2006年08月25日

ミドルズブラ戦後&マケレレが代表チーム残留。

モウリーニョ・チェルシー。

モウリーニョ監督のミドルズブラ戦後のコメントです。

「ミドルズブラは勝利に値しました。
私からは対戦相手について、フェアプレーについて、
審判について不満はありません。
ミスは無く、馬鹿げたペナルティもありませんでした」

「私たちは不運のせいにすることはできません。
私たち自身のパフォーマンスのせいにしなければいけません」

「私にとって問題だったのはその姿勢です。
あの同点ゴールの前、私たちはミドルズブラのプレーを
見守りながら、終了のホイッスルを待っているだけでした。
しかしフットボールは90分間で、75分ではありません。
ゴールを奪われる前には、ランパードがバーを叩きましたが
あれは試合の中でも孤立していた場面です。
全体的に彼らの姿勢の方が私たちよりも上回っていました」

「私たちはあまりにも受動的でしたし、
反応したのはゴールを奪われてからでした。
私たちにわかってることは、私たちが2度のチャンピオンになったのは
今日の様な姿勢によってでは無かったということです。
それは確かです!」

またセットプレーでの守備はやはり良くなかったと認め、
さらにとても失望しているというモウリーニョ監督は
“私は6〜7年間、監督をやっていますが
ジョゼ・モウリーニョのチームでは無かった”
と悲しい発言をしています。


○代表継続。

ドイツ大会で引退するはずだったマケレレですが
引き続きフランス代表チームに残ると発表されました。

正直引退してチェルシーに専念してくると思っていたので意外でした。
ドミニク監督のしつこい(?)説得が再び実を結びましたが
それ以上にやっぱりマケレレが優しいんでしょうね。
残ったからにはやっぱり応援したいですし
新しく主将になったヴィエラを助けて上げて欲しいです。

そしてEURO2008予選を戦うフランスチームは
9/2にグルジア、そして9/6には世界一を巡って
争ったばかりのイタリアと早くも対戦します。


○左サイドバック。

アシュリー・コールの件がどうなってるのか不明ですが
モウリーニョ監督は最近のブリッジの働きぶりと
ブラルーズの獲得もあって、特に心配していない様です。

「私にはブリッジがいます。彼はとても良くやっています。
私にはもう1人の純粋な左サイドバックがいませんが
私たちのチームにはそのポジションをカバーする
いくつかの解決策があります」

「私は状況がどうなってるのかわかりませんが
もし8月31日(移籍最終期限)にコールを手に入れられなくても
それは事件ではありません」

そういえばギャラスとアシュリー・コールの
トレードという噂もあるみたいですね。
モウリーニョ監督とヴェンゲル監督、アシュリー・コールにとっても
良い解決策に思えますが、ただ1人、新しい環境での
再出発を望んでいるギャラスにとっては結局プレミアリーグで
プレーする事となるため、微妙なところでしょう。
まさかモウリーニョ監督の策略という訳では無いでしょうが
これで覚悟を決めてくれる事を少し期待しています。
そしてアシュリー・コールは素晴らしい選手ですが
頑張ってコンディションを取り戻してきているブリッジの
出場機会が減っていくのを見るのもやっぱり忍びないです。

blogランキング。

この記事へのコメント
ミドルスブラとのゲームでは、選手たちは一体どうしちゃったのでしょうか?!
私はまだ試合を見ていないので、詳しい事は分からないんですが、あんまり積極的に攻めてる感じではなさそうですね。
疲れからなのか、モチベーションが上がらないのか、先日のマンCとの戦いと余りに違うので、戸惑ってしまいます。
それに比べてマンUがやたら元気で、チョット気がかりです。
ツェフも21日から練習に復帰してるみたいだし、バラックやジョーコール達も戻ってきたら、調子を取り戻してくれるんじゃないか、と少し期待してます。
Posted by さえこ at 2006年08月25日 14:27
さえこさん、
いつもありがとうございます。
前半は結構攻めてたんですが、後半はやっぱり
積極性が感じられ無かった試合でしたよ。
その後半はランパードのクロスバーに当たった
ヘディングシュートくらいしか印象に残ってないくらいです・・・。
疲れてるようには見えませんでしたし
「このまま1点差を守って」みたいな安易な気持ちが
相手に付け入る隙を与えてしまったみたいですね。
途中まではマンC戦と同じく負ける気配はありませんでしたし
観ててショックな展開でした。

マンUが本当に絶好の滑り出しを見せてるんですよね。
チェルシーもここで大きな差をつけられない様にしたい所です。
ツェフやバラック、そしてジョーたちも復帰も近いみたいですし
チェルシーの本当の力もそこから見せてくれるはずです!
Posted by はだし狼 at 2006年08月26日 08:35
そうだったんですか・・・
The SUNによると、テリーはこの試合の後、ドレッシングルームのドアを蹴り破り、水の入ったタンクを床にぶちまけたそうです。
相当怒り心頭だったみたいで・・・
この怒りをぜひブラックバーン戦に繋げて欲しいですね。
Posted by さえこ at 2006年08月26日 23:00
さえこさん、情報まで下さってありがとうございます。
テリーもそんなに怒っていたんですね・・・・知りませんでした。
やっぱりファンだけではなく、当の選手たちにとっても
相当ショックな負け方だったんでしょうね。
本当にブラックバーン戦ではこの怒りを力に変えてもらいたいです。
Posted by はだし狼 at 2006年08月27日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22777741
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。