2006年05月09日

クルスの左足のシュートでインテルはシエナとドロー。

セリエ第37節。
インテルのシエナを迎えてのホーム戦は
クルスが先制点を奪うものの、ロスタイムに追いつかれ
1−1の引き分けで終えました。

コッパ・イタリア決勝の第2戦を控え
多くの選手を温存したインテルは今日は4−3−3の布陣で

セーザル、クルス、マルティンス
キリ、ブームソング、カンビアッソ
ウィメ、アンドレオーリ、コルドバ、ブルディッソ
ジュリオ・セーザル

というメンバー。
コルドバは第1戦で張り手をお見舞いしてしまい
ローマ戦には出場停止のため、
そしてカンビアッソはおそらく
試合勘を取り戻すためスタメン出場です。
またマンチーニ監督は期待の
若手イタリア人DFアンドレオーリに続き、
同じく19才のカメルーン人MFブームソングを起用して来ました。

前半17分。
インテルがFKを獲得し、ウェメの左足のミドルシュート。
しかし低く強烈なシュートは距離もあり
相手GKに抑えられてしまいます。

前半35分。
左サイドのセーザルからのパスを巡り、
キリと相手DF、さらには主審までまとめて転倒。
しかし流れたボールを拾ったクルスは
ペナルティエリア内左へ入ったセーザルへとパス。
しかしそのシュートは飛び出してきたGKの上を越えたものの
スピードは少し弱く、ゴール前で戻って来た
相手DFに止められてしまいました。

前半43分。
ブームソングが右足のミドルシュート。
ゴール左へと向かったボールはGKに止められましたが
ウォメの時と同じように低く正確なシュートでした。

後半3分。
左サイドのキリのクロスをセーザルが体を張って落とし、
ブームソングが今度は左足のミドルシュート。
そしてこれも正確なボールでしたが
ゴール右下でGKが防ぎます。

後半15分。
ブームソングから出された後ろからのパスを
クルスはそのままペナルティエリアへと流して
左足の低く重いシュート。
これが飛びついたGKの手も弾き
そのままゴール右へと突き刺さりました。
一旦は中央へ切り込むそぶりで巧さを見せたクルスは
これでアドリアーノを抜きチームトップの14得点目です。
ブームソングもセリエAデビュー戦でいきなりのアシストでした。

そして3分後にマンチーニ監督は
そのブームソングを下げて、これがインテルでの
100試合目となるスタンコビッチを投入します。
ブームソングはアシストはもちろんですが
正確なミドルシュートを積極的に放ったりと
伸び伸びとプレーしていて、今後もさらに楽しみです。

後半23分。
マルティンスの後方からのパスをクルスが
さらに左のセーザルへとワンタッチで流します。
そしてペナルティエリアへ入ったセーザルは中央へと折り返し
勢いよく走り込んできたマルティンスが右足のシュート。
しかしこれは惜しくもゴール右へと外れてしまいました。

そして後半28分にはクルスもピサーロと代わりますが
後半39分にマンチーニ監督はマルティンスを下げて
弱冠17才のスウェーディン人FWスラフコフスキーを投入です。
母国ではイブラヒモビッチの後継者と目されているみたいで
見た目は確かに不敵そうな印象を受けました。

後半45分。
スタンコビッチが相手選手に蹴られ、両選手が集まりますが
ここでブルディッソは軽く相手を突き飛ばして
まさかのレッドカードをもらってしまいました。
ただ確かに軽率な行為でしたが
一発退場は少し厳しい気もします。

後半ロスタイム。
シエナが左コーナーキックのクロスから
ガストロデッロがヘディングシュート。
そしてワンバウンドしてゴール右へと向かったボールは
そのままネットを揺らしました。
インテルはシエナの倍以上の数の選手が
ゴール前にいたんですが・・・。
またこの試合でもキエーザのシュートを始めいくつも
抑えてきたGKジュリオ・セーザルも逆サイドを衝かれて
ここは惜しくも止められませんでした。

そしてこのまま1−1で試合終了し
リーグ戦では2試合連続のロスタイムの失点でした。
ただ勝利を逃してしまったのは残念ですが
期待の若手が多く観れたのは良かったです。
これでリーグ戦は残るはカリアリとのアウェー戦のみですが
その前の11日にはいよいよローマとの
コッパ・イタリア決勝の第2戦があり、
ここはインテルにぜひ勝ち取って欲しいです。

インテル:
セーザル、クルス(ピサーロ 73分)、マルティンス(スラヴコヴスキ 84分)
キリ、ブームソング(スタンコビッチ 63分)、カンビアッソ
ウィメ、アンドレオーリ、コルドバ、ブルディッソ(Red 90分)
ジュリオ・セーザル

blogランキング。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。