2006年04月14日

気になる海外サッカーニュース(4/14周辺)

インテルがコッパ・イタリア決勝進出。

ドログバがチームメイトに喝を入れる。

イングランド代表チームにギャンブル禁止令。

PFA最優秀選手候補にジョー・コールもノミネート。


○インテルがコッパ・イタリア決勝進出。

コッパ・イタリア準決勝のウディネーゼとの第2戦。
インテルはついにイタリアのサッカーに慣れだした
好調ソラーリとピサーロの得点により2−2で試合終了。
そして第1戦もソラーリの得点で1−0と勝利しているため
合計3−2のインテルが見事に決勝へと駒を進めました。

インテル公式サイトによると、ソラーリの先制点により
インテル・リードで試合はずっと進んだものの
残り7分で両チームが交互にゴールを奪い合う展開でした。
そしてマンチーニ采配は、後半途中にフィーゴを入れた後、
ついに怪我から復帰したSBファバッリと
先日“悪魔の左足”を披露したCBミハイロビッチを投入し
ピッチ上のインテルには本職DFが6人も共存していた様です。

そして決勝の相手はやはりローマで昨年と同じ組み合わせ。
主将トッティが驚異的な回復力を見せているローマは
チーム一丸となり、戦う意欲に溢れている手強い相手ですが
インテルはコッパ・イタリアに愛されてるマンチーニ監督もいるし
ぜひ2年連続の優勝を期待しています。



○ドログバがチームメイトに喝を入れる。

「昨季の我たちは精神的にタフでした。
諦めた事がなかった。飢えた様な選手ばかりだったが
今年はそういった症状が見られません」

「勝者のメンタリティを持った
何人かの選手が私たちのもとを去りました。
そして彼らとはまた違ったクオリティを持った選手が
やって来ましたが、十分な仕事を果たしてる様には見えません」

挑戦者だった昨季とは状況も違うとはいえ
これはやはり多くの人が感じてる事でしょう。
しかしこれは新しく加入した選手たちに限らず
モウリーニョ監督も昨年11月にチェルシーが
ベティスに敗れた後には、チームがリーグ戦でずっと
首位を維持して楽な状況にいたため
“モチベーションが低下しているのかも知れない”
と疑念を抱いてました。
だからこそドログバならではのこの言葉は頼もしい限りで
ウェストハム戦ではまさにそれを示すかの様なプレーでした。
今季は王者としてのしぶとさは見せてくれたチェルシーですが
これをきっかけに、その飢えた様な強さも取り戻して欲しいです。



○イングランド代表チームにギャンブル禁止令。

ギャンブルで70万ポンド(約1億4420万円)もの借金を
つくり世間を賑わした20才のルーニーですが
W杯前の大事な時期で余計な揉め事を無くしたい
イングランド代表監督エリクソンは代表メンバーに対し
W杯召集期間内は“ギャンブル禁止令”を発令。
これは同じくギャンブル大好きなテリーも
ショックかも知れませんね。

ちなみにルーニーが借金したのはオーウェンが共同経営で
参加しているブックメーカーですが、“2人は今でも親友”と
その関係にはもちろん影響は無いみたいです。
それにしても熱くなる性格はピッチの外でも今だ健在な様で
この豪快さはやはり大物の証でしょう。
相変わらず話題を絶やさないルーニーには
これからも楽しみです。



○PFA最優秀選手候補にジョー・コールもノミネート。

“選手たちが選ぶ”プレミアシップの年間最優秀プレイヤー。
今季のその6人の候補者たちが発表され、チェルシーからは
テリー、ランパード、ジョー・コールの3人が選ばれました。
そして昨年この賞を受賞したのがチェルシーの主将テリーで
ランパードももちろん昨年に引き続いてのノミネート。
ジョー・コールはこれが初めてですが
チェルシーとイングランド代表での活躍を見れば
文句無しの選出で、とても嬉しい事です。

またルーニー、ジェラード、アンリと
それぞれのクラブを代表する3人もノミネートされています。
ルーニーは昨年に若手最優秀賞の方をもらっていて、
ジェラードもこういった賞には欠かせない常連の選手。
アンリはテリー受賞の前に2年連続で受賞しています。

そんな中のジョー・コールの喜びのコメントです。
「私にとって、とても名誉な事です。認められたのが嬉しい。
チェルシー・ボーイズの誰かが受賞するのを期待しているよ」

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


小笠原レッドスター入り??
Excerpt: 来季の補強選手候補として日本代表MF小笠原満男(27=鹿島)をリストアップしてい...
Weblog: ワールドカップ2006 ドイツ大会展望と速報!
Tracked: 2006-04-14 14:48
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。