2006年08月11日

インテルがイブラヒモビッチを獲得。

ユベントスのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが
本当にインテルへやって来ました。

8月10日は主将サネッティの33才の誕生日。
そのプレゼントという訳ではもちろん無いでしょうが
プレースタイルもあの性格も好きなので
この獲得は個人的にとても嬉しいです。

ただこれでインテルはクレスポに続いて
6人目のストライカーとなりいくらなんでも多すぎで
アドリアーノ、マルティンス、レコバ、クルスの
誰かがその代償を払いそうなのがやはり心配されます。

今までは地元サポーターからインテルの皇帝として人気の高い
アドリアーノはクラブも大事にしているみたいでしたが
ここまで大型補強が続くと、その座も安泰では無いかも知れませんね。
ただアドリアーノとイブラヒモビッチの
2トップというのはやっぱりぜひ見てみたいコンビです。

そしてインテルは選手層がかなり厚くなり
豪華な面々が顔を揃えていますが
マンチーニ監督がこれでどうバランスを取っていくのか
とても興味深々です。

blogランキング。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。