2006年07月05日

イタリアが開催国ドイツを破り決勝進出。

2006ドイツワールドカップ。
決勝トーナメント準決勝のドイツ対イタリアの
一戦は延長戦に突入し、終了間近の2ゴールで
イタリアが決勝進出への切符を手に入れました。

【前半】

・イタリアはザンブロッタとグロッソが
積極的なオーバーラップで両サイドから攻撃をかけ、
ドイツのラームもなかなか攻撃に参加できません。
ただドイツも押されたら押し返し、両チームとも交互に
相手ペナルティエリア近辺まで攻め込みます。

・トッティは前線へ駆け上がるペロッタを狙い
何度もスルーパスを送ります。
そのトッティはバラックに苦戦していますが
バラックもフリンクスがいないため
思うようには動けない様子です。

・左のポドルスキーとワンツーを決めた
クローゼが今度は右へとボールを流します。
そしてペナルティエリア内右へと走りこんできた
シュナイダーが右足のシュート。
しかし絶好のチャンスはクロスバーの上へと外れてしまいます。
この試合お互いになかなか絡めない
クローゼとポドルスキーでしたがその相性はやはり抜群です。

・左サイドのクロスから
ポドルスキーが左足ボレーで叩きますが
イタリアDFのプレッシャーもあり、これはクロスバーの上でした。


【後半】

・20分頃には前半から全開に動き回り
両チームともすでに疲れが見え初めています。

・中盤をドリブルで突き進んだクローゼがそのまま
ガットゥーゾとカンナバーロの間を中央突破。
その直後に飛び出して来たGKブッフォンに
シュートは打たせてもらいませんでしたが
あの2人に挑んでいくクローゼの自信には
頼もしさを感じ、さすが現段階の得点王です。

・しかしその直後はイタリアのカウンター。
トッティからのスルーパスにペロッタが飛び出します。
前半から狙っているこの攻撃が実を結んだかと思いきや
これはGKレーマンが防ぎ、またオフサイドでした。

・右サイドのシュナイダーがDFの頭を越えるパスを
ペナルティエリア内右へと軽く放り込み、
これを受け取ったポドルスキーが反転して
強烈な左足のシュートを放つものの
GKブッフォンが正面で見事に弾き返しました。


【延長前半】

・リッピ監督はサムライに憧れているかの様な
アルゼンチン出身MFカモラネージを下げて
イアキンタを投入します。

・そして活性化した右サイドから突破し
ペナルティエリア内右へと入ったジラルディーノは
戻ってきたバラックをかわし左足のシュート。
これがゴールポスト右を直撃し、
延長突入と同時にイタリアが息を吹き返します。

・ピルロからの右CKを受けたザンブロッタが
ペナルティエリアへと入り放った右足のシュートは
これもクロスバー直撃。
イタリアが立て続けにチャンスを作りました。

・シュナイダーに代わって入ったオドンゴが
右サイドから入れたクロスボールを
ゴール前のポドルスキーがヘディングシュート。
ノーマークでこの終了間際の決定的なチャンスは
ゴール右へと大きく外れてしまいました。


【延長後半】

・ドイツのカウンター。
ペナルティエリア内左のポドルスキーの左足のシュートは
GKブッフォンが見事に弾き出しました。

・14分。ピルロの右足ミドルシュートをGKレーマンも
良く弾きますがこれでイタリアが右CKを獲得します。

・そしてデル・ピエロのクロスをペナルティエリア手前で
受け取ったピルロは右へとボールをキープしながら進み
ペナルティエリア内右へとパスを出し
グロッソがそのまま放った左足のシュートが
ゴール左サイドネットへと突き刺ささりました。
オーストラリア戦同様に終了間際でグロッソが決定的な活躍を
しましたが、DFを出し抜いたピルロのアシストも絶妙でした。
ちなみにゴールの度に何故かベンチに向かうガットゥーゾは
今回はリッピ監督が笑顔で押し返します。

・ロスタイム。バラックがシュートを放ったりと
最後の攻勢をかけるドイツですが、カンナバーロが
勢いあるボール奪取を見せイタリアがカウンター。
そして側でボールをもらったトッティのパスから
ジラルディーノがペナルティエリア手前へ攻め寄せますが
ここもシュートと見せかけ、DFを引きつけながらの
左へのスルーパス。そして走りこんできたデル・ピエロが
GKレーマンとの1対1の中、そのまま右足を一振りし
ゴール右上のネットを見事に揺らしました。
カテナオチからのカウンターというその自慢のスタイルから
最後はまさにデルピエロ・ゾーンで試合を決めました。
ジラルディーノもデルピエロも途中からの出場で
リッピ監督の采配がまたも的中です。

そしてここで試合終了のホイッスルが鳴り
一進一退の攻防が続いたこの試合でしたが
開催国ドイツがついにここで敗退となりました。
フリンクスが急遽出場停止となり、2連連続の延長突入となった
この試合も最後まで良く戦いました。
優勝候補アルゼンチンとの死闘の疲れもあったと思います。
ただ地元の大声援に助けられながらも
期待以上の内容と結果を見せてここまで
勝ち上がって来たのはやっぱり賞賛に値しました。

そして試合終了後は主将バラックが
唇を噛み締めながら悲しい目を見せ
クリンスマン監督も選手たちをまるで
ムツゴロウさんの様な愛情溢れる慰め方をしていたのは
印象深い場面でした。監督・選手ともにまだまだ若く
やっぱり今後が楽しみなチームですし
残りの3位決定戦も見応えある試合を期待しています。

一方、再び劇的な勝利をものにしたイタリアは
12年ぶりの決勝進出ですが相変わらずオウンゴールのみの
1失点を維持しているのは凄いです。
腰を痛めていながらもカンナバーロが相変わらず奮戦し
素晴らしい活躍をしてみせ、また出場停止明けの
マテラッツィも何度も転倒しながらも危なげ無くこなしました。
またガットゥーゾもビックリするぐらい走り回っていたし
ピルロも攻守に渡り、効果的に絡んでいました。

そして色々な問題に晒されながらも、絆を強めている
イタリアにとっては、ドイツに対する圧倒的な声援も
たいした問題では無かったのかも知れませんね。
さらにデルピエロの今日のゴールによって今大会の
イタリアはFW全員に得点が生まれた事になりましたが
マテラッツィ、グロッソ、ピルロ、ザンブロッタなど
あらゆるポジションの選手がゴールを決めていて
リッピ監督の采配も然ることながら
やっぱりチーム状態の良さが伺えます。
これで次はいよいよ決勝戦ですが
リッピ監督のスキンヘッドがかかったこの一戦も
ぜひ素晴らしい試合を見せて欲しいです。


blogランキング。
この記事へのコメント
90分間では、ドイツのほうが得点するかと思ったシーンが多かったですが(特に前半)
私的にはイタリアで嬉しいです!!
Posted by tamirin at 2006年07月05日 08:29
tamirinさん、
いつもありがとうございます。
本当に前半はドイツの方がゴールに近かったですよね。
どちらに転ぶか分からない試合でしたが
イタリアが見事にものにしましたね!
決勝戦も楽しみです!!
Posted by はだし狼 at 2006年07月05日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


【W杯】延長激戦!グロッソ決勝弾、デルピエロ追加弾でドイツを砕き、イタリア決勝進出!
Excerpt: グロッソは後半終了間際ドイツを撃ち砕くゴールをあげる Copyright:AF...
Weblog: SHODO(衝動)
Tracked: 2006-07-05 08:36

ボキのピルロさん
Excerpt: ワールドカップ 大会22日目だよーん。 ドイツVSイタリア ベスト4 どちらも失点少なく立ち上がってきたっ 何だかどうなるのでしょうか? とうとうベスト4だよーん♪ ドイツは..
Weblog: 女33歳の本音                  ??いいやつばかりじゃないけどわるいやつばかりでもない
Tracked: 2006-07-05 23:35

アズーリの意地と結束〜準決勝
Excerpt: ここまで来るとどのチームも決勝進出にふさわしい。 どこが勝っても気持ちが揺らぐことなく見ていられます。 あ、応援してたチームがすべて消えたせいもあるけど…(笑)。 ■ドイツ 0-2 イタ..
Weblog: がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。〜サッカー中心〜
Tracked: 2006-07-06 04:03

W杯 TV観戦記【7月5日】
Excerpt: ◆準決勝 ドイツ 0 - 2 イタリア 気合入れて前日から生活パターンを夜型に変更したのに 前半の途中で寝てしまい、起きたら試合終了(涙)。 なので、ハイライトを見ての感想を中心に。 前..
Weblog: fuの通信日記
Tracked: 2006-07-07 01:59

イタリア×ドイツ
Excerpt: もはや観客全員が敵なイタリア×勝てば官軍なドイツ フリングス出場停止でシュバインシュタイガーを下げてボロブスキー起用。 突破力は落ちるが、フリングス不在を考えてバランスをしっかり取ってきた。 ..
Weblog: with Beckham
Tracked: 2006-07-07 02:22

7.5コラム  ドイツ散る!
Excerpt: ■中田引退! 複雑な一日のはじまり…  ついに、ワールドカップの準決勝戦の日を迎えた。第一日目は「ドイツ×イタリア」の試合がドルトムントで行われる。朝から日差しが強く、試合がはじまる21時ま..
Weblog: ワールドカップブログ
Tracked: 2006-07-07 10:43
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。