2006年07月01日

優勝候補アルゼンチンが敗退。開催国ドイツがベスト4進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の第1戦。
アルゼンチンとドイツの大注目の対決は
1−1のままもつれ込んだPK戦に末
ドイツがベスト4と駒を進め、
アルゼンチンはここで敗退となってしまいました。

前半はお互いに激しいプレスを見せているものの
攻撃面ではやはり慎重さが見える両チーム。
それでもアルゼンチンがポゼッションを上回り
左サイドのテベスを中心に攻撃を仕掛けます。
ドイツの開幕戦で2失点の原因となった
フリードリヒを狙っているのでしょうが
フリンクスやシュナイダーらもカバーに入り崩れません。

そして最初にシュートを放ったのはドイツで
状況をよく見たシュナイダーのクロスから
ゴール前に入ってきたバラックがヘディングシュートを
放ったもののこれはゴール右へ外れ
これが前半最大のチャンスでした。

一方アルゼンチンの司令塔リケルメはボールに
積極的に触り、相変わらず強いキープ力を見せますが
ドイツはフリンクスとバラックが厳しいプレスをかけ
なかなかあのスルーパスを出す事ができません。
そしてドイツもアルゼンチンのプレスの前に
バラックも中盤の底に下がってボールを受けますが
なかなか前には進みづらく、ドイツが自慢とする積極的な
ミドルシュートもメデルザッカーの1本しか撃たせてもらえず
お互いに相手の長所を上手く封じ込めていました。

しかし後半に入ってわずか4分。
アルゼンチンはリケルメの右CKからのクロスを
アジャラが豪快なヘッドをゴール右へと突き刺し先制します。
前半にもCKが2本あり、ニアサイドに飛び込んでいた
ソリンを狙っていた伏線が見事に効きました。
ドイツは今回もソリンの動きに気を取られる中、
ベテランのアジャラが得意の空中戦を見事に制しましたが
ここまで計算しているリケルメもさすがです。

そしてここでさらにたたみ掛ける様に攻撃を増した
アルゼンチンのはさすがでしたが、開催国ドイツも
そのゲルマン魂を見せ、バラックやラームも一気に前へと出し
試合はドイツの時間帯へと代わりました。

そんな中アルゼンチンはGKアボンダンシエリが
クローゼとの衝突で負傷。代わりにはフランコが入り、
予想外の交代を強いられたペケルマン監督は
準備していたカンビアッソをそのまま投入します。
しかし代えたのは司令塔リケルメで
このまま1点を守りきるつもりです。
その直後、ラームのパスミスをクレスポがカットしテベスに渡ります。
そしてそのテベスのパスからペナルティエリア内右で
マキシ・ロドリゲスが右足のシュートを放ちましたが、
ゴール右のネット外へと突き刺さりアルゼンチンは
追加点のチャンスを逃してしまい、なんか嫌な流れです。
そしてペケルマン監督はさらにクレスポを下げて
クルスを入れましたが、この交代もやはり守備面を
重視しているのが伺えます。

そしてドイツは後半35分。
左サイドのバラックのクロスを入ったばかりの
ポドウスキーが頭でつなぎ、最後はゴール前へ飛び出した
クローゼがゴール左へとヘッドで決めて同点。
わずかな好機を見事にものにし、ドイツが追いつきました。

試合はこのまま延長戦へ突入。
延長前半はドイツが押していたものの
ここまで足を引きづりながら頑張っていた
バラックがここで治療に入り、アルゼンチンのペースへ。
そして延長後半はさらにアルゼンチンが攻勢を
仕掛けますがドイツも決定的なチャンスを与えず
ついに決着はPK戦へ。

そしてドイツはノイビル、バラックが決めますが
アルゼンチンはクルスは決めたものの、アジャラの
右下へのシュートはGKレーマンがキャッチ。
さらにアルゼンチンは4人目のカンビアッソも
レーマンに見事シュートを止められここで試合終了。
優勝候補アルゼンチンを下し、ドイツが準決勝へと駒を進めました。

期待していたアルゼンチンがここで消えてしまったのは
残念で仕方ありませんが、白熱したとても良い勝負でした。
アルゼンチンにとっては昨年のコンフェデ杯準決勝、
メキシコ戦以来のPK戦でしたがこの時は
最後カンビアッソのゴールで勝利をものにしました。
しかし今日はその時とは逆となってしまい、
この試合先制弾を決めたアジャラも止めらるという結果に
なってしまい勝負とはやはり厳しいものでした。
そしてカンビアッソはやはり悔し涙を流していましたが
今日のプレーもとても頼もしかったし、
PKを止めたレーマンが見事でしたし仕方ありません。
そして再び出番がもらえたクルスは流れを
止めてしまう事もいくつかありましたが、
自分なりのペースでチャンスも作っていました。
クレスポもストライカーですが中盤までボールをもらいに行き
そしてテベスは前線から積極的に守備に参加し
この試合一番奮戦していたと思いますし
またマスケラーノやマキシらもそれぞれ
頼もしい守備を見せてくれました。

ただペケルマン監督もアボンダンシエリの予想外の
負傷があったとはいえ、ここまでチーム託してきた
リケルメを下げてしまったのは、明暗が大きく分かれた気がするし
少なくともまだ早すぎたと思います。
ドイツのような最後まで諦めず攻撃力を備えたチームには
やはり攻める意思をもっと示す必要がありました。

改めてこれで観れなくなるのは本当に淋しいですが
ただアルゼンチンのセルビア・モンテネグロ戦は
“最強”の内容でしたし、華麗なパスワークからの
カンビアッソのゴールシーンは未だに
今大会のベストゴールだと思っています。
そういう記憶に残る試合・シーンを残してくれた事には
やっぱり感謝したいです。

そしてベスト4へ進出を果たしたドイツもよく追いつき
やっぱりこの勝利に相応しい戦いぶりでした。
2本止めた上にもう2本のシュートにも反応していた
レーマンはさすがでしたが、彼を正GKに指名した
クリンスマン監督も正しかった事が
これで証明されることとなったはずです。
またそのPK戦前にそのレーマンに話しかけ握手を
交わしていたカーンも出番は無くてもチームを支えていました。
そしてエースのクローゼが得点王を突き進むゴールを決め
バラックも足を痛めながら最後まで戦い抜いたりと、
なんだか主役を張るチームの雰囲気が漂って来ています。

blogランキング。
この記事へのコメント
おはようございます。
カーンはベンチにいたほうがいい選手かもしれないですね。
精神的支柱になれる人ですから、心強いでしょう。
Posted by ヴィンセント at 2006年07月01日 06:10
ヴィンセントさん、おはようございます。
カーンは心強かったですね。いいシーンでした!
おかげでレーマンも好セーブをしましたし
出場できなくても、本当に精神的支柱として
チームに貢献してるんでしょうね。
Posted by はだし狼 at 2006年07月01日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


W杯20日目の結果。ドイツ、開催国の意地!!、イタリア完勝。
Excerpt: W杯20日目の結果です。 ドイツ 1−1アルゼンチン(PK 4−2 )後半35分 クローゼ  後半4分 アジャラ  1 2 3 4 5 GER○○○○− ARG○×○×− イタリ..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-07-01 06:07

W杯ドイツ&イタリア勝利でベスト4進出
Excerpt: W杯の準々決勝ドイツVSアルゼンチンとイタリアVSウクライナの 2試合が行われドイツ&イタリアが勝利しベスト4進出が決まる ドイツVSアルゼンチン・・前半は0対0と一進一退の攻防で終わり 後..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-07-01 09:50

ドイツ×アルゼンチン
Excerpt: 期待はかなり大きいドイツ×アルゼンチン。 押し込まれたらドイツの守備陣は耐えきれるか?アルゼンチンに期待する。 立ち上がり、両チームともかなり激しいプレスをかける。集中力も高そうだ。 両チー..
Weblog: with Beckham
Tracked: 2006-07-01 11:06

準々決勝戦 ドイツ対アルゼンチン
Excerpt:  ドイツ 対 アルゼンチン??スコア??  1??1  (4??PK??2)??得点者??  
Weblog: ジャロロッソ奮闘記
Tracked: 2006-07-01 11:11

まだまだ行くか?ドイツ
Excerpt:      ドイツ    vs アルゼンチンこの試合、お互い攻め合って3−2ぐらいになればと思っていた。それでアルゼンチンが勝ってくれれば文句なし、だった。 激しい様子見?前半、立ち上がりから両チーム..
Weblog: Gracias,Conejo!
Tracked: 2006-07-01 11:12

W杯、ドイツとイタリアが準決勝進出!
Excerpt: Europeans dream on after agony for Argentina  現地時間30日、W杯準々決勝の2試合が行われ、開催国のドイツは宿敵ア
Weblog: Premier通信
Tracked: 2006-07-01 11:23

ドイツとアルヘンのシーソーゲーム。
Excerpt: ま、負けた。。。 スペインに続いてまた応援するチームが負けてしまった。。。 アジア、アフリカの国が全滅した後、 とうとうスペイン語圏のチームが全滅してしまいました。 ベスト8まで来れば..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-07-01 12:18

アルゼンチンvsドイツ
Excerpt: バラックとソリンがカンペ読まされてるよ  こんな重要な試合の前に気を散らせることさせなくてもいいのにと思う。 コロッチーニ、テベス先発です テベスの髪形はどうしちゃったんでしょう やたら垢抜..
Weblog: 3?歳のつぶやき....
Tracked: 2006-07-01 12:20

W杯準々決勝1日目 勝利国はドイツ&イタリー
Excerpt: まままさか・・・・負けた・・・・
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-01 12:58

激闘ドイツがアルゼンチンをPK戦で制す(同イタリア完勝)
Excerpt: ん??、眠い(笑)。深夜0時からのライブ観戦が延長戦の上にPK戦となれば尚更ではあるが、うとうとしながら不肖は睡魔退散で頑張ったけれども、不肖の「優勝予想の2番手アルゼンチン」が同じく「3番手予想のド..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2006-07-01 12:59

次の対戦カードはドイツVSイタリア(30日)
Excerpt: みましたよ!今朝は眠くならないように早めに就寝(笑)ドイツVSアルゼンチン、イタリアVSウクライナ。ドイツ1ー1アルゼンチンイタリア3ー0ウクライナではいつものようにさくさくと感想を交えながら結果をw..
Weblog: CALCIO★10
Tracked: 2006-07-01 13:33

ドイツ − アルゼンチン
Excerpt: ドイツ 1(4PK2)1 アルゼンチン ドイツ GK 1レーマン DF 3フリードリヒ 16ラーム{/hikari_blue/} 17メルテザッカー 21メッツェルダー MF 7シュバインシュタイ..
Weblog: 川の果ての更に果てに
Tracked: 2006-07-01 14:36

W杯【準々決勝】 ドイツVSアルゼンチン
Excerpt: ■ドイツ 1−1 アルゼンチン    (PK 4−2) はっきり言ってこの試合は死闘でしたねもう一進一退の攻防戦。どちらも激しいプレーをし、殺気立っている印象でした。前半は両チームとも無得点のまま終..
Weblog: みんなのうた♪
Tracked: 2006-07-01 14:49

ドイツW杯決勝T1回戦:ドイツ・イタリア勝利アルゼンチン敗退
Excerpt: ■W杯決勝T準々決勝:ドイツ薄氷勝利 アルゼンチンにPK戦決着 サッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会は30日、準々決勝のドイツ―アルゼンチン戦が行われ、1―1のままPK戦にもつれ込み、ドイツが4―..
Weblog: 浮 世
Tracked: 2006-07-01 15:05

帰ってきた!サッカーW杯20日目!!
Excerpt: さあついに準々決勝ですよ! まずドイツ対アルゼンチンについてサッカーを全く知らない妹にどっちが勝つ?と聞いたら、 「白い方が勝つわ」 と言っていた。 あ、もちろんそんな言いかたしてないんだけど..
Weblog: やっぱり★タムラ的永久崩壊日記
Tracked: 2006-07-01 15:29

クローゼをトローゼ
Excerpt: <WC 2006 - Round of last 8> ドイツ 1??1 アルゼンチン     (4??2) さすが今大会を盛り上げてる2チームの試合だけあってレベ...
Weblog: TRICK ROLL UNITED
Tracked: 2006-07-01 16:19

W杯ドイツ大会 準々決勝 ドイツvsアルゼンチン
Excerpt: こんばんわです。昨日はお休みさせていただきました。良い骨休みになりました。それにしても、準々決勝1発目からこんなに濃い試合を見せられるとは・・・まだまだ大変ですね(笑)。この試合で一番凄かったのは、ア..
Weblog: SOCCER!これがあるから生きていける!
Tracked: 2006-07-01 17:41

W杯 TV観戦記【6月27日、30日】
Excerpt: 6月27日 ◆ブラジル 3 - 0ガーナ ガーナもシュートチャンスはあったがGKジダの ファインセーブで阻まれること多し。 後半36分のアサモア・ギヤンの誰が見てもバレバレの シュミ..
Weblog: fuの通信日記
Tracked: 2006-07-01 21:30

ドイツVSアルゼンチン
Excerpt: 好調もの同士が雌雄を決するときが来た。ここで敗退しても未だ3位決定戦には回れないという準々決勝で当たるとは不運としか言いようがない。 アルゼンチンはテベスを先発で使ってきたのがこれまでと大きく違う。ド..
Weblog: のぶたと南の島生活in福岡
Tracked: 2006-07-02 00:54
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。