2006年04月02日

ロッベン復帰のチェルシーはバーミンガムと引き分け。

プレミアリーグ第32週。
チェルシーはアウェーでバーミンガム・シティと対戦し
今季プレミアシップで初のスコアレスドローでした。

チェルシーは先週2得点を上げた
ドログバが今日もスタメンで出場し
ウィングにはダフ、そして4試合出場停止が
明けてロッベンがついに復帰。
中盤にランパード、マケレレ、グジョンセンで
DFは中央がテリー、カルバーリョ、
右がフェレイラで左にデル・オルノでGKはツェフです。
ちなみにバーミンガムにレンタル中のヤロシクは
契約内容に基づき今日は出場できません。

前半7分。
バーミンガムがペナルティエリアの左脇でFKを獲得。
そしてペナントが入れたクロスからヘスキーが放った
ヘディングシュートはクロスバーの右上へと外れます。

前半12分。
再びバーミンガム。
右サイドから中央へドリブルで持ち込んだ
テベリがそのまま左足の素晴らしいミドルシュート。
一瞬でゴール上へと向かったものの
これは集中していたGKツェフが
左手で見事にはたいて、CKへと逃れました。

そしてその直後のチェルシーのカウンター。
中盤からドリブルで駆け上がるロッベンの右斜め前には
全力疾走のマケレレの姿があり、そして左サイドにはダフ。
しかし1人鮮やかにかわしたロッベンはさらに自分で行こうとして
ペナルティエリア直前で奪われてしまいました。
決定力の問題からマケレレに出さなかったのはわかりますが
ダフには出しても良かった気がします。

前半15分。
ペナルティエリア右手前でロッベンが
ペナントからファールを受けFKを獲得。
そして抜け目無いドログバが素早くリスタートし
ペナルティエリア内右に走りこんでいたロッベンが
左足のつま先でシュートを放ちますが、
これはGKがよく反応し弾かれてしまいます。

前半21分。
バーミンガムの左サイドのクロスは
ペナルティエリア内のヘスキーに渡りますが
テリーがブラインドとなりトラップが大きくなって
そのまま放った左足のシュートは
大きくクロスバーの上へと外れました。

前半43分。
中盤のランパードからボールをもらったロッベンは
右から中央へと入り込み、そのまま左足のミドルシュート。
しかしこれもゴールの上へと越えてしまいます。

そしてこのまま0−0で前半終了。
連敗続きで是が非でも勝点が欲しいバーミンガムは
やはり積極的なプレスを仕掛けてます。
それに対しチェルシーも押されてはいないものの
良くも悪くも落ち着いた感じのプレーです。
そんな中で一番頑張っていたのはマケレレで
相変わらずその守備は完璧です。
ロッベンは4試合ぶりの出場とはいえ
動きのキレはもちろん悪くなく、より中央でプレーをし
その存在感を示していました。
ただボールはまだ完全には足につかず、トラップは大きくなり
また持ち過ぎの悪い癖がちょっと目立ってしまってます。

後半1分。
デル・オルノの左後方からのクロスボールを
ペナルティエリア内のドログバが
左足ダイレクトボレーで叩きます。
意表を衝くプレーでそれを為せる巧さはさすがですが
向かった先は惜しくもGKの正面でした。

後半6分。
チェルシーは相手陣内の右サイドでFKを獲得。
そしてロッベンのクロスボールからゴール前の
デル・オルノが見事にヘディングシュートを決めて
一旦は喜びますが、しかしこれはカルバーリョが
オフサイドを取られノーゴールとなります。

後半7分。
右サイドでDFを翻弄したロッベンから右足の見事なクロス。
これをペナルティエリア中央のドログバは今度は
右足ボレーで叩きますが、これは打ちそこないボールは上空へ。
後ろにはより良い体勢でシュートを打てそうだったダフがいて
ドログバも何やら弁明していましたが
今回もチャンスをもらえずダフは不機嫌そうです。

後半8分。
デル・オルノからのロングボールを受け取った
グジョンセンがペナルティエリアへと進入し
そのままDFのスライディングもかわしますが、
ボールはわずかに流れ、飛び出して来たGKに抑えられ
シュートは打てませんでした。

後半10分。
ダフが左CKから入れたクロスは
相手DFがヘッドでクリアしますが
ボールはペナルティエリア手前のランパードの下へ。
しかしそのまま放った右足のミドルシュートは
クロスバーの上でした。

後半12分。
中盤のグジョンセンが縦への絶好のスルーパス。
そして左からDF陣の裏を回り込んだダフがGKの目前、
その右足でゴール右へと決めますが、これもまたオフサイド。
ただ幻のゴールとなったものの素晴らしいシーンで
ダフとグジョンセンの金髪コンビは
やっぱりなんか相性が合うみたいです。

後半17分。
相手DFのパスをカットしたダフは
ドリブルからそのまま左足のミドルシュートを
放ちますが、これはゴール右へと外れます。
ここも右にはフリーのドログバがいて
ボールが渡れば絶好のチャンスだった様に思えます。

そして後半に入ってから圧倒的に試合を
支配していたチェルシーは後半19分。
モウリーニョ監督はこの試合奮戦していたダフ、
そして幻のゴールを見せたデル・オルノを下げて
ジョー・コールとクレスポを同時投入。
3バックシステムで勝点3を狙いに行きます。

後半24分。
モウリーニョ監督はさらにグジョンセンを下げて
エシアンを投入し、交代枠3枚を
立て続けに使ってきました。

しかし後半からは疲れが見えていたバーミンガムも
この頃にはサポーターの大合唱を後押しに持ち直して来ます。
そして再び激しいプレスでチェルシーの攻撃を
ペナルティエリア手前で防ぎ出します。
ちなみに元チェルシーのフィンランド代表FWフォッセルも
途中交代で出場し奮戦しています。
しかし一方のチェルシーも守備に関しては全く隙を見せません。

後半29分。
今日も逞しいジョー・コールが右サイドからクロスを入れ
ドログバがまたも右足ダイレクトで見事に叩きますが
これは勢いよくゴール右外へと消えていきました。

そしてジョー・コールはその1分後にも
ドリブルでペナルティエリア内へと突進。
これはDFに阻まれまるんですが
あまりの勢いにコールはちょっと宙に浮いていました。

後半38分。
中盤で細かいパスをつないだチェルシーは
最後エシアンのパスからゴール前のドログバが
左足のシュートを放ちますが
相手DFが出した足によりミートするタイミングがずれ
これはゴール左へと外れました。

後半45分。
ペナルティエリア手前のドログバが胸トラップで落としたボールを
左のジョー・コールがゴール前へと放り込みます。
そしてここへ右足を伸ばして飛び込んだクレスポは
そのボールを見事に自分のものとし、
さらに左足のシュートまで即座に持っていく
素晴らしいプレーを見せますが、コースまで衝ける余裕は無く
これはGKの正面に飛んでいきました。
ここまでほとんど目立たなかったクレスポですが
たったワンプレーで一気に存在感を示しました。

後半ロスタイム。
相手DFのクリアボールをランパードがヘディングで
再びペナルティエリア内へと押し込込み
そのクレスポが今度は左足のボレーシュートを放ちますが
DFに当たったボールはゴールの上へと外れていきました。

そしてランパードのCKからカルバーリョの
ヘディングシュートはゴール左へと外れ
さらにランパードの右足ミドルシュートが
ゴール左でGKに弾かれたりもありましたが
このまま試合は0−0で終了。
アウェーで勝点1は本来まずまずの結果ですが
後半の開始と終盤に怒涛の攻撃を見せ
オフサイドとはいえ2回もネットを揺らす程に
迫っていただけに、この結果はやはり悔しいです。
しかも後半はGKツェフはその手を使っていないはず。
ただバーミンガムが最初から最後まで頑張ったの対し
チェルシーはエンジンがかかるのはやはり遅かった気がします。
次はウェストハムとのホーム戦ですが
先日のマンC戦のように早い時間でのゴールを期待したいです。

チェルシー:
ドログバ
ダフ(ジョー・コール 64分)、ロッベン
ランパード、マケレレ、グジョンセン(エシアン 69分)
デル・オルノ(クレスポ 64分)、テリー、カルバーリョ、フェレイラ
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
こんにちは
ショックです・・・
なんかユナイテッドが何気に近づいてきたし・・・
なんか追いつかれそうで怖いです。
Posted by ヴィンセント at 2006年04月02日 17:23
ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当に残念でした・・・。
アウェー戦とはいえぜひ勝って欲しかったですね。
ユナイテッドの快進撃もホントに怖いですが
ここはチェルシーとモウリーニョ監督の力を信じたいですね。
Posted by はだし狼 at 2006年04月02日 18:35
こんにちは、

チェルシーは痛い痛い引き分けとなりましたねぇ・・。

気づくと7ポイント後ろに8連勝ユナイテッドが・・・。

直接対決もありますし、今後は目が離せませんね!
Posted by Premier編集長 at 2006年04月02日 23:33
Premier編集長さん、
いつもありがとうございます。
ユナイテッドに勢いがあるだけに
この引き分けは結構痛いですよね・・・。
優勝はもちろんですが、今季アウェーでは敗れてるだけに
直接対決は楽しみにしています!
Posted by はだし狼 at 2006年04月03日 02:20
こんばんは。
終盤には怒濤の攻撃のシーンがあったのに、残念でした(T_T)。勝ちたかったですね。後ろにひたひたとユナイテッドの気配もしてきましたから、早いところ決めちゃいたいですよね・・・笑。

スミマセン、ずっと言おう言おうと思ってたんですが(^_^;)、こちらのブログをうちのリンクに入れさせていただいてもいいでしょうか?
Posted by YOSHI-CO at 2006年04月03日 22:02
YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
ここはぜひ勝っておきたかったですよね。
あの怒涛の攻撃は本当に凄かったんですが・・・。
できればユナイテッドとの対戦前に決めて欲しいですね。

リンクの件ありがとうございます。
もちろんOKですし、僕の方もリンクさせてもらいますね。
これからも宜しくお願いします!

Posted by はだし狼 at 2006年04月04日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15980056

チェルシーはドロー、ミランは敗北・・・
Excerpt: チェルシーはアウェーでバーミンガムと対決しました。 結果はスコアレスドロー・・・ ロッベンが4試合ぶりに出たので活躍してくれると思っていましたが、ボール持ちすぎ症候群ですね。 そこは..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-04-02 17:18

プレミアリーグも佳境に入って・・・
Excerpt: そう言えば5週間くらい前にモウリーニョが4月7日までには優勝できるとコメントしていたっけ(笑)。もう、その4月になったんだね。福岡は夜から大雨が降り始めてせっかく間もなく満開だった桜も相当散ってしまう..
Weblog: のぶたと南の島生活in福岡
Tracked: 2006-04-02 22:28

プレミアリーグ、試合結果(1日) チェルシー痛恨のドロー
Excerpt: Barclays Premiership; Saturday; 01 April 2006  現地時間1日、プレミアリーグの7試合が行われた。 ●アーセナル 5
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-04-02 23:17

★週末に見たゲーム
Excerpt: レッチェ×ミランは別枠で書いたとおり。めっちゃ気落ちしましたが、もう一つ気落ちしたゲームが、バーミンガム×チェルシー。このところのチェルシー、あんまり調子がよくなさそうです。ランパードが疲れているのか..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-04-03 21:55
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。