2006年04月19日

ミラン 対 バルセロナ(欧州チャンピオンズリーグ)

チャンピオンズリーグ準決勝。
ミラン対バルセロナの第1戦は0−1と
アウェーのバルセロナの勝利で終わりました。

インザーギが風邪で不在のミランは
シェフチェンコとジラルディーノの2トップで
復帰したスタムを右サイドバックで起用。
一方のバルセロナもデコを出場停止で欠き、
ラーション、メッシも負傷でいませんが
前線はロナウジーニョ、エトー、ジュリの3人です。

前半はゴール前ジラルディーノのシュートが左ポストを叩いたり
勢いよく飛び出したシェフチェンコのヘディングシュートが
GKビクトル・バルデスに抑えられたりもあり
ミランの方がゴールに近いシーンが多くあります。

ただバルセロナもやはりロナウジーニョとエトーは
2人でなんとかしてしまう怖さがあり、
イニエスタも見事なスルーパスを見せ好調ぶりを示します。

後半に入りミランはシェフチェンコ、カカから
ジラルディーノに再びチャンスが訪れましたが
これもゴール左へと外れます。

そして後半12分。
あのガットゥーゾを弾き飛ばしたロナウジーニョが
右足でゴール前左のわずかなスペースへと
絶妙のパスを放り込みます。
そして中央から斜めに走りこんできた
ジュリが左足ダイレクトで見事に叩き、
ゴールネットへと突き刺しました。
チェルシー戦ではあのテリーをも弾き飛ばした
ロナウジーニョが今度はガットゥーゾ。
もちろん強靭さもそれなりに備えてるんでしょうが
この2人に力技で勝ったのは、やはり力の出し所が巧いからで
ボールを扱う以外のテクニックでも一流なのがわかります。

さらに後半18分。
バルセロナがカウンターで攻め
ロナウジーニョが右足のミドルシュート。
ゴール左へと転がるボールにGKジーダも届かないものの
これはポストに当たりミランが救われます。

一方ミランのアンチェロッティ監督は
マルディーニやアンブロジーニ、カフーらベテラン勢を投入。
そしてカカの鋭いスルーパスからそのアンブロジーニに
絶好のチャンスが訪れますが、これは力が入りすぎてしまい
ゴール左へと外れ、さらにマルディーニのヘディングシュートも
GKビクトル・バルデスに抑えられます。
さらに終盤にカカも勢いよくシュートまで持ち込みますが
これもゴール右へ外れ、このまま0−1で試合終了です。

チェルシーに続きミランにも
“シーズン初のホームでの敗戦”を与えたバルセロナは
またもロナウジーニョが強いインパクトを残えました。
そして第2戦はホームのカンプ・ノウで
今季はチェルシー戦で見せた様に守備も良いみたいですが
ただイエローカードあと1枚で出場停止となる選手も
少なくないのが気になるところです。
誰もが決勝の舞台に立てないのは避けたいはずで
そから辺の意識がどう左右するかが
わずかな不安材料でしょうか。

またミランは決定機を生かせなかったものの
チャンスをいくつか作ったというのも確かです。
このまま簡単に終わるチームでは無いはずですし
この試合もよく動き目立っていたカカの活躍と同様に
次は戻ってくるはずのインザーギに期待がかかります。

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16786535
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。