2005年02月05日

モリエンテスがリバプールでついに初得点。

リバプール対チャールトン。
前半に1点を失ったリバプールだが
後半にレアルから待望の移籍を果した
モリエンテスが初ゴールをものにしました。

ペナルティエリア付近で
ミロン・バロシュがカットされたボールを
モリエンテスが拾います。
そしてそのままドリブルで中央に切り込み
フェイントでDFをかわし左足のシュート。
貴重な同点弾を叩き込んだ。
ヘディングの高さ・強さが武器とされる
モリエンテスだけど、スペイン人選手特有の
個人技の巧さで魅せてくれました。
これにはジェラードをはじめ、
多くのチームメイトが駆け寄り祝福。
彼がいかに期待されていたかが
よくわかる場面でちょっと感動しました。

リバプールはこれをきっかけに
リーセが逆転ゴールを奪い2−1で勝利しました。

次の日には各スポーツ紙もモリエンテスを絶賛。
本当に彼は自分を必要としてくれる
チーム・土地に移籍できたようですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。