2006年07月27日

セルティック戦には選手全員を起用。

8/9にイングランド王者チェルシーは
スコットランド王者セルティックを
スタンフォード・ブリッジに迎えての親善試合が
予定されてますがモウリーニョ監督はシェフチェンコや
バラック、カルーを始めとする選手全員を使うと約束しました。

またモウリーニョ監督にとってセルティックといえば
ポルト時代にUEFAカップの決勝戦で戦った相手。
そしてこの時は延長戦の末にカルバーリョやフェレイラもいた
ポルトが勝利をものにし、初の欧州のタイトル獲得となった
ジョゼ・モウリーニョ監督は
「あの時私は心臓発作で死なないかどうか
それだけが問題だった」と笑って話しています。

「私はチャンピオンズリーグ決勝を戦い、
チェルシーでも大きな試合をものにしてきましたが
あれは私のキャリアの中でも最も興奮した試合でした」

「驚くような試合でしたし
スタジアムはスコットランドのサポーターで一杯でした。
私たちがゴールを決めると、彼らがゴールを決め、
私たちが再びゴールを奪えば、彼らも再びゴールを奪いました。
そして延長戦に入り、誰もがPK戦を待っている中、
私たちが驚くべきゴールを奪いそれが決勝点となりました」

「私は偉大な記憶を持っています。
雰囲気は素晴らしいものでしたし、
ポルトファンと一緒に振る舞った彼らは壮大でした。
あれ以来私はセルティックに対し
わずかな愛を感じてると言えます」

「私はセルティックに再び会うのを楽しみにしています。
彼らはビッグクラブですし
私の国(ポルトガル)とは良い関係があります。
何年か前には彼らはポルトガルで
チャンピオンズリーグ優勝を果たしましたし
UEFAカップではポルトガルのチームと対戦しました」

「私は新しいチームを人々に披露するために
全ての選手を使うつもりです。
そして私たちはチームを準備するための多くの試合が無いので
その試合には真剣に向き合わなくてはいけません」

「私はそれが親善試合で数日後には私たちは
コミュニティ・シールドも控えているというはわかってますが
ホームでの最初に試合ですしファンにシェフチェンコ、バラック、
カルーといった新しい息子たちを見せる大きなチャンスです。
私は良い試合になるだろうと思います」

「私は人々を後押しし、私たちを気持ち良く歓迎して
彼らが私たちの味方であり再び成功を望んでいるのを
見せられれば、私はとても嬉しいです」


かなり観たいけどスカパー!ではまだ放送予定はありません。
望みを持ちながら、小まめにチェックしたいと思います。

またチェルシーはその前に3年連続のアメリカツアーがあり
8月5日に成長中のアメリカンリーグより選りすぐった
「MLSオールスターズ」と対戦します。

そして8月8日にオランダはロッテンダムで
カルーの古巣でもあるフェイエノールトとの対戦があり
その翌日にはロンドンに戻ってのセルティック戦です。
親善試合とはいえ、日程はやっぱり詰まっていますね。

さらに13日にはカーディフでコミュニティ・シールドがあって
相手はここ2年間で10回対戦しているお馴染みのリバプール。
こちらはスカパー!「フジテレビ721+739」にて
22:50〜25:30の放送予定となっています。

blogランキング。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21479470
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。