2006年07月31日

シェフチェンコのキャリア最後のクラブ

○骨を埋める。

シェフチェンコは生涯3つ目のプロチームである
チェルシーでキャリアを終えたいと考えています。

「私は2つのチームでプレーしただけです。
そしてどちらの場所でも幸せでした。
私はここでも幸せになる事を望んでいます。
現在私は頭の中で、ここがキャリアの
最後の地になる事を願っています」

ちなみにロンドンになかなか行く暇がなかった
そのシェフチェンコはまだ住まいを見つけていない様で
これから来る奥さんや子供達のためにも早く探したいとの事。
ロンドンの中心やトレーニング場の近くが良いそうです。


○3年目の成長期。

アメリカツアーの中、そのシェフチェンコとの
初練習を終えたテリーとコールの感想です。

ジョン・テリー

「トレーニングはまだ始まったばかりですが
彼はすでにとても鋭敏に見え、一番に惹き付けられるのは
そのフィニッシュのシーンです。私は彼が今
味方としている事をただただ喜んでいます」

ジョー・コール

「彼の動きはファンタスティックです。
彼は実績のある点取り屋で、私たちはずっと、
1シーズンで30ゴール決める事ができる選手を
手に入れればさらに強くなるだろうとと言われて来ました。
彼はイタリアでの6〜7年でほとんどそれを成し遂げて来ました。
だから私は彼とプレーするのを本当に楽しみにしています」

ちなみに先日ジョー・コールは
シェフチェンコやバラックの加入について
“彼らは私より少しばかり年上で
そのプレーは観ていたし偉大な選手たちだ”
とも語っていて、興奮しているとの事です。
そしてここ2年間と同じく準備は出来ているし
新シーズンが待ちきれないという頼もしい
ジョー・コールには今年もさらなる成長が期待できそうです。


○キャプテン。

「イングランド代表キャプテンになりたくて溜まりません。
それは私の少年時代の夢でした。それ以上は本当にもう言えません。
決めるのはスティーブン・マクラーレンです。
彼はイングランド代表チームと長い間一緒にいましたし
選手たちについて何でも知っています」

「本当にもう何も言いたくないんですが
少年の時はスティーブン・ジェラードも同じでした。
あらゆる選手の夢はイングランド代表キャプテンで
私は彼らと何も違いません」

「私は仲間のためにはわずかな事だけするのが好きですが
ピッチでは、私は自分の殻から飛び出します。
私は全く違った人格となります。
私はチェルシーでキャプテンを勤めるのが大好きですし
長い間キャンプテンを続けられる様に願っています」

テリーは幼い頃の夢まであと少しです。
そしてどんな選手が来てもやはりテリーには
ずっとチェルシーのキャプテンを務めてもらいたいです。

またドイツ大会の影響でコンディションの調整が
心配されているチェルシーですが
テリーは“セッションも2倍にしたし、
激しい練習ですぐにフィットしたい”と語っています。
ちなみにこのアメリカ遠征の理由は
移籍の噂などあらゆる話題から逃れるためとの事でした。

blogランキング。

この記事へのコメント
こんばんは〜。
私も昨日この記事を読んで、ふむふむと思ってました。
シェヴァ&バラックがどんな活躍をしてくれるのか、
なんだかとっても楽しみになりました(^_^)v。

テリー君、イングランド代表キャプテンどうかな?
ほぼ当確だと思ってるんだけどな・・・笑。

Posted by YOSHI-CO at 2006年07月31日 21:30
こんばんは
シェフチェンコは活躍してくるでしょう。
チェルシーでどんなプレーを見せてくれるか楽しみです。
ジョーコールは来季のフォーメーション次第では厳しくなるかもしれませんが、好きなんで頑張ってもらいたいですね。
僕的にはスタメンで使ってもらいたいと思っています。
Posted by ヴィンセント at 2006年07月31日 23:10
ジョーにはバラックをベンチに座らせるくらいの活躍をして欲しいものですね。
でもそもそもバラックの加入でフォーメーションを大幅にいじる必要があるのでしょうか?
せっかくのロッベンとジョーという変幻自在なドリブラーコンビがいるのに、ウイングをなくしてしまうのは勿体ないですよね。
Posted by ハイ at 2006年07月31日 23:43
>YOSHI-COさん
いつもありがとうございます。
シェフチェンコとバラックのプレーが
どんどん楽しみになって来ますよね。

僕もテリーの代表キャプテンは間違い無いと思ってます(笑)
後はマクラーレン監督がサプライズを
起こさないことを願いたいですね。


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
シェフチェンコのパフォーマンスが待ち遠しいですね。

ジョー・コールは逞しいですしどんなフォーメーションでも
生き残ってくれると信じてます。
モウリーニョ監督もジョーにはスパルタですが
昨季の活躍ぶりからスタメンの座も遠く無いはずですよね。


>ハイさん、
コメントありがとうございます。
ジョーはまだまだ成長してくれそうですし
来季の活躍も楽しみですよね。
バラックがどう機能するのかは本当に気になります。

チェルシーのウイングは自慢ですから
モウリーニョ監督が公言通りに4−4−2と
4−3−3を併用してくれるのを信じたいですね。
Posted by はだし狼 at 2006年08月01日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


サッカーニュースを色々と。
Excerpt: 書きます。 続きへどうぞ。 内容は ■バレンシア、シモン獲得を断念。 ■シェフチェンコ、「ここでキャリアを終えたい」 ■サラゴサ、アイマール獲得 ■チェルシー、ランパードに対し新たに5年契..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-07-31 23:07
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。