで駆け上がったグジョンセンは
相手守備陣を見事にかわしながら、
そのまま右足のミドルシュート。
しかしDFのスライディング直前に
放ったキックはクロスバーの上へと越えていきました。
決まっていたらとてもカッコ良かっただけに
これは残念です。

後半5分。
チェルシーがカウンター。
前線でボールをもらったジョー・コールはDFを
巧くかわし、ペナルティエリアへ進入。
そしてゴール前へとラストパスを放ちますが
入ってきたランパードはしかし届きませんでした。

後半10分。
ニューカッスルが右サイドから絶好のクロスを入れますが
これは戻りながらのダイビングヘッドでテリーが阻みます。
しかも難しい体勢ながら、ちゃんとサイドへクリアし
コーナーは与えない徹底ぶりはさすがです。

後半13分。
右サイドで激しいプレスを受けた
ジョー・コールが仰向けに倒れますが
背中と地面の間に挟まったボールを
ニューカッスルは2人がかりで
そのまま体ごと蹴る暴挙。
このあからさまな行為にドログバらが
すぐに駆け寄ってきてピッチ上は少し騒然になります。
もちろん相手にはイエローが出たものの
これでも満足できずに主審へクレームをつけた
ドログバまでイエローをもらってしまいました。

そして試合は再開しこのFKを蹴るのはランパード。
その意表をついたグラウンダーのボールに
唯一合わせて動いたドログバが右足のシュート。
そしてDFに跳ね返ったボールから
さらにドログバが左足で強烈なシュートを放ちますが
これはGKが体で弾き、このこぼれ球もドログバが
右足で蹴り出す三度目の正直も、GKシェイ・ギヴンに
今度は右手で防がれ追加点とはなりませんでした。

後半18分。
カウンターからチェルシーはダフがスルーパスし
ペナルティエリア内左のグジョンセンが左足で叩きます。
そしてGKの手も届かなかったボールは、
しかしゴール前を通過し、傍まで来ていた
ジョー・コールも届きません。

後半23分。
モウリーニョ監督はダフを下げて
ショーン・ライト・フィリップスを投入します。

しかしダイアーをすでに入れて、25分にはエムレも投入した
ニューカッスルはここに来てようやく少し盛り返します。
ですがチェルシー守備陣もチャンスを与えず
さらに相手が前のめりになっている所を狙い
引き続き多くのカウンター攻撃を仕掛けていて、
両チームの陣内でボールは行ったり来たりを繰り返します。
この時間帯でも両者ともにその集中力と運動量が
落ちずボールを奪い合い、シュートシーンは減るものの
白熱した試合が続きます。

後半33分。
モウリーニョ監督はグジョンセンとジョー・コールに代えて
クレスポとエシアンを同時に入れて来ます。
エシアンの強靭さはこの時間帯にとても効くだろうし
クレスポ投入は味方にはもちろん相手にも
さらなる攻撃の意思が伝わるでしょう。

後半40分。
チェルシーがまたまたカウンター。
左サイドのクレスポから
先頭を走っていたカルバーリョへパス。
そして相手DFに阻まれ、その流れたこぼれ球から
右のライト・フィリップスが右足ミドルシュート。
しかしこれはゴール右へと大きく外れてしまいました。

そして後半44分にはライト・フィリップスが倒され
エリオットが2枚目のイエローカードで退場。
これに意を唱えたシアラーもイエローをもらってしまい
そしてこのまま1−0で試合終了です。
GKクディチーニが今年は退場にならずに無失点。
チェルシーがベスト4進出をものにしました。

ここで敗退となったニューカッスルですが
最後まで動きが落ちずとても良く戦っていました。
しかしチェルシーも立ち上がりから集中し
前線のドログバを含め全員がよく守備をし、
攻撃でも数々のカウンターで
最後までプレッシャーをかけ続けました。
そして先日の敗戦を払拭するゴールを決めた
主将ジョン・テリーは今季で引退する
元イングランド代表ストライカーアラン・シアラーも
見事に抑えきった姿にはなんだか貫禄まで感じました。

そしてFAカップもいよいよベスト4で
優勝もより現実味を帯びてきました。
対戦相手がどこになるかはまだわかりませんが
チェルシーにはリーグ制覇ともども逃さず
ぜひ2冠を手にして欲しいです。

チェルシー:
ドログバ
ダフ(ライト・フィリップス 68分)、ジョー・コール(クレスポ 78分)
ランパード、マケレレ、グジョンセン(エシアン 78分)
デル・オルノ、テリー、カルバーリョ、ジェレミ
クディチーニ

blogランキング。
この記事へのコメント
こんにちは。
準決勝に進出・・・!!よかったです。
この試合のテリー君の活躍ぶりは、本当に貫禄すら感じましたね(^_^)v。
終始ドキドキの展開でした。願わくば次でリバプールと当たりませんように・・・苦笑。
Posted by YOSHI-CO at 2006年03月24日 16:28
YOSHI-COさん
いつもありがとうございます。
テリーの活躍凄かったですね!
準決勝進出は本当に嬉しいです。
次はリバプールになってしまいましたが(笑)
2冠のためにも、ここもぜひ突破して欲しいです!
Posted by はだし狼 at 2006年03月25日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


チャンピオンズリーグの行方 ブラジル人の活躍次第?
Excerpt: さぁ、いよいよ準々決勝。   2006年3月28日(火)の試合   ホーム    アウエー 試合状況   アーセナル - ユベントス 19:45   ベンフィカ - ..
Weblog: 幸一の戯言
Tracked: 2006-03-24 11:19

FAカップ6回戦、テリーのゴールでニューカッスルに勝利!!
Excerpt: FAカップ6回戦チェルシーvsニューカッスルの試合を見ました。 結果は前半4分にテリーのゴールを守りきり、準決勝に進みました。 なんか勝ちましたけど、攻撃がいまいちだったような・・・ ..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-03-24 14:51

★FA杯Best8 チェルシー×ニューカッスル
Excerpt: 昨日に引き続きFA杯。 0-7に終わったバーミンガム×リバプールはあまりにも差がつきすぎたゲームで、緊張感はあまりなかったですが、これはかなりテンション高いゲームでした。 序盤から早くもゲーム..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-03-24 16:23
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。