2006年04月10日

ドログバの大活躍でチェルシーが快勝。

プレミアリーグ第33週。
チェルシーはホームでウェストハムと対戦。
マニシェの退場で前半に10人となったチェルシーですが
ドログバらの活躍により見事4−1の快勝です。

チェルシーはこの試合ドログバとクレスポを
2トップに据えた新布陣をついに披露。
中盤にランパード、マニシェ、エシアンを並べ
その下にマケレレを置きました。
DFは左にデル・オルノで中央はテリー、
そして復帰したギャラス。
右にはジェレミが入りGKはツェフです。

このシステムにより中盤で前後左右に
ダイレクトでパスがつながる様になったチェルシーは
ウイングがいない為に空いた両サイドのスペースにも
前線のドログバとクレスポがそれぞれ開いて対応。
実戦では初の試みとはいえなかなか巧く機能しています。

前半10分。
ウェストハムが右CKからのクロスをニアサイドへ
走りこんだCBコリンズが強力なヘディングシュート。
これがゴール右上へと飛び、さすがのGKツェフも
触わったものの、そのままサイドネットを揺らしました。
それまで試合を支配していたのはチェルシーで
ウェストハムは初めてのシュートでしたが
それが見事に先制弾となりました。

前半12分。
ダイレクトでパスをつないだチェルシーは
ランパードの左足のクロスから
エシアンがヘディングシュートを放ちますが
これはクロスバーの上へと越えて行きました。

前半14分。
エシアンのスルーパスから左へと流れたドログバが
そのままゴール前へと折り返しますが
マニシェの右足のシュートはクロスバーの内側を叩き
この絶好のチャンスを逃したマニシェは頭を抱えます。

前半16分。
そのマニシェは左サイドでボールを追いかけますが
スライディングに来た相手DFの足を踏みつけてしまい
これがまさかのレッドカードの判定。
チェルシーの選手たちも抗議に集まりますが
判定はやはり覆らず、マニシェもショックを隠し切れないまま
ドレッシングルームへと消えていきました。
イエローカードならわかりますが
今回もやはり厳しすぎる判定に思えます。

前半29分。
しかしチェルシーはランパードがダイレクトで
繰り出したボールは大きく弧を描き前線へ。
そして飛び出したドログバがこれを受け取り
ペナルティエリア内右に進入しての右足のシュート。
これは飛び出したGKと滑り込んだコリンズが
2人がかりで防ぎますが、この右に流れたこぼれ球から
再びドログバが右足でシュートを放ちます。
そしてゴール前に戻ったスカローニが左足を出しなんとか
当てたものの、ボールはゴールネットへと突き刺さりました。
アブラモビッチ・オーナーも珍しくガッツポーズで喜んでいますが
ドログバはこの時間帯でも急いでボールを拾い
センターラインへと駆け足で戻って行きます。

前半31分。
マケレレのパスを受け取った
ドログバは巧みなターンから、迷わず右足の低いシュート。
そしてこれがコリンズの足へと当たり
ゴール左前へと流れたボールをクレスポが
右足で押し込んでチェルシーが早くも逆転。
同点弾からわずか2分後の出来事でした。
クレスポの嗅覚も見事でしたが、ドログバの強気なプレーは
まさにストライカーといった感じです。
そして今度はクレスポ、ドログバ、ランパード、エシアン
マケレレが肩を組み合って喜びました。

前半37分。
ドリブルで突き進んできたエシアンと
ペナルティエリア手前で交差したドログバは
そのままボールをもらい右足のミドルシュート。
しかし強力なシュートはゴール右へと外れました。

このまま2−1で凄まじい前半が終了。
いきなりの失点に加え、マニシェの退場と続き
一時はどうなることかと思いましたが
ドログバの戦う姿勢がクレスポをはじめ
他の選手にも飛び火し、久しぶりにチェルシーが
その怖いほどの強さを見せつつあります。

後半7分。
DF2人をかわしたエシアンが右足の低いミドルシュート。
これをペナルティエリア内左で止めたギャラスが
今度は自分が右足のシュートを狙いますがこれがクロスバーを叩きます。
しかし跳ね返ったこのボールをテリーが右足ボレーで叩きつけ
ワンバウンドしたボールは見事にゴール左へ決まりました。
主将のこの大きな追加点にランパード、ギャラスに加え、
ベンチからはロッベンも飛び出して大喜びです。
ヘッドが武器のテリーですが今季は足でのゴールの方が
多いかも知れず、このボレーもまたお手本の様で
本当にFWとしても通用しそうです。

後半16分。
ウェストハムが左サイドでFKを獲得。
そしてコンチェスキーの左足のクロスに
ヘアウッドが飛び出しヘディングシュート。
ウェストハムの先制ゴール以来のチャンスでしたが
これはゴール右へと外れました。

後半21分。
モウリーニョ監督はここでクレスポを下げてロッベンを投入。
そして逆転弾とその巧みなプレーで活躍し、
守備も一生懸命やっていたクレスポに対して
サポーターからはスタンディングオベーションです。
ドログバもクレスポの頭を叩いて見送りました。

後半22分。
ドログバが右サイドで驚異的な粘りを見せボールを確保し
それを受け取ったロッベンがゴールへ向かおうとしますが
後ろから倒されチェルシーがFKを獲得。
そしてロッベンの左足のクロスはファーサイドの
相手DFの頭に当たりゴール前へ。
これを飛び出したドログバがさらにヘッドで前に出し
ゴール前のギャラスが右足でこれを押し込みました。
先程惜しいシュートを放ったギャラスが
決定的なゴールを奪い、今度はテリーが祝福です。

後半26分。
ウェストハムの中盤は緩く
持ち込んだエシアンはそのまま右足のミドルシュート。
威力はあったもののこれはバーの上でした。
それにしてもエシアンもまた本当に良く動いています。

そしてここまで足が止まっていた
ウェストハムもようやく少し押し返しますが
それでもドログバ、エシアンが最後まで全力のプレーを見せ
チェルシーは10人というのを全く感じさせません。
モウリーニョ監督もマニシェの退場以来、主審の判定には
敏感な反応を見せていましたが、後半に入りこの頃に至っては
まさに見せつけるかの様な笑顔です。
そしてゴールシーンの度に映っていた
オーナーのアブラモビッチ氏ですが
あそこまで心から喜んでいる姿もまた珍しかったです。

後半43分。
ウェストハムは途中交代のシュリンガムが
右足と見せかけての、左足の鋭いシュート。
GKツェフも少し飛び出していたもの
これはゴール下にいたギャラスがよく弾き返しました。

そしてここまで交代枠を1つしか使っていない
モウリーニョ監督は後半45分にエシアンを下げてカルバーリョ、
47分に大活躍のドログバを下げてジョー・コールを投入。
クレスポ同様に、この試合とても頑張ったこの2人にも
スタンディングオベーションを浴びさせるための
モウリーニョ監督の配慮らしく、本当に心憎い演出です。

ロスタイム3分。
わずかの出番ながらジョー・コールがパスカットから
カウンターを起こし、ロッベンへのスルーパス。
そしてロッベンはGKを巧みにかわし
無人のゴールへと右足で流し込みますがこれはオフサイド。
笑顔でわざとらしくガッツポーズしたロッベンは
どうやら気づいていたみたいです。

そしてこのまま4−1で試合終了。
10人となったチェルシーですが
ドログバやクレスポの2大ストライカーから
主将テリーや復帰したてのギャラスまでゴールを奪い
FWからDFまで大暴れとなりました。
チェルシーがここまでの強さを見せたのは久しぶりです。
その原動力となったのはやはりドログバで本当に最高でした。
またマニシェのためにも勝利できたのは良かったです。
来週はボルトン戦ですがこの調子で迫力ある試合、
そして勝利を見せて欲しいです。

チェルシー:
クレスポ(ロッベン 66分)、ドログバ(ジョー・コール 92分)
ランパード、マニシェ(Red 16分)、エシアン(カルバーリョ 90分)
マケレレ
デル・オルノ、テリー、ギャラス、ジェレミ
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは
最初はどうなるかと思いましたよ。
退場に失点とかありましたし・・・
でも結果は完勝だったので最高の気分です。
ボルトンにも勝利して、ユナイテッドの猛追を逃げ切りましょう!
Posted by ヴィンセント at 2006年04月10日 18:52
こんばんは〜。
この勝利は嬉しかったです(T_T)感涙。
最初見たときは、本当に面白い布陣だなあ、ウィングいなくて大丈夫なのかなあ;;;と思いましたが・・・笑。
ドログバも凄くよかったですね。
改めて彼らの強さを見せてもらいました。
Posted by YOSHI-CO at 2006年04月10日 18:56
>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当に最高の気分ですね!
序盤はヒヤヒヤさせられましたが(笑)
終わってみれば圧倒的でしたね。
ボルトン戦も同じような気迫で
ぜひユナイテッドをかわして欲しいです!


>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
とても痛快な勝利でしたね!
ウィング陣が1人もいなかったのは本当に驚きましたが(笑)
この新布陣もまた見応えありましたね。
ドログバはとんでもない活躍ぶりでしたし、
ホントに“強さ”を感じさせてくれる試合でした!
Posted by はだし狼 at 2006年04月11日 01:28
本当にすごい試合でしたね!!
私の応援するロッベンが居ないので最初はどうなる事かと思っていたのですが、とにかく気分の良い試合でした〜。
ご報告遅くなりましたが、トラバさせていただきました。ありがとうございます!
Posted by Wonder at 2006年04月11日 04:17
↑にプラスして、
トラバしていただいてありがとうございました!
またチェルシー関連の記事を楽しみにしております♪
Posted by Wonder at 2006年04月11日 04:37
Wonderさん、
いつもありがとうございます。
本当にもの凄い展開でしたね!
ロッベンも途中交代で出てきて
すぐ4点目に絡んでくれましたね。
ホントにすっきりとした勝利でした!

トラバこちらこそありがとうございました。
またWonderさんが撮られた綺麗な写真の数々を
楽しみにしてますね!
Posted by はだし狼 at 2006年04月11日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16366621

Chelsea vs West Hamを観戦!
Excerpt: 2位のManUにあと7ポイントまで迫られて少し余裕をかましすぎたChelsea。 居ても立ってもいられず、今日はまたスタジアムに応援に行ってきました! 最初にいきなり失点して一人退場になったけど・..
Weblog: Wonder's World-Wide (WWW)
Tracked: 2006-04-10 03:57

プレミアリーグ、試合結果(9日) マンUがアーセナルに勝利!
Excerpt: Barclays Premiership; Sunday, 09 April 2006  現地時間9日、プレミアリーグの5試合が行われた。 ●アストンビラ 0−
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-04-10 09:52

チェルシー、ミラン共に完勝!&その他結果
Excerpt: 今日は色々サッカーの試合見ました。 チェルシーvsウェストハム マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル ミランvsキエーボ ラシンvsバルセロナ 見るだけで疲れました..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-04-10 18:51

★チェルシー×ウェストハム
Excerpt: ミラン快勝、チェルシー復調、なんとも嬉しい夜。 イングランドお昼の試合は、日本時間でもかなり早い時間(ゴールデンタイムだ!) この時間は主婦的にはバタバタしていて、ちょっと見にくい時間。最初の..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-04-10 18:53
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。