2005年02月23日

【 速報!】レアル・マドリード vs ユベントス

ついに始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。
レアルとユベントス一戦は名門同士の対決に相応しく
手に汗握る見応えのある試合内容でした。

レアルの前線はロナウド、ラウル。
ユベントスがデルピエロ、イブラヒモビッチ。
レアルはサルガドが、そしてユベントスはネドベドが
怪我から何とか回復してスタメン出場。

しかし前半早々にそのサルガドは再び足を痛めて
ラウル・ブラボと交代。
レアルはジダンの縦パスからロベルト・カルロスがセンタリング。
ラウルのニアでのボレーは惜しくもクロスバーの上。
しかし31分。ゼビナがジダンにファール。
このフリーキックをベッカムがけり
エルゲラがヘディングでブッフォンの守るゴールを
鮮やかに破りました。
その後ネドベドもラウル・ブラボとの接触から負傷退場。
そしてこのままレアルのペースで試合は進み前半が終了。
“銀河系軍団”の名はやはり伊達ではなく
あのユベントスの面々と比べても
個々の選手の能力が明らかに高いのがわかります。
とくにジダンはモチベーション・コンディションが非常に良く
数々の華麗なテクニックで魅せてくれる。

後半も序盤はレアルのペース。
ロナウドがフェイントでDFを翻弄、
ゴール隅へシュートを放つけど、ブッフォンがなんとか止める。
しかしユベントスもオリベイラのシュートや
ザンブロッタのセンタリングからエメルソンが
ヘディングでゴールを狙います。
イブラヒモビッチがエルゲラを力で抑えてのシュートも
カシージャスに阻まれたけど惜しいものだった。
イブラヒモビッチは唯一レアル相手に互角以上の力を
見せていた選手で、彼なら何とかしてくれるそうで
期待を持たせてくれる。

フィーゴはドリブルで持ち込み、
上げるかと思いきや自らゴールを狙う。
ジダンの強烈なシュートをブッフォンが弾き、
ラウルは詰めていたけど、またもゴールの上を通過。
コーナーキックからのサムエルのヘッドは
ポストに当たりあわやゴールとなる場面。

グラベセンは“狂犬”の異名の通り
次々と相手に向かっていき、執拗に食い下がる。
パスも上手く、レアルにとって彼の加入は
とても大きかったのが分かります。
でも性格も苛烈でオリベイラともめ、両者共にイエローカード。
その後も怒り治まらず審判にも詰め寄っていく場面は、
退場になるんじゃないかと冷や冷やしました。

デルピエロは前半見事なヒールパスを披露するも
その後はあまり見せ場をつくれずサラジェータと交代。
レアルはロナウドを下げてオーウェンを投入。
DFからボールを奪い、鮮やかなフェイントを
見せてくれたけど、ゴールチャンスは訪れません。

このまま1−0で試合終了。
ユベントスとしてはアウェーでこの結果は妥当なもの。
第2戦目はトレセゲが戻ってくるだろうし、
ネドベドも回復するなら充分覆せる可能性はありそう。
レアルは追加点は奪えなかったけど
ルシェンブルゴ監督とグラベセンの加入で、
チームとしての秩序を取り戻りし、ジダンの調子も良く
次のアウェーでの戦いでも引き分けではなく
勝利を狙ってくるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ベッカム好アシスト
Excerpt: 欧州チャンピオンズリーグの決勝トーナメントが22日、開幕し、1回戦第1戦はすべてホームチームが先勝した。レアル・マドリードはベッカムのFKをエルゲラが頭で決めた1−0でユベントスを破った。ベッカムが唯..
Weblog: 喝〜ながら〜
Tracked: 2005-02-23 13:27

C.L.1回戦-Real Madrid vs Juventus 1stReg
Excerpt: レアル・マドリー ユベントス 1-0 31' エルゲラ     1 カシージャス ブッフォン ..
Weblog: McLoad Booklet
Tracked: 2005-02-23 18:47

あえなく断念
Excerpt: チャンピオンズリーグ決勝トーナメントまでにスカパーに加入しよう計画があえなく失敗に終わったので、放送はフジの1試合だけで我慢と。でも日曜日なのよねぇ。 そこまで情報をシャットアウトしてその1試合..
Weblog: 店長のおはなし
Tracked: 2005-02-24 00:20

チャンピオンズリーグ1回戦!
Excerpt: 22日 UEFAチャンピオンズリーグが再開され、決勝トーナメント1回戦4試合が行
Weblog: PLANET??SURF1973
Tracked: 2005-02-24 05:47
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。