2006年08月17日

イングランド代表主将テリーの初ゴール。

○テリーが代表主将としてのいきなりの初ゴール。
テリー

“赤い悪魔”の本拠地オールド・トラフォードで
行なわれたイングランド対ギリシャの親善試合は
4−0で新生イングランドが勝利を迎えました。

前半14分。イングランドはランパードのFKからの
クラウチのヘディングシュートを相手GKがパンチング。
このボールをダウニングが頭でゴール前へと折り返し
相手DFの前に入ったテリーがヘッドで
ゴール右へと押し込んでイングランドが先制します。
そして主将としての初の試合を自らのゴールで祝ったテリーに
真っ先に駆けつけたのはやっぱり大喜びのランパードでした。

次はそのランパードが前半30分にボールを奪いカウンター。
ボールを渡したデフォーのスルーパスにそのまま飛び出した
ランパードの左足のシュートはDFが出した足に当たるものの
そのままゴールへと吸い込まれ2点目。
チェルシーの主将&副将が揃って結果を出しました。

そして前半35分にはゴール前ランパードのシュートを
GKが弾き、こぼれ球をクラウチが押し込んで
イングランドが3点目をものにします。

さらに前半42分にもジェラードを起点し
左右から揺さぶりにかけたイングランドは
最後クロスボールをクラウチが頭でゴール左へと決める4点目。

後半はギリシャの方が押し込みイングランドは
チャンスが無かったものの、ゴール下のアシュリー・コールが
2度連続でシュートを跳ね返してピンチを救いだり、
ドイツ大会に続くハーグリーブスの献身ぶりが活きたりと
このまま4−0の完封勝利です。

ライト・フィリップスは出番がなかったのは残念でしたが
ブリッジは残り10分に出場し、ランパードはフル出場で
最後まで頼もしさを見せました。
そしてこの日の主役ジョン・テリーは守備の面で
後半に危なげなバックパスが1つあったものの
彼らしい強烈なシュートブロックを見せたりと
この記念すべき一戦を落ち着いてプレーしていました。
スティーブ・マクラーレン監督も、初戦を勝利で飾り一安心でしょう。
個人的には主将テリーとランパードの得点が生まれた時点で
お腹一杯の感もあったので、この結果と怪我人を出さなかった事に
充分満足ですし、次のEURO予選にも期待しています。


○そのほかチェルシー選手たちの親善試合の結果です。

<ガーナ2−0トーゴ>
ドイツ大会でも魅力ある戦いを見せたガーナが見事に勝利しています。
そしてチェルシーのサイボーグことマイケル・エッシェンは
右手の負傷をものともせずフル出場しました。

<アイルランド0−4オランダ>
前半のみに出場したロッベンが、41分にゴールを記録しています。
ちなみにファン・ペルシーも1点、そしてフンテラールが
先制点を始めとする2得点の活躍です。
またアイルランドではダフは出場してなかったみたいで
ロッベンとの注目の対決は実現しませんでした。

<フランス 2−1 ボスニア・ヘルツェゴビナ>
コンディションが心配だったギャラスが
改心の甲斐もあってか、しっかり前半40分に
同点ゴールを決めています。

<フランスU-21 0−1 対ベルギーU-21>
敗れたもののディアラも90分プレーしています。

<コートジボアール 0−1 セネガル>
主将ドログバは65分のプレーでした。
また初召集を受けていたサロモン・カルーは
チェルシーでの練習を優先し、今回は辞退していたそうです。

<カメルーン 0−0 ギニア>
※後で追記します。


○その頃チェルシーでは・・・。

一方、チェルシーに残って激しい練習に参加しているのは
“親善試合を休んだシェフチェンコとカルー、GKたち、
ポルトガル人の選手たち、ジョン・オビ・ミケル”のみとあり
モウリーニョ監督はやはり不満そうです。

そして先日、開幕から2週間は何が起こっても不思議では無いと
言っていたモウリーニョ監督がその詳細について語っています。

「ナイジェリアはまだ監督がいないのでプレーしません。
ポルトガルは親善試合を行なっていません。
それは理にかなっています」

「シーズン前は選手たちは代表チームでは無く、
自分達のチームと共にいるべきでしょうし
私はポルトガルの監督は気が利いていたと思います」

「今週はプレミアシップが開幕します。
すべての監督は彼らのチームと練習したいですし、
特に私たちのプレシーズンは2週間よりも少ないものです」

「開幕前にあとどれ位トレーニングセッションを
行なえるはずだったかを数えるとするならば、
だいたい20セッションになったでしょう。
それは私たちが練習したくてもできない週です」

「選手たちは木曜の午後に戻ってきます。
しかし試合後で彼らは練習できません。
金曜日は回復の過程なのでボールは使った練習はありません」

「私たちは日曜に試合があるので土曜は
あまり練習ができませんし次の週は私たちには
ミドルズブラとブラックバーンとの2つのアウェー戦があります。
だから練習はできませんし、プレーするだけです」

状況はやはり厳しいみたいですね。
ただこれらの親善試合で活躍した選手もいますし
シェフチェンコやカルーもチェルシーを優先してくれている
マンチェスター・シティとの開幕戦はとても待ち遠しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
親善試合、イングランド勝って本当に嬉しいですね!!!
テリーがキャプテンマーク付けて先頭を堂々と歩いてきたのをみて、やっとテリーがキャプテンなんだなぁって実感が沸きました。
しかも先制点をテリー、二点目をランパードなんて、これ以上素晴らしいことって無いですよね!!!
本当に素晴らしい試合が見れて、スカパー入った甲斐がありました^0^
Posted by さえこ at 2006年08月17日 09:55
こんばんは〜。
テリー君のゴールから始まるとは、なんとも記念すべき試合!!笑
キャプテンマークにキスする姿に、うるうる(T_T)。
そして、こんな布陣ならランプスもW杯のときの悪夢から立ち直れそうですよね。
ハーグリーブスを本当に頼もしく思いました。
アンドラ戦も期待できそうです。

・・・そして、いよいよ開幕ですね!!プレミア♪

Posted by YOSHI-CO at 2006年08月17日 21:36
>さえこさん、
いつもありがとうございます。
イングランドの勝利、とても嬉しいものでしたね!
テリーがキャプテンマークをつけて入場して来た姿は
本当に感慨深いものがありました。
そのテリーとさらにランパードが立て続けに
得点を決めてくれるなんて、ホントに最高の展開でしたよね!!
さえこさんもスカパー加入した甲斐があったみたいで良かったです!


>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
テリーが晴れ舞台でゴールも決めて
本当に記念すべき試合でした!
ハーグリーブスもホントに今や欠かせない選手ですよね。
今日の布陣ではランパードもジェラードも動き易そうでしたし
ホントにアンドラ戦も楽しみです!!
そしてチェルシーもいよいよ長い戦いが始まりますね!
Posted by はだし狼 at 2006年08月17日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


国際親善試合 イングランド×ギリシャ
Excerpt: イングランド、幸先のよい白星スタートでした♪ テリー君の代表主将デビュー戦(笑)となります。 欲を言うなら、ホームユニがよかったんだけど・・・笑。 (テリー君は赤が似合わないと思っているので・・・..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-08-17 21:13

フットボールエトセトラ。
Excerpt: 今日から会社が始まってしまいました。 久々に早起きしたら目眩が。。。今週はやる気ないです。 と、言ってもあさってまた休みですけど(笑) 本日も節操なく更新します!! まずはコパ・リ..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-08-18 17:37

ベッカムなしでもイングランド快勝!
Excerpt: ベッカム抜きで戦った新生イングランドが4−0でギリシャに快勝し、マクラーレン新監...
Weblog: サッカー日本代表、Jリーグ、国内、海外サッカー情報ブログ!
Tracked: 2006-08-19 00:28
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。