2006年03月27日

カンビアッソのシュートも阻まれインテルはパルマに敗戦。

セリエ第31節。
インテルはパルマとのアウェー戦でしたが
1−0で敗れてしまいました。

前半4分。
レコバの左CKからの
スタンコビッチの強烈なヘディングシュートは
惜しくもゴール右へと外れます。
これに反応していたカンビアッソも
足を伸ばしますがわずかに届かず
押し込めませんでした。

さらに前半10分。
スタンコビッチの右足ミドルシュート。
これもワンバウンドしてゴール左へとはずれましたが
相変わらず思い切りの良いプレーです。

前半20分。
スタンコビッチの縦パスからペナルティエリア内右で
レコバが振り向きざまその左足の一閃。
ゴール左隅へと低い弧を描くシュートは
GKブッチが見事に反応し弾かれてしまいました。

前半23分。
左サイドのセーザルからの左足のクロスボールに
サムエルがヘディングシュートを
打ちますがこれはGKの正面。

前半34分。
レコバの右CKのクロスをペナルティエリア内左角で
受け取ったセーザルがそこから左足の強烈なミドルシュート。
これもゴール右でGKブッチがブロックしきります。

前半39分。
ラツィオがカウンター。
ペナルティエリア内左に進入した
コッラーディからのクロスを
ゴール前のウォメがトラップしますが
後ろからもの凄い勢いで来た
シンプリシオに即座に奪われ
そのまま右足でゴール左へと決められました。
目の前のブレシアーノに気を取られていた
ウォメはシンプリシオには全く気付きませんでした。

後半4分。
中盤をドリブルで進んだアドリアーノの
左足の強烈なミドルシュート。
しあkしゴール右へと突進したこのボールも
GKブッチのファインセーブに阻まれてしまいました。
本調子といえないアドリアーノですが
このプレーはとても力強くで良かったです。
こういうのをもっと見せて欲しいです。

後半6分。
パルマは左サイドのスローインをゴール前左で
受け取ったコッラーディが絶好の右足のシュートを放ちますが
この近距離のショットをGKトルドが
見事に防ぎ、決定的なピンチを切り抜けます。

後半7分。
さらにパルマのFK。
ブレシアーノのゴール左へと向かったシュートは
しかしこれもGKトルドが反応して
自身はサイドネットへと突き刺さったものの
よく防ぎました。

そしてさらにパルマの攻撃は続き
ブレシアーノが鋭いミドルシュートを立て続けに飛ばしますが
しかしその度にGKトルドが素晴らしいセービングを魅せ
ことごとく防ぎ、追加点を与えません

後半27分。
右サイドのスタンコビッチから狙い澄ましたクロス。
これにゴール前のアドリアーノが競り合いながら
ヘディングシュートを放ちますが、これはゴール左へと外れます。

ここでマンチーニ監督は
そのアドリアーノを下げてクルスを投入。
そして後半32分にはDFウォメを下げ
さらなるFWマルティンスまでも入れ
インテルがゴールを狙いに行きます。

後半41分。
右サイドでインテルのFK。
レコバの左足から放たれたボールを
ペナルティエリア中央で跳んだ
そのクルスがヘッドでわずかに方向を変えます。
これにGKブッチもキャッチし損ないますが
弾かれたボールはタッチラインを越え
さらなるチャンスにはなりませんでした。

後半45分。
左サイドのスタンコビッチの見事な弾道のクロスから
カンビアッソがヘディングシュート。
ゴール右隅へとワンバウンドして向かった難しいボールですが
これさえもGKブッチが素晴らしい反応で弾き
同点ゴールは阻まれました。

そして終盤のインテルの猛攻にパルマ・ゴール前が
選手たちで溢れかえる中試合は1−0で終了。
インテルが今季セリエAでの6敗目を喫しました。
先日のウディネーゼ戦(コッパ・イタリア準決勝)では
ソラーリがヒールキックでインテル初ゴール上げ
1−0のリードで第2戦に持ち込んだばかりのインテルですが
このパルマ戦にまさか負けるとは思ってませんでした。

しかしダイレクトプレーから数々のシュートまで
持って行ったパルマの攻撃に対し
それでも1失点で抑えたのは
GKトルドのファインプレーの賜物です。
ただインテルも相手GKブッチには数々のシュートを阻まれ、
最後のカンビアッソのヘッドまで止められたら
やはり仕方ありません。
水曜のビジャレアル戦に気を取られていたのか
ベロンの凡ミスが目立ちましたが
スタンコビッチは1つ1つのプレーの
質が高く好調そうでした。
主将サネッティはフィーゴがいない中でも
右サイドを最後まで駆け上がり奮戦しています。
次はいよいよCLでビジャレアルと対戦です。
一筋縄ではいかない相手ですがこのホーム戦を
確実に勝利で終えてくれる事を期待したいです。

インテル:
アドリアーノ(クルス 72分)、レコバ
セーザル、カンビアッソ、ベロン、スタンコビッチ
ウォメ(マルティンス 77分)、マテラッツィ、サムエル、サネッティ
トルド

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。