2006年08月06日

チェルシー 対 MLSオールスターズ。

チェルシーはシカゴでアメリカリーグ選抜こと
MLSオールスターズと今年初のプレシーズン・マッチを行いましたが
結果は1−0で惜しくも敗れてしまいました。

チェルシーのフォーメンションは以下の通りでした。

・前半「4−1−3−2」

FW:シェフチェンコ、ドログバ
MF:ランパード、バラック、ライト・フィリップス
   エッシェン
DF:ブリッジ、テリー、フェレイラ、ジェレミ
GK:クディチーニ


・後半「4−3−3」

FW:ロッベン、カルー、ジョー・コール(ジミー・スミス 52分)
MF:ランパード、ディアラ、ミケル
DF:エッシェン、テリー、カルバーリョ、ジェレミ
GK:クディチーニ(イラリオ 64分)


MLSオールスターズのフォーメーションです。

・前半「3−1−4−2」
FW:モレノ、チン
MF:グロス、ゴメス、デ・ロザリオ、オルブライド
   マルローニー
DF:コンラッド、ボスウェル、エルペン
GK:パーキンス

・後半「3−1−4−2」
FW:エスカンダリアン、ジャクア
MF:グロス、デ・ロザリオ、アドゥ、オブライエン
   クラーク
DF:エルペン、ボスウェル、ロビンソン
GK:キャノン

モウリーニョ監督は前半からシェフチェンコと
バラックを起用してきましたが、一番意外だったのは
やっぱりフェレイラのセンターバックの起用でした。
そして後半は親善試合らしく大幅にメンバーを入れ替えましたが
わずか7分で、ジョー・コールが足を痛め早くも
交代してしまっているのが心配です。

そして後半19分にはカルー、ミケルに加え、イラリオが入り
これで新加入選手全員がプレーしましたが、
そのイラリオは5分後にMLSの左コーナーキックの攻撃から
デ・ロザリオのエリア端からのシュートでゴールを奪われます。
MLSはこれがこの試合初めてで唯一となる枠内シュートでした。


一方のチェルシーも枠内シュートは4本でした。

・前半17分。
「ランパードのFK」
壁をかわしてゴール右下へ向かったもののGKパーキンスがセーブ。

・前半28分。
「ドログバの幻のゴール」
バラックがディフェンスラインを切り裂く素晴らしいスルーパスを出し
ドログバがしっかりとネットを揺らしますがオフサイドの判定。
チェルシー公式ページによるとその線審は将来、
その間違いを訂正するために“ゴールを認めなかった”と
書かれた旗を必要とするだろうとの事でした。

後半38分。
「エッシェンのロングシュート」
ロッベンの攻撃のこぼれ球から放った
エッシェンの強力なロングシュートはGKの正面へと一直線。

・後半42分。
「ストライカー・テリー」
残り5分には守りをエッシェンにまかせて
センターフォワードと化した主将テリーは
カルバーリョのパスからその左足のショットが
火を噴いたものの、GKキャノンが見事にセーブ。
再び公式ページによると
“主将はこの試合ずっとセンターフォワードでプレーすべきだった”
と記されています。

そしてロスタイムにはロッベンやカルバーリョに
チャンスがあった様ですがこのまま0−1で試合終了となりました。
どうやらチェルシーは最近のセッションを2倍にした
トレーニングにより鋭さが欠けていて
またプレミアシップでのペースでプレーできなかったとの事。

ただこれもプレシーズン初日にモウリーニョ監督が
“開幕まで準備期間が短いため、
コミュニティ・シールドでさえ調整に利用しなくてはいけない”
と語っていた言葉を証明しただけと公式ページにはあり、
また年長組にとっては良いトレーニングだったため
モウリーニョ監督も喜んでいるみたいです。

親善試合とはいえ負けたのはもちろん残念ですが
確かに合流して一週間も立っていない選手ばかりですし
まだまだ今後に期待したいところです。

ただ唯一あの頑丈なジョー・コールが
途中で下がったのがやっぱり心配です。
親善試合で大事をとっただけかも知れませんし
次のフェイノールト戦やセルティック戦には
ぜひ戻ってくれるのを願っています。

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは
負けちゃいましたね。
でもプレシーズンまっちは試す場所みたいなもんですからね。
それよりジョーコールの怪我が心配。
なんか序盤戦欠場するかもしれないらしい・・・
Posted by ヴィンセント at 2006年08月07日 21:50
ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
プレシーズンマッチはやっぱり
チーム状態の調整が最優先ですよね。

ジョー・コールの怪我は本当に不安ですね。
コール自身、開幕が待ちきれないと言ってただけに
序盤戦欠場となると可哀相すぎます・・・。
Posted by はだし狼 at 2006年08月08日 00:53
丁寧なお返事を有難うございました^0^

ところで、私はW杯からサッカーを見始めたので、全然詳しくなく、日程とかもプレミアシップの他に沢山色々あって、どれが何なのかサッパリ分からなくて、聞ける人も周囲に居なかったので、大変失礼と思いますが、ここで質問させてください。

ここの最後に『フェイノールト戦やセルティック戦』とあったので、テレビで見られないか調べていたら、8月14日24:55〜26:09フジテレビ『サッカー・コミュニティーシールド「リバプール×チェルシー」』というのを見つけました。
これって一体どういうものなのでしょうか?
再放送という事なのでしょうか?
で、肝心のフェイノールト戦やセルティック戦は見つけられなくてTT
私は衛星見られないので、地上波で探すしかなくて・・・
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えていただけると幸いです。

PS http://sportsillustrated.cnn.com/2006/soccer/08/06/bc.eu.spt.soc.chelsea.gallas.ap/index.html

ギャラスが6日フランスのテレビで言った事がチョット載ってる記事です。
もしご存知のネタならゴメンなさい。
もし宜しかったらネタに使ってください^^;
英語弱い私には、ギャラスはもう戻ってきたくないのかなぁ、位しか分からなくて^^;
ネタの重要度も判断しかねたので、ご報告させて頂きました。
御節介で、気分を害されたら、本当にゴメンなさいm(__)m
長文失礼しました。
Posted by さえこ at 2006年08月08日 18:32
さえこさん、
コメントありがとうございます。
質問も全然歓迎しています!

「コミュニティ・シールド」は昨シーズンの
プレミアリーグのチャンピオンとFAカップのチャンピオンが
新シーズンの開幕前に行なう試合で勝者には
“銀の盾”が贈られるタイトル戦ですよ。
(ちなみにプレミアリーグが20チームが1年近くを通して戦う
各2回づつの総当り戦なのに対し
FAカップはプロ・アマ問わずイングランドの多くのチームが
参加するトーナメント方式の大会です。
わかりづらかったらすみません・・・)

フェイエノールト戦とセルティック戦は
やっぱり「スカパー!」のみの放送みたいですね。
海外のクラブの試合は地上波では滅多に放送しませんし
今回のフジテレビの「コミュニティ・シールド」の
放送は珍しい方だと思います。
結果と内容はこのブログで紹介するつもりですし
良かったら参考にして下さいね。

ギャラスの情報、ありがとうございました!
やっぱりとても気になっているので助かります。
参考にさせてもらいますね。
これからも宜しくお願いします!!
Posted by はだし狼 at 2006年08月09日 01:04
とても詳しく教えて頂き、本当に有難うございましたm(__)m
良く分かりました!
FAカップがアマも参加するなんて全然知りませんでした。とても勉強になります。

今回の放送は珍しいなんて、チョット悲しい><
コチラのブログでの内容や結果を楽しみにしています!
こちらこそ、これからもよろしくお願いしますm(__)m
連日連投失礼しました。。。
Posted by さえこ at 2006年08月09日 23:04
伝わったみたいで安心しました!
巧く説明できなこともあるかも知れませんが、
これからも気軽にご質問下さいね。
Posted by はだし狼 at 2006年08月10日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22001475

サッカーニュースを色々と。
Excerpt: 続きへどうぞ。 内容は ■クレスポ、インテルへ。 ■チェルシー、F・トーレスにオファー? ■チェルシー vsMLSオールスターズ。 ■ギャラス、アーセナル入りが濃厚? ■セルティック、ハー..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-08-07 21:49
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。