2006年07月03日

鉄人ランパード「打ちのめされた」

ポルトガル戦後のイングランド代表MFフランク・ランパードと
ジョー・コールのコメントです。

○フランク・ランパード

「私が今まで経験した中でも最悪の感覚です」

「打ちのめされました。私は試合終了後に何回か泣きました」

「心の底で、私は絶対に最後まで辿り着けると思っていました。
しかしそこにあったのは涙でした。最も残念だったのは
ポルトガル戦で私たちは自分達の時間を創りつつあり
今大会でのベストパフォーマンスを見せられるはずだっという事です」

「私たちは多くのガッツを見せました。
そしてたとえ10人でも彼らに向かっていき勝利を目指しました。
私たちは手を引かなかったし、PK戦や延長戦は望んでいませんでした」

「10人でプレーしたことを考えれば
運動量では私たちの方が良いチームだったと思います」

「私たちはとても厳しい仕事をしました。
グラウンドの多くをカバーしながら
時にはチャンスもつくりました。
私たちがここ数週間でどれほど努力したかを考えれば
今すぐ敗退を受け入れるのは難しいです」


○ジョー・コール

「私たちは仕事をさせてもらえませんでした。
私たちは良くやりましたが、充分ではありませんでした」

「こうなるはずではありませんでしたが
今は8月に目を向けて欧州選手権で
勝ちために挑まなくてはいけません。
私たちは次のワールドカップのためにもう4年、
そして欧州選手権のためにもう2年待つしかありません」


コールは気持ちの切り替えの早さはさすがですが
ランパードはやっぱりショックが大きいようです。
公式ページ のベッカムに慰められている写真が胸を打ちます。
ただこの鉄人ランパードなら必ず立ち直るでしょうし
この悔しさをバネにさらに逞しくなってくれるはずです。

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは。
そういえば試合終了後、TVではランパードの姿って、映していなかったので、初めて見ました。
なんだか痛々しいほど・・・(T_T)。
チェルシーの新シーズン、頑張って欲しいですよね。
Posted by YOSHI-CO at 2006年07月03日 20:36
YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
僕も試合終了後にランパードの姿を
探したんですが映ってませんでしたよね。
本当に痛々しいです・・・。
今はゆっくり気持ちに整理をつけて
来季チェルシーでの活躍で再び
元気を取り戻して欲しいですね!
Posted by はだし狼 at 2006年07月04日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。