2006年05月18日

バルセロナ vs アーセナル(チャンピオンズリーグ決勝)

欧州チャンピオンズリーグ決勝戦。
フランスはパリを舞台に行なわれた
スペインのバルセロナとイングランドのアーセナルとの対決は
バルセロナが2−1と逆転勝利で、ビッグイヤーを掲げました。

○バルセロナ
ロナウジーニョ、エトー、ジュリ
ファン・ボメル、エジミウソン、デコ
ファン・ブロンクホルスト、プジョル、マルケス、オレゲール
ビクトル・バルデス

復帰が微妙だったメッシは
残念ながら間に合いませんでした。


○アーセナル
アンリ
リュングベリ
フレブ、セスク、ジウベルト、ピレス
アシュリー・コール、キャンベル、トゥーレ、エブエ
レーマン

アシュリー・コールがついに復帰を果たしました。


立ち上がりはアーセナルが優位に立ち
アンリがゴール前でいきなりのチャンスを迎えたり、
強烈な右足のミドルシュートを放ちますが
両方ともGKビクトル・バルデスがよく防ぎます。
移籍先と噂されているバルサが相手とはいえ
チームの主将アンリの気合いがかなり伝わってきます。

一方のバルセロナも除々に盛り返し前半17分。
ロナウジーニョのスルーパスから絶好の機会を迎えたエトー。
これに対しペナルティエリア手前へ飛び出したGKレーマンは
左へとかわされた為、エトーの足に左手をかけて倒してしまいます。
そして今大会10試合連続無失点を続け、
準決勝のビジャレアル戦でも値千金の活躍をした
レーマンがこれで一発退場。
アーセナルが早くも10人での戦いを強いられます。
そしてベンゲル監督はこれでGKアルムニアを投入。
代わりに下がる事になったのはピレスで
仕方無いといはいえやはり可哀相です。

しかし前半37分。
右サイドからの進入を図ったエブエがプジョルに倒され
アーセナルがFKを獲得。
このペナルティエリア真横からアンリが入れたクロスを
キャンベルが打点の高いヘディングシュートをゴール右隅へと
突き刺し、1人少ないアーセナルが見事先制します。
今季は自信喪失に陥った事もあったキャンベルですが
彼らしいプレーでチームに大きく貢献しました。

そしてレーマンの退場劇により4分あった前半ロスタイム。
押し寄せるバルセロナはロナウジーニョが
ペナルティエリア内へ縦パスを入れます。
これをキャンベルを背にしたエトーはワンタッチで
自身の右へと出し、素早い反転から左足のシュートを放ちますが
しかしこれはGKアルムニアもよく触り、ゴールポスト左を直撃。
このままアーセナルのリードで前半が終了します。

後半開始からライカールト監督は
エジミウソンに代えてイニエスタを投入。
そのイニエスタは早速、低いミドルシュートを
放っていきますがこれはGKアルムニアが抑えます。

さらにライカールト監督は後半16分には
正確なロングパスを見せてきたファン・ボメルを下げ
これがバルセロナでの最後の試合となるスウェーデンの
怪物FWラーションを投入します。

そして試合は今大会最多得点を誇るバルセロナが
押し寄せますが、最少失点が自慢のアーセナルが
ここでも集中した守備を見せ、チャンスを与えません。

そんな中、ペナルティエリア内のロナウジーニョの
インサイドのシュートはゴール左へと珍しいほど大きく外れますが
相変わらずの笑顔を見せます。
照れ隠しもあったでしょうが、こういう状況でも楽しそうに
プレーしているのはさすがでした。

そのロナウジーニョと対決が注目されているアンリは
左サイドのラインギリギリでプジョルを引きつけ、
足を出して来た所をボールを大きく前に出して抜き去り
続けてマルケスのスライディングも落ち着いてかわしたりと
この大舞台でそのテクニックを魅せつけます。

そして数少ない攻撃でも高い確率で
フィニッシュまで持ち込んでいるアーセナルは
アンリやリュングベリがペナルティエリア内へ進入して
それぞれシュートを放ちますが、
GKビクトル・バルデスも的確な反応で防ぎます。

後半27分にライカールト監督が
オレゲールを下げより攻撃的なベレッチを投入。
後半30分にベンゲル監督がセスクに代えてフラミニを出します。
この交代時、攻守に渡りよく動いていたアンリは座り込んでいて
さすがに疲れているのが伝わってきます。

そして雨の激しさが増す中の後半33分。
ロナウジーニョの縦パスをペナルティエリア内の
ラーションが正確なワンタッチで外へと流します。
これを左サイドから走りこんできたエトーは
左足で受けた直後、右足インサイドのシュートを
ゴールポスト左とGKアルムニアの狭い間を通し、
バルセロナがついに同点に追いつきます。
ラーションのパスからあっという間の素晴らしいゴールシーンで
エトーのボールを受けた直後の動作の速さと正確さには驚嘆します。

これで無失点記録もついに途絶え、まだ同点でしたが
アーセナルは緊張の切れたかの様にも見えます。
そして3分後の後半36分。
難しいボールを確保したラーションが右サイドから
ペナルティエリア内右へとパスを出し、
ここに入ってきたベレッチが強烈な右足のシュート。
これがGKアルムニアの足の内側に当たり
そのままネットへと突き刺さってバルセロナが逆転。
見事な逆転弾を決めたベレッチの上へと
喜ぶバルサイレブンが雪崩れる様に積み重なっていきます。
そしてなかなか離れようとせず、主審も少し困った様子です。

そしてベンゲル監督は後半40分には
フレブを下げてレジェスを入れます。
しかしすでに勢いはバルセロナ。
アーセナルも最後にもう一度、可能性のある攻撃を
仕掛けたい所でしたが、このまま2−1で試合終了し
05/06シーズンの欧州王者がバルセロナに決定しました。

敗れたアーセナルですがここまでの勝ち上がり方は見事で
今日も1人少ない事を感じさせない試合内容でした。
ただレーマンのあの判断もGKとして仕方無いのかも
知れませんが、あの時1点失うとしても
やはり退場は避けるべきだったと思います。
後はこれで引退するベルカンプの最後の勇姿が
観れなかったは残念です。

そして準優勝のメダルをもらう時も、
肩を落とすアーセナルの選手たちですが
そんな中でもアンリは“やるだけのことはやった”とでも言う様に
すっきりとした表情で、動きもきびきびしていました。
もちろん悔しさはあるはずですが、主将としての役目もあるし
メンタル面の強さはさすがです。
ランパードがアンリの振る舞いを見習いたいと
言っていたのもわかる気がします。

一方、見事な逆転劇で勝利をものにした
バルセロナですが欧州制覇はこれで2度目で
クライフ率いるドリームチーム以来の快挙。
チェルシーやミランといった強豪を破り、
最後は10試合連続無失点のアーセナルを下すという
文句無しのストーリーになったのではないのでしょうか。

ちなみに今大会のゴールの3分の1以上が
終盤に生まれているそうで、今日もそうでした。
バルセロナの攻撃が尻上がりに良くなるというよりも
相手チームが集中力や体力が落ちてくるからでしょう。
ただバルセロナが怖いのは最後まで
その高い攻撃力を維持し続けるところで
エトーのゴールシーンはそれを象徴するかの様でした。

またこれでリーガと2冠をものにした
ライカールト監督の采配が見事に当たってましたが
やはり大きな仕事を果たしたのはラーションで冷静な状況判断と
それに沿った正確なプレーは本当に渋いものでした。
ラーション自身も思い残すこと無くクラブを去れるでしょう。

昨年同様に雰囲気もやっぱり素晴らしかったけど
試合内容も決勝戦に相応しいものでした。
来季はバルセロナは連覇を狙い
アーセナルも再びの快進撃を望むでしょうが
チェルシーやインテルなど多くのクラブが
すでに牙を研ぎはじめているし
また見応えのある対戦の数々を期待しています。

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは。
長かったシーズンも終わりましたね〜。
バルサ&ミランとも倒してきたバルセロナは、やっぱり強かった!
アーセナルも守り一辺倒になるでもなく、アーセナルらしいサッカーをやっていましたし。
ライカールト監督の采配も、選手たちの前向きのメンタルも、素晴らしいものでした。

さて、来年です!!
ビッグクラブの移籍も続々発表になったり、噂になったりしてます。
また楽しいシーズンになるんでしょうね。
今シーズンもお疲れ様でした。
来シーズンもよろしくお願いしますm(__)m。
Posted by YOSHI-CO at 2006年05月18日 21:53
YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
05/06シーズンもようやく終了しましたね。お疲れ様でした!
アーセナルも本当に頑張りましたが
バルセロナはやっぱり強かったですよね。

移籍もホントに次々と決まっていってますし
また楽しいシーズンを期待したいですね。
こちらこそ来シーズンも宜しくお願いします!
Posted by はだし狼 at 2006年05月19日 02:52
はだし狼さんこんばんは
こちらこそご無沙汰しております
アンリの寡黙にプレーでチームを引っ張っていく姿
俺はただやるべきことをやるのみだと語っているようで
その背中には、ほれぼれしてしまいました
どうやら残留しそうな感じですし
来年のアーセナルは手強い相手になってしまいそうですね
はだし狼さんには困った話かもしれませんが
大盛り上がりのプレミアに期待してしまいます
Posted by fcgonta at 2006年05月19日 21:02
fcgontaさん、お久しぶりです!
コメントありがとうございます。
アンリは本当に頼もしかったですよね。
来季は手強い相手になるかも知れませんが
アンリにはやっぱり残留して欲しいです。
もちろんチェルシーの優勝を期待してますが
来季のプレミアもまた楽しみですね。
Posted by はだし狼 at 2006年05月20日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17967194

CL決勝 バルセロナvsアーセナル
Excerpt: 結果は2-1でバルサの勝利。 14季ぶり2度目の欧州制覇を果たした。 試合は予想を覆し、アーセナルがいきなり前がかりになってきた。 最初のビックチャンスはアーセナル。 ..
Weblog: 幸一の戯言
Tracked: 2006-05-18 10:50

★CL決勝 バルセロナ×アーセナル
Excerpt: 今シーズンも終わってしまうと思うと淋しいような・・・ 05/06シーズンUEFA CL決勝。 アンセムをバックに並ぶ選手たち。 心なしか、アーセナルの面々の方が清々しい顔をしているのは気のせ..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-05-18 21:50

バルサ、パリの歓喜☆〜CLファイナル
Excerpt: ヽ(・∀・)ノ やったよぉ!やりましたっ! バルセロナが14年ぶり2度目のチャンピオンに輝きました!! ■バルセロナ2―1アーセナル 【バ】後31エトー、後36ベレッチ 【ア】前37キャンベル 開..
Weblog: がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。〜サッカー中心〜
Tracked: 2006-05-19 20:40

UEFA Champions League:決勝 FCバルセロナ−アーセナル
Excerpt: FCバルセロナ 2−1 アーセナル とうとうこの日がやってきましたよ。バルサがビックイヤーを掲げる日です。 前半はアーセナルが前から押し込んでくる以外な展開で始まる。しかしバルデスのファインセ..
Weblog: The Lump of Curiosity : Blog
Tracked: 2006-05-19 20:46

CL final アーセナルvsバルサ
Excerpt: 期待に違わず序盤からピッチにいる誰もが何気なくレベルの高いプレーを連発する素晴らしいゲームでした。 両者瞬間的に連続で針の穴を通しまくるようなパスワークを見てると瞬きするのももったいない感じ。 ..
Weblog: 3?歳のつぶやき....
Tracked: 2006-05-19 20:50

Congratulations!BARCA!
Excerpt: チャンピオンズリーグ決勝 サンドニ:スタッド・ドゥ・フランス アーセナル 1−1 バルセロナ 【ア】キャンベル前37 【バ】エトー後31 ベレッチ後
Weblog: フットボール言いたい放題
Tracked: 2006-05-19 21:05

CL Final
Excerpt: 新たな伝説の始まり!! バルセロナ ビッグイヤー獲得!! CL最多得点のバルセロナと CL最小失点のアーセナルの戦いとなったこの試合。 舞台は花の..
Weblog: 欧州基準??サッカー観戦記??
Tracked: 2006-05-19 21:46

お前らは強いさ!バルセロナアーセナルを破ってチャンピオンズ制覇〜日本で待っているよ♪12月にね。〜
Excerpt: 久しぶりのビッククラブ同士の対決なった今年の欧州チャンピオンズリーグ決勝ですが、アレだけの大きなスタジアムなのに注目度は世界規模なために入手困難になっていたようです。 中には強盗騒ぎや一番高いチケッ..
Weblog: RYAN ROAD
Tracked: 2006-05-19 22:02

サッカー欧州CL決勝
Excerpt: 遅れましたがサッカーの欧州CL 決勝戦を見ました。 バルセロナ(スペイン)がアー
Weblog: KOHの青赤な日々
Tracked: 2006-05-20 19:05

CL:パリで花を咲かせたのはバルサでした。
Excerpt: 遅くなったけど・・・。   バルサがチャンピオンズリーグ初制覇しましたね。 (写真は、キングさんのところ から頂きました。すいません・・・。)   やっぱり。って感じですが、チ..
Weblog: 日本代表からジャパニーズまで
Tracked: 2006-05-22 07:56
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。