2006年07月01日

イタリアがカテナチオでウクライナに完勝。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準々決勝の2試合目。
イタリアとウクライナの一戦は3−0でイタリアが完勝し
準決勝進出を決めました。

・前半6分。
トッティとのワンツーを挟み、右サイドを一気に駆け上がった
ザンブロッタはそのまま左足のミドルシュート。
これがGKも触るもののゴール右隅へと突き刺さり
鮮やかなゴールシーンでイタリアが早くも先制します。

・前半20分。
ネスタを負傷、マテラッツィを出場停止と2人の
センターバックを欠くイタリアですが、
主将カンナバーロを中心にカテナチオは健在。
そのため1点を追うウクライナのブロヒン監督は
DFスビデルスキーを下げてFWボロベイを投入と
迅速な采配を見せます。

・前半ロスタイム。
しかしトーニによく対処していたDFルソルが負傷し
ここで交代枠をさらに1つ使う事を強いられた
ブロヒン監督はワシュクを投入です。

・後半5分。
左サイドからのクロスをファーサイドのグシンが
ヘッドで叩きつけますが、ゴール左へ飛んだ
GKブッフォンの右手が弾きさらにポストに当たり
同点弾とはなりません。
そしてブッフォンは勢い余って、頭をポストに強打。
とても痛がっていたものの、審判にせかされて
そのままプレー続行です。

・後半13分。
さらにウクライナが猛攻。
ペナルティエリア手前の左から右へとパスをつなぎ
エリア内右でグセフが絶好の右足のシュートを放ったものの
目の前のGKブッフォンが見事に弾き、左へと流れていった
こぼれ球からカリニチェンコが叩きつけたシュートも
ゴール右のザンブロッタが身体で死守。
イタリアがその堅守をまざまざと見せつけました。

・後半14分。
そして直後にイタリアが反撃。
左サイドのトッティが右足で入れた正確なクロスを
DFの背で抑え込んだトーニがヘディングシュートを
ゴール左へと決める大きな追加点。
ウクライナの猛攻をしのぎきった後だけに
チャンスを確実にものしたイタリアの強さが際立ちました。
そしてこの試合1トップのトーニはこれが今大会初ゴールです。

・後半17分。
再び右サイドのクロスからグシンがヘディングシュート。
しかしこれもクロスバー直撃で
ウクライナはまたもゴールが決まりません。

・後半25分。
今度は左サイドに姿を見せたザンブロッタが
DF2人の間を突破し、ペナルティエリアへと進入。
そして滑り込んで出したラストパスを
ゴール前のトーニが無人のゴールへと流し込み
決定的な3点目となりました。

・後半35分。
ウクライナがFKを獲得し、距離は結構あったものの
シェフチェンコが強烈な右足のシュートを飛ばし
GKブッフォンが体勢を崩しながら弾き返しました。
勝負は決まったようなものでしたが
シェフチェンコは最後までゴールを狙っています。


そして試合はこのまま3−0で終了。
初出場のウクライナがここで敗退となりました。
後半のサイドからの攻撃は可能性を感じさせるもので
ぜひ1点、特にシェフチェンコのゴールが欲しかったんですが
カテナチオはやはり堅かったです。
しかしそのシェフチェンコも
ジダンの得意技マルセイユ・ルーレットで
DF2人を抜き去ったりと、最後まで戦う姿勢を見せてくれたし
試合終了後のブロヒン監督も誇らしげな表情でした。
そして最後にシェフチェンコは自分を良く知る
ウクライナとイタリアの両サポーターに一礼して挨拶し
ピッチを去っていくのは良いシーンでした。

一方、準々決勝という舞台でさえ
その堅守と強さを見せたイタリアは
トッティもチームをつなぎ、エースのトーニが2ゴールを奪い、
中盤ではガットゥーゾが奮戦していましたが
ザンブロッッタ、カンナバーロ、ブッフォンら
ユベントス勢の活躍がやはり目覚しかったです。
例のスキャンダルから今度はペッソットの件と
苦しい状況にありますが、だからこそ一致団結して
それを発奮材料にしているのでしょうね。
これでついにベスト4へと進んだイタリアは
未だに失点はオウンゴールの1点のみです。
次の相手ドイツのゲルマン魂がこのカテナオチを
こじ開けられるのか注目です。

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ドイツを勢いづかせたアルゼンチンの選手交代
Excerpt: 今回は昨日行われた準々決勝の試合である、ドイツ(グループA首位)対アルゼンチン(グループC首位)の試合についてお話したいと思います。 大会前から、どちらも優勝候補として挙げられ、さらにここまで良..
Weblog: 新右衛門ブログ
Tracked: 2006-07-01 13:54
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。