2006年08月19日

プレミアシップ開幕前。チェルシーに新しいセンターバック。

チェルシーのポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョの
3年目のプレミアシップ開幕に向けて
そして初戦のマンチェスター・シティ戦に向けてのコメントです。
またチェルシーは公式ページにて
オランダ代表DFブラルーズと合意に達したと発表しました。

○プレミアシップ・ハットトリック。

いよいよプレミアシップが開幕しますが
モウリーニョ監督にとっては1つのクラブで
3年連続のリーグ開幕を迎えるのは始めてのことです。
そして史上5チーム目(プレミアシップではユナイテッドのみ)の
リーグ3連覇を狙うのも、もちろん初の試みとなる
モウリーニョ監督はそんな新たな挑戦を楽しみにしています。

「私は競争心の激しい試合が好きです。
私は親善試合よりこれらの試合の方を好みます。
試合に望みたいのは私が本当にチームの
準備が出来ていると感じるときです。
しかし今回の状況はそうでは無いので
挑戦はより強大ですが、私はそれが好きです」

「トレーニングセッションをしないで
チームの準備をするというのは、おかしな状況です。
しかし私はプレミアシップという
私たちが38試合プレーしなければいけない
競争を楽しみにしています」

そしてモウリーニョ監督は
ホーム戦でのこれまでの素晴らしい成績と
過去2シーズンの開幕を勝利でものにしてきた事が
楽観的にさせてくれると説明しました。

「マンチェスター・ユナイテッド戦とウィガン戦は
どちらもとても難しかったが、どちらも1−0で
私たちは開幕戦に勝利しました。
だから私は再びそれができると期待しています」

そしてバラックは開幕戦までに回復するのを
期待していると言っていましたが
モウリーニョ監督によると可能性は低いようです。

「私は彼がプレーできるとは思っていません。
望みはあります。彼は100%プレーできない
他の選手たちとは同じ状況ではありません。
しかしあなたが私に訊ねるなら、私の意見はノーです」

「日曜から良くなったのはとてもわずかです。
彼は今日練習しましたが、それは1人で行いました。
彼はグループの練習には参加していないので
今日か明日の間に何かが起きて、一気に良くならない限りは
彼はプレーできないと思います」

そしてその他の負傷者メンバーには
ツェフ → 肩の手術から回復中
ジョー・コール → 膝の負傷
フート → 足首の負傷
マケレレ、ジェレミ → 肉離れ
といつの間にかマケレレやジェレミまで
仲間入りしてしまっています。

さらに練習はきちんと行なっているものの
依然移籍を諦めていないとの噂もある
ギャラスが開幕戦のメンバーに加わるかどうか
モウリーニョ監督は明らかにしていませんが
ただこんな状況でもマンC戦へ向けてやる気充分です。

「私たちにはその試合に15人の選手しかいませんが
不満を言うことはできません。
何故なら、昨シーズンは同じことが
マンチェスター・シティに起こりました」

「スタンフォード・ブリッジにやって来たときは、
彼らにとって、とても厳しい時期でした。
彼らは何人かの重要な選手を欠いていたので
何人かの若い選手を起用してプレーしました。
今度は私たちの番です」

そしてチームとしては準備不足なものの
モウリーニョ監督やコーチ陣は相手チームの
偵察・分析には抜かりは無い様です。

「彼らにはサマラス、ディコフ、コッラーディ、
アンディ・コール、ヴァッセルなど多くの攻撃的な選手がいます。
そしてハマンとダボがいて、彼らには攻撃と同様に
中盤でクオリティを持った新しい選手たちがいます」

「私はビデオで彼らを観ましたし、
アシスタントコーチは直接観に行きました。
そして私たちは彼らが昨シーズンよりも
多くの解決策を持っていると思います」

“トレーニングの基礎が出来ていない段階での開幕”
“不満を持った選手を使う事”などを始めとして
今までに経験したことの無い状況が待ち受けている
モウリーニョ監督ですが、本人は楽しみにしているみたいですし
この新たな挑戦にやはり期待しています。

シェフチェンコやバラックはチャンピオンズリーグ優勝を
目的として加入して来た面もあり、他の選手たちも望んでいて
モチベーションは心配しなくても上がりそうですが
リーグ戦にはやっぱりモウリーニョ監督の
モチベーターとしての手腕が必要です。
そして“チャンピオンズリーグ優勝には運も必要だが
リーグ戦は本当に強いチームが優勝する”と常々語っている
モウリーニョ監督にはぜひ3連覇を成し遂げて欲しいです。

 
○5人目のセンターバック。

そしてチェルシーはハンブルガーSVの
オランダ代表DFハリド・ブラルーズ(24才)と
合意に達したと公式ページで発表しました。
後はメディカルチェックのみで、いきなりの出来事でしたが
このブラルーズは高い身体能力と鋭い戦術眼を備え、
“人喰い”の異名を持つ獰猛なディフェンダーで
やはりモウリーニョ監督の見事なチョイスの様に思えます。
そして本職はセンターバックで、これで5人目となりましたが
フートは負傷中で、ギャラスはまだグレーな状態ですし
この補強で少し安心できました。

ただ先のドイツ大会のポルトガル戦では
C・ロナウドへの危険なスライディングを見舞っていたのが
記憶に新しいブラルーズには、こういうラフプレーや
失点に繋がり得る余計なファールだけは気をつけて欲しい所です。

ちなみにこの24才のオランダ人はものまねが得意らしく
引退してもエンターテイナーとして食べていけると言われる
かなりのムードメーカーらしいのでそういう意味でも楽しみな選手です。

blogランキング。

この記事へのコメント
こんばんは
怪我人多いですね。
なんか心配になってきました。
でも新たにDFを獲得したのでそこはホッとしています。
Posted by ヴィンセント at 2006年08月20日 01:30
ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当に怪我人だらけですよね。
心配ですがなんとか凌いで欲しいですね。
こういう状況だからこそ、この獲得はホントに心強いです!
Posted by はだし狼 at 2006年08月20日 05:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


プレミアリーグ開幕!&その他ニュース。
Excerpt: プレミアリーグが開幕しました! 結果は続きに書くとして、その他ニュースです。 ■ディアラ、レアル・マドリーへ! リヨンはクラブの公式ホームページ上で、マリ代表MFディアラのレアル・マドリーへの移..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2006-08-20 01:31
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。