2005年02月02日

【 速報 】アーセナルとマンチェスターUの決戦

プレミア2強の因縁の対決。
首位チェルシーに大きく離されている両者は
負けた方がほぼ優勝争いから脱落となるこの勝負。
気合と殺気が入り混じり試合はお互いに
点の取り合いとなる熱い内容。

先取点はアーセナル。
前半8分にアンリのコーナーキックを
キャプテンのヴィエラがヘディングで決める。

しかしマンUもすぐに取り返します。
スコールズからのパスをルーニーが中に
落としギグスが蹴り込んで同点。
ルーニーの左後方へのこのダイレクトが見事でした。

そして35分にアーセナルは
アンリの落ちついたパスを
右サイドから走り込んできたベルカンプが
キーパーの股を抜くシュートで2点目。
今日はベルカンプは何度もマンUを脅かし
前半は両チームの中で最もプレーが光っていました。

両チームとも少し落ち着いた様子で後半開始。
早々にマンUがまた追いつきます。
ギグスのからのパスを左サイドの
クリスチアーノ・ロナウドがシュート。
このドリブラーコンビが決めました。

そしてまたもやギグスが
キーパーを誘い出し、かわしながらクロス。
それをやはりロナウドが合わせてついに逆転で3−2。

その後シルベストルがリュングベリへ
エルボーを喰らわして一発退場。マンUは10人で戦う事に。
ファーガンソン監督は守りを増やすために
今日2得点のロナウドを下げます。
そしてアーセナルもベンゲル監督がここでレジェスを投入。

76分にはギグスに代えてフランス代表FWサハが入り、
アーセナルもセスクを出すけど、試合は動きません。
リオ・ファーディナンドのマークにつかれたアンリは
オーバーヘッドキックでゴールを狙うが
キーパーに止められてしまう。

そして87分。
マンUはエインセ、スコールズからのパスを
なんとオシェイが技有りのチップシュートで4点目。
この意外な選手による駄目押し点で
さすがのアンリも元気の無い顔に。
そしてこのまま4−2でマンUが
勝利をものにしました。

昨シーズンの王者アーセナルはリーグ無敗記録を止められた
マンチェスター・ユナイテッドに雪辱を果せませんでした。
逆にホームでの無敗記録も破られる形となり
苦手意識が高まってしまいそうな予感がします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1799569

マンチェスター・ユナイテッド通信(仮)[25]
Excerpt: 同点、 同点、 逆転で踏ん張った。 それでもチェルシーより1試合多く消化して勝ち点8差は可也厳しい。 二十五戦目の結果、 相手は、アーセナル。 4対2で今季15勝目。 得点、ギグス、ロナウド*2、オ..
Weblog: arrr@blog
Tracked: 2005-02-03 23:52

rough foto voyeur boys bestiality zoo
Excerpt: Hi
Weblog: men of porn yahoo groups 04/12
Tracked: 2005-12-04 10:13
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。