2006年07月13日

ギャラスがチェルシーとの契約延長に向けて前進。

○新天地を求めていたもののモウリーニョ監督に
あと1年契約が残っているため出さないと言われていた
チェルシーのフランス代表DFギャラスですが、
W杯期間中に彼のエージェントとピーター・ケニヨンの間で
徹底的に話し合いが行なわれた様で、
どうやら契約延長してくれる可能性が高くなって来ました。

昨年はギャラスの方からチェルシーに
契約延長について持ちかけたものの
満足の行く内容は提示され無かったいう一件があり
どんな契約が成立するのかも注目ですが、
これで残り1シーズンを嫌々過ごさず
何のしこりも残さずプレーに専念してくれそうで
ちょっと安心しました。
また野心の強いギャラスにとっては
シェフチェンコやバラックが加入した新シーズンの
チェルシーにもやっぱり期待しているのかも知れません。


○またレアルのロベルト・カルロスを狙っている
モウリーニョ監督ですがもし駄目だった場合は、
リヨンのフランス代表DFアビダルを考えているとの噂です。

ちなみにチェルシー史上最も偉大な選手と言われる
ゾラはラジオ上で、W杯でも活躍したザンブロッタを
“今世界で最も優れたレフトバック”として
チェルシーに獲得を提案してるとの事です。

さらにアシュリー・コールも相変わらず噂に上がってますし
デル・オルノやブリッジがどうなるのかはやっぱり心配です。


○チェルシーは8月9日(水)にスタンフォード・ブリッジに
セルティックを迎えてのプレシーズンマッチを予定してますが
どうやらここでバラックとシェフチェンコの
蒼いユニフォーム姿でのプレーが見れることになりそうです。

ただ2人ともスタンフォード・ブリッジでのプレー自体は
初めてでは無くて、シェフチェンコは1990年の10月に
ミランでのチェンピオンズリーグデビューをここで果たし
結果は0−0の引き分け。そしてバラックは記憶に新しい
04−05シーズンのやはりチャンピオンズリーグ。
チェルシーがバイエルンに4−2で勝った試合で
ここでバラックはロスタイムに自ら獲得したPKを決めました。
ただこの時のダイブ騒動で、チェルシーの選手や
サポーターに批判に見舞われましたが
そんな彼が今は味方というのもやっぱり面白いです。
ちなみにこの試合モウリーニョ監督は“ベンチ入り禁止処分”で
スタンフォード・ブリッジにも来ていませんでした。

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは
ギャラスが残留してくれるとかなり助かりますね!
それよりセルティック戦は日本で放送されるんですかね?
かなり見たいんですけど。
P2Pで見れるかな?

あと昨日チェルシーTVを見ていたら、加入選手は5人って紹介していました。
4人(バラック、シェバ、ミケル、カルー)はわかったんですが、5人目がわからないんですよね。
知りませんか?
Posted by ヴィンセント at 2006年07月13日 19:53
ヴィンセントさん
いつもありがとうございます。
ギャラスの残留は本当に大きいですよね!
セルティック戦はホントに観たいんですけど
スカパーでは今のところ放送予定が無いみたいですね。
セルティックと言う事で中村俊輔関連で
放送してくれるのを期待してるんが・・・。
P2Pは詳しくないので分からないんですが
後はやっぱりチェルシーTVでの放送を待つしか無さそうですね。

5人目はポルトガル人GKヒラリオかも知れません。
ただ獲得したという噂はあったんですが
公式ページでは発表されてなかったと思うので
確かでは無いです。
Posted by はだし狼 at 2006年07月14日 01:56
ヒラリオですか。
そうかもしれませんね。
なんかすっきりした。
ありがとうございました。
Posted by ヴィンセント at 2006年07月14日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


サッカーニュースを色々と。
Excerpt: W杯も一段落し、移籍とかも忙しくなる時期です。 気になったニュースを紹介します。 続きに書きます。 内容は ■レアル・マドリー、ファン・ニステルローイ獲得で合意か? ■ギャラス、チェルシー残..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-07-13 20:46
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。