2006年08月09日

チェルシーがフェイエノールトに勝利。

チェルシーのプレシーズン・マッチ第2弾は
オランダはアムステルダムでフェイエノールトと対戦し
シェフチェンコのアシストからのランパードのゴールにより
0−1でチェルシーが勝利をものにしました。

チェルシーの前半のフォーメーションは
4−3−3でメンバーは以下の通りでした。

 カルー    シェフチェンコ   ロッベン
 ランパード   エッシェン   バラック   
ブリッジ カルバーリョ フェレイラ  ジェレミ
         クディチーニ

フェレイラが再びセンターバックです。
ギャラスのもしもの場合はもちろんの事、
戻ってきたとしても、フェレイラを4番手の
CBとしてモウリーニョ監督は考えてるかも知れません。
そしてそのモウリーニョ監督ですが
やはりその坊主姿により明らかに迫力が増してました。

そして試合内容は

前半1分。
早くも古巣に帰ってきたカルーですが
グリーンの体に飛び蹴りを見舞いいきなりのファール。
公式戦だったらイエローだったかも知れません。

前半12分。
ロッベンの左足からのFKを
相手DFがバックヘッドし、そのまま自陣ゴールを強襲。
しかしGKが片手でバーの上へと弾きだします。

前半21分。
ペナルティエリア内に侵入したカルーがゴール前へと鋭いパス。
これをロッベンが足を伸ばして落としますが
バラックが咄嗟に反応して放った左足のシュートは
ジャストミートせずにクロスバーの上でした。

前半27分。
ランパードからのパスを確保したシェフチェンコは
再び後ろへと戻し、ランパードがダイレクトでパスを入れます。
そしてペナルティエリア内に飛び出してきたロッベンが
飛び蹴りでGKを越えるシュートを狙いますが
惜しくもゴール枠を捉えることはできませんでした。

そして前半は0−0で終了です。
やっぱりお互いに親善試合らしい感じでした。
フェイノールトの方が連携がスムーズですし
カイトは相変わらず危険な存在です。

一方、練習期間の短いチェルシーは選手の動きも
蹴るボールの質も重く感じました。
前線の3人は左右中央を頻繁に入れ替わってますが
一番動きが良かった様に見えたのは母国オランダに地に戻ったロッベン。
しかしカルーも古巣相手に気迫がとても感じられたし
シェフチェンコもペナルティエリアに入った時に
一気に集中力を増す姿は、さすがゴールハンターといった所でした。


そして後半の布陣も今日は再び4−3−3ですが

 カルー   シェフチェンコ   ドログバ
 ランパード  エッシェン  バラック   
フェレイラ テリー  カルバーリョ  ジェレミ
        クディチーニ

と主将テリーが登場し、第2のギャラスを目指す(?)
フェレイラは今度はレフトバックです。
さらにドログバも入りチェルシーのFWが全員揃っています。
そして後半開始直前にランパード、シェフチェンコ、バラックが
何やら話し合っていましたが、やっぱり凄い絵でした。

後半2分。
ランパードの右CKをバラックがヘッドで繋ぎ、
さらにカルーのヘディングシュートはクロスバーの上。

後半6分。
ランパードのFKから今度はドログバがゴール前で
ヘディングシュートを放ちますが、これはGKの正面でした。

後半7分。
バラックが中盤をドリブル持ち上がりカウンター。
そして左サイドへと長いパスを出し
これをラインギリギリでシェフチェンコがキープ。
そしてサポートに行ったドログバはボールをもらい
左サイドでテクニックを見せながら
中へと入ったシェフチェンコへとパスを渡します。
それを受けたシェフチェンコはペナルティエリア内左へと
鋭いパスを送り、ここへ現れたランパードが左足を一閃すると
飛び出したGKの頭上を越え、ボールはゴール右へと吸い込まれ
チェルシーが1点を先制しました。

ドイツ大会の不調とは打って変わって、一瞬でものにした
その決定力こそやっぱりランパードの真の姿ですし
なんだか久々で親善試合とはいえとても嬉しかったです。
そしてシェフチェンコも見事なアシストで
その前のドログバ、バラックとそれぞれがその個性を発揮。
一連の速度はまだまだでしたが確かに
新シーズンの1つの形が見えたゴールシーンでした。

後半14分。
右からのクロスをカルーがGKと競り合い、
こぼれ球をヒールキックでゴールへと押し込みますが
これはキーパーチャージで追加点とはなりませんでした。
しかしGKローデワイクスがこれで手を痛め交代。
ドログバも同国カルーの先輩としてフォローに入り
なだめますがローデワイクスはかなり怒っていました。

後半18分。
明日のスタンフォード・ブリッジでのお披露目も待っている
シェフチェンコは今日はここまで。
そしてエッシェンも同時に下がり
ライト・フィリップスとディアラが入ります。

後半24分。
右CKからのクロスボールをバラックとドログバが競り合い
こぼれ球からドログバが右足の低いシュート。
しかし代わって入ったばかりのGKティマーが足を出し
これはゴール左へと外れていきます。
そしてドログバは時折見せる“しまった”という表情です。

後半29分。
バラックがペナルティエリア手前でFKを与えてしまいます。
そしてランパード、バラック、ドログバが並んで壁を作りますが
相手選手がボールを実際の位置より前にセットした途端、
“ヘイ!”と3人同時に腕を伸ばしツッコミを入れていたのは
息もぴったりで笑ってしまいました。
その甲斐もあってか直接狙われたシュートも
クロスバーの上へと越えて行きました。

そしてそのランパードもここでお役御免で
19才のナイジェリア代表MFミケルが入りますが、
その身体の大きさに改めてびっくりです。

後半31分。
ジェレミの右CKからバラックが放った
ヘディングシュートはクロスバーの上。
この試合、フェイノールトのセットプレーでの守備が
とても甘いものの、バラックはほとんどのプレーに絡んでいて
テリーやドログバに加え、やはり新シーズンの大きな武器です。

後半39分。
カルーのワンタッチのパスから
ドログバがGKティマーと1対1。
しかしティマーを左へとかわした途端、
超特急で戻ってきたDFにカットされてしまい
ショックからかしばらくうつ伏せになり動きません。
やっぱりこういうチャンスはものにできない
ドログバですが親善試合ですしリードしてるという事もあって
なんだかほのぼのする光景でした。

後半40分。
右CKからのクロスボールを隠れストライカーこと
テリーが見事に右足ダイレクトで叩きます。
しかしこの低いシュートはGKティマーが見事に弾いて防ぎます。

後半43分。
古巣相手にゴールを渇望して気迫を見せた
カルーもここで交代。
そしてユースから参加している
金髪が眩しいウッズが入りましたが
見た目はいかにも少年といった感じでした。

後半45分。
カルバーリョのファールで再びFKを取られた
チェルシーは親善試合とはいえフェイエノールトと
一触即発の雰囲気が漂い、嫌な予感がしました。
しかしホーイドンクのFKがゴールポスト左を直撃。
こぼれ球もフィンケンの右足に当たり、ゴール右へと外れます。
そしてこの初のピンチを逃れこのまま1−0で試合終了。
今度は勝利をものにできました。

そしてチーム状態はまだまだですが
それでも後半は予想以上に良くなりました。
スロースターターな所は元々ある上に
やっぱり主将テリーが入って一気に安定感を増したし
改めてその存在の大きさを示しましたね。
そして新生チェルシーを予感させるゴールシーンもありながら
次はすぐにロンドンに戻ってのセルティック対戦です。
厳しいスケジュールですが、今度はホームでやり易いでしょうし
サポーターの声援を後押しに、調整に弾みをつけて欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
こんばんは。

久しぶりに「動く」チェルシーの面々を見ることができて、嬉しかったです。
ワクワクしてしまいました・・・笑。
いや〜後半開始時のあの3トップは壮観ですねえ・・・。
で、やっぱりテリー君がいるのといないのって、こんなにも違うのね・・・と改めて・・・!!

シェヴァ&バラック&ランプスは一体何語でコミュニケーションをとっていたのでしょう?(笑)
連日試合で大変ですが、無理なく調整を進めていければいいですね。
Posted by YOSHI-CO at 2006年08月09日 23:12
また連投してスイマセン^^;
いつも詳しい内容を、有難うございます!
読んでるだけで、まるで見ているかのように情景が目に浮かびます。

ランパードのシュートで勝てたのが凄く嬉しいです!!!
W杯ではいい所が殆ど無くて残念だったので、尚更ですね。
次のセルティック戦が楽しみです♪
Posted by さえこ at 2006年08月09日 23:18
>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
本当に久々のチェルシー戦にかなりワクワクしました(笑)
テリーの存在、影響力はさすがでしたよね。
後半の3トップもこれでもっと息が合ってきたら
かなり凄いことになりそうです。

コミュニケーションはやっぱり英語でしょうか。
ランパードも気を使って、判り易い単語だけで
片言でやりとりしてるのかも知れませんね(笑)
ホントにこのまま順調に仕上がって欲しいですね!


>さえこさん、
いつもありがとうございます。
コメント大歓迎ですし、
いつも参考にしていただいて、とても嬉しいです!

ドイツ大会では本来の力を発揮できませんでしたし
ランパードのこのゴールは本当に嬉しいですよね!!
全く引きづっている様子も無く(笑)
安心しました。
次のセルティック戦も期待したいですね!
Posted by はだし狼 at 2006年08月10日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22118426

親善試合 フェイエノールト×チェルシー
Excerpt: 初めて、「動く新メンバー」を見ました♪ う~ん、なんとも言えないですけど・・・笑。 まあ、今日は久しぶりに皆を見られただけで嬉しかったな・・・ってことで・・・。 メンバーはコピペですみません。 Ch..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-08-09 23:14
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。