2006年08月20日

モウリーニョ「今季のチェルシーはより攻撃的」

○プレミアシップ開幕。

チェルシーより一足先に開幕戦がいくつか行なわれました。
ダフの姿を確認するために、少しばかり観た
ニューカッスル対ウィガンは2−1でニューカッスルが勝利。
新人ダフはまだまだ積極的にボールに絡めてませんでしたが
プレー自体は卒なくこなしる様に見えました。

それよりも主将に就任したパーカーが良く頑張っていて
強烈なミドルシュートを放ったかと思えば、その次には
ゴール前へと飛び出し、ヘッドで見事に先制点を奪いました。
しかしヘスキーやランツァートが加入したウィガンも
今季はさらに手強そうでした。

そしてその他のチームを見るとアーセナルがアストンビラと、
リバプールが今季昇格したシェフィールドとともに1−1と
まさかのドロー発進となっています。
そしてウェストハムもあのチャールトンを3−1で下してますが
ここでカールトン・コールが早くもゴールを決めています。
さらに昇格組のレディングはミドルズブラを3−2で下し
何よりブラックバーンがポーツマスに3−0で破れ、
ベルバトフやゾコラが加入したトッテナムが
ボルトンに2−0で敗れていることに驚きました。

この波乱含みの開幕戦が続く中、やはりチェルシーには
改めて気を引き締めて望んで欲しい所です。


○見守るランパード

先週イングランドで自叙伝が発売となったランパードは
ウィリアムス・ギャラスの状況がチームの良い雰囲気に
全く影響を与えていないと話しています。

「私たちはみんな、ウィリーを選手として尊敬しています。
彼は私たちにとっての素晴らしい選手でした。
そして私はウィリーと話しましたが
彼は元気でしたし、本当に機嫌が良かったです。
しかしウィリーは必ずしも機嫌が良いという訳ではありません。
それは彼の状況にあります」

「トレーニング中、彼は元気でしたし、
一生懸命に練習していました。
私はウィリーに対してもクラブに対しても
敬意を持っていますし、それがどのように
発展するのか見守るつもりです。
しかしこの事が私たちの周りに悪い雰囲気を
作っているという事はありません」


○テリー準備万端。

チェルシーの主将テリーがイングランド代表主将として
プレーした最初の夜についての喜びを現しました。

「ゴールまで決めることができて
私にとっての長年の夢が叶いました。
すでに100回は言っていますが、
こんなに誇りに思ったことはありません。
チームの先頭に立ってピッチに入場し、国歌を歌い、
本当にこれ以上の夜は今までありませんでした」

またこの試合によりテリーは自身の
コンディションを取り戻したとあります。

「私はプレシーズン中のどの試合でも
自分が100%の状態だと感じたことはありませんでした。
しかし監督が当てにしていたとおり、
代表チームでさらに90分プレーした事によって
私は完全に良い状態になったと感じています」

やっぱり代表主将としての初の仕事をこなした事も
好影響を与えてくれてるんでしょうね。


○モウリーニョの狙い。

「今年はドログバ、シェフチェンコ、ロッベン、ジョー・コール、
ショーン、カルーといった多くのクオリティが攻撃の面であります。
そして私たちにはランパードとバラックもいて
2人の攻撃的ミッドフィルダーが完全にプレーする可能性があります」

「目的はより攻撃的な選手たちを使うことです。
しかし私たちは2年間持ち続けた“常にとても強力な守備”を
失いたくはありませんので、1人か2人のディフェンダーとの
契約を待っている所ですし、それは秘密ではありません。
私たちは選手を放出するたびに、常に答えは持っていました」

「現在の私たちの挑戦は守備のパフォーマンスを
同じレベルで維持し、他の面を向上させることです。
私は1−0より、2−0や3−0で勝つのを好みます」

「しかしもし2−0と6−5のどちらを
好むかと聞かれたなら、それは2−0です。
私は実用主義であるのを変えていません。
4−4の引き分けよりも1−0の勝利を私は好みますが
2−0と1−0のどちらかなら、2−0を好みますし
2−1と3−1なら、3−1です。
私たちをチャンピオンにしたそのクオリティを
失わずにチームを向上させることが狙いです」

今年の補強の理由、そしてモウリーニョ監督の目指す
チャンピオンチームのさらなる成長の形が
ようやく見えて来ました。

blogランキング。

この記事へのコメント
こんばんは。
この中では、シェフィールドU.×リバプールと、
アーセナル×アストンビラをさらっと見ましたが、
特にシェフィールド・・・手強そうですね〜;;;
びっくりしました。
本当にどこのチームも侮れないです。
今年のチェルシーの攻撃面での充実。
楽しみですね!!
Posted by YOSHI-CO at 2006年08月20日 22:25
こんばんは。
僕も少ししか観ていないんですが
シェフィールドが昇格組みとは思えない
頑張りを見せていましたね。
プレミアリーグは本当に侮れないチームばかりですが
だからこそ面白いというのがありますよね。
そんな中チェルシーも今年はさらに多くのゴールを
狙ってるみたいですし、ホントに楽しみなシーズンです!
Posted by はだし狼 at 2006年08月20日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22567225

プレミア幕開け!!〜リバプールとガナーズはドロー発進〜
Excerpt: Jリーグが開幕して、チャンピオンズリーグが終わってW杯が始まって終わって、 またチャンピオンズリーグが始まって、ブンデスリーガやプレミアが開幕する。 最近はこの時間のサイクルの早さに、着いて行くの..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-08-20 10:58

[Football] プレミア開幕! タイもFootballの季節!
Excerpt: タイ語でサッカーはフッボーン。 そのフッボーン。ここタイで、あるいはシンガポール、マレーシア、そして東南アジアでメジャーなのは圧倒的にイングランド・プレミアリーグです。自国リーグなど殆ど認識されず(..
Weblog: タイで想う日々の日記
Tracked: 2006-08-20 19:42

チェルシーとリバプールがオランダ代表獲得!
Excerpt: なんと、チェルシーとリバプールがそれぞれオランダ代表の主力選手を獲得し合意に至ったことを発表しました。 まず、チェルシーが獲得した選手は、オランダ代表DFハリド・ブラールズです。 ブラールズは..
Weblog: 蹴球航海記
Tracked: 2006-08-21 00:15

プレミア開幕、ウォルコット登場!
Excerpt: プレミアリーグ 第1節アーセナル 1??1 アストン・ヴィラ イングランド・プレミアリーグが開幕しました。アーセナルは新装なったエミレーツ・スタジアムにアストン・ヴィラを迎えての一戦でスタートです。先..
Weblog: orfeo.blog
Tracked: 2006-08-22 18:18
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。