2006年08月14日

モウリーニョ「プレミアシップは10ヶ月の戦い」

コミュニティ・シールド後の
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は
以前からの予想通りに両チームのコンディションに
大きな差があったと語っています。
そしてシェフチェンコへとボールをつなげるためにも
チームはもっと調整しなくてはいけないものの
長い戦いであるプレミアシップに対しては心配していません。

○試合内容について。

「ポゼッションの比率は私たちの方が上でしたが
フットボールにおいて時々それは多くを意味しません。
特に2つのチームの進み具合に差があるときは、
激しさと鋭敏さが大きくものを言います」

「私たちはよりポゼッションする事によって
試合をコントロールしました。
しかし試合が破られた時、個々の挑戦するスペースがあり
その25メートルのスペースを走りきったのを見た時、
私は彼らが私たちよりもだいぶ手強いと感じる事ができました」

「そのため試合はかなり難しくなりました。
私たちは最初のゴールを許してから、良い反応を見せました。
そして前半に私たちはとても攻撃的なフットボールを挑みました。
カルー、シェフチェンコ、ドログバ、ロッベン、
それにランパードを加えて挑みました」

「私たちが対抗できない状態にあるので
リバプールは後半に、ジェラードやベラミーのような
ペースを調整できる選手たちによって
チームに新しい血を注入してくるだろうと推測できました」

「私はショーン(ライト・フィリップス)とディアラを入れ、
チームをもう少しコンパクトにしようと試みました。
コンディションの差を感じていたので
中盤をもう少し強くしようとしました」

「私の選手たちの多くは90分プレーできる
コンディションにはありませんでしたし
残り15分のプレーは私たちにとって厳しいものでした。
もし引き分けで終え、PK戦に入ったならそれは
私のチームにとってはかなり上出来だったでしょう。
しかしこの状況では、リバプールが勝利に値しました」


○ゴールを決めたシェフチェンコについて。

「シェフチェンコはクディチーニの手から
直接ボールをもらえませんし、ピッチの反対側でゴールを奪います。
彼は最前線でボールを持つために鋭敏さ、コンディション、
戦術的なシステムを持ったチームを必要とします。
最前線で彼はファンタスティックです。
彼にはこの試合2つの状況がありました。
1つ目はほとんどゴールでコーナーキックへと繋がりましたし、
2つ目は素晴らしいゴールでした。
彼は驚くべき選手としてのその力を発揮するためにも
自らの後ろにチームを必要とします」


○負傷交代したバラックについて。

「バラックはトレーニングして1週間たったばかりですし
この状況で選手が怪我をする事は私にとっては驚く事ではありません。
私はそれがちょっとした問題であるのを望みます」


○プレミアシップ開幕に向けて。

「私たちはもっと練習しなければいけません。
『私たちは時間が必要で、他のチームと同じ段階では無い』
と私が言ったことに関して、
何人かの“超専門家(スーパー・スペシャリスト)”
といった人たちが笑った記事を2〜3読みました。
しかしそれは彼らが変な人々だからであって、
変なことを書くのが好きだからです」

「練習を必要とする。フットボールではそれが現実です。
私は物事を変えたいし別の方法でプレーしたいです。
その別の方法でプレーするには、戦術的な訓練、
私たちが現段階で持っていない鋭敏さ、そして時間を必要とします。
しかし今週は私は親善試合でプレーしない
わずか4人の選手だけで練習しなくてはなりません」

「しかしプレミアシップは10ヶ月の争いなので私は心配していません。
私たちには練習するための、上達させるための、
試合に勝つための10ヶ月があります。
だから最初の2週間でもし私たちが試合に敗れたり、
2ポイント失うとしても、それはドラマではありません」


終盤は、ボールが回ってこないシェフチェンコは
確かにもどかしそうでした。
そして時間が足りないものの親善試合時には残ってる選手は
4人だけ、とたぶん教える側の方が人数が多そうです。
今年はなかなか前途多難(?)なチェルシーですが
後から追い上げて3連覇を達成する姿も
また見てみたい気がします。

blogランキング。

この記事へのコメント
バラック、チェルシーに合わないんじゃないの。周りに気を使いすぎ。
Posted by at 2006年08月14日 18:53
コミュニティシールド、本当に残念でした・・・
チームの連携があんまり取れてなかったように思いました。
後一週間で開幕、その前に一部はギリシャ戦なんて・・・結構私は先々不安です。
あれだけ凄いメンバー居るのに負けてしまった事が本当にショックです。
Posted by さえこ at 2006年08月15日 13:39
バラック怪我が思わしくないようですね・・・
ドイツのブンデスリーガはもう始まってるから結構この時期からでもいけるのかと思っていたけどだめだったみたいですね。

WCのあとということで難しい時期だとは思いますがこの時期のトレーニングをしっかりこなして10ヶ月の戦いをおもしろいものにして欲しいですね。

ジョーには一日も早い復帰を願っています。
Posted by ハイ at 2006年08月15日 22:23

バラックはシェフチェンコみたいに
もう少し思い切り良くプレーして欲しい気もしますね。
もう開幕してしまいますが、
個人的には長い目で見守りたいです。


>さえこさん、
いつもありがとうございます。
チェルシーは連携がまだまだでしたよね。
この状況で親善試合もあるのも本当に厳しいです・・・。
ホントにあれだけのメンバーが揃ってますし
どんな試合でも負けるのは見たくないですから
できるだけ早く噛み合った姿が見たいですね!


>ハイさん、
いつもありがとうございます。
バラックも開幕戦が微妙になってしまい
予想外の負傷でした・・・。
ドイツ大会の影響で本当に今年は厳しい状況ですが
なんとかチーム状態を整えて欲しい所ですよね。
10ヶ月に渡る戦いがとても楽しみです!
ジョー・コールの回復がホントに待ち遠しいですね。
Posted by はだし狼 at 2006年08月16日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。