2006年10月14日

モウリーニョ監督はウクライナのシェヴァを観戦。

○第2ラウンド。

チェルシー選手の引き続きの代表戦の結果です。

フランス 5−0 フェロー諸島
先日まさかの敗戦を受けたフランスですが
その鬱憤を払うかのような完勝。
アンリ、トレセゲ、サハ、そして代表復帰した
アネルカとFW全員がゴールを決めています。
相手が相手だけにマケレレは休ませて貰った様です。
ちなみに今回はギャラスが出場しています。


ウクライナ 2−0 スコットランド
シェフチェンコがフル出場を果たしていて
病気も治ったみたいで安心しました。
しかも試合終了間際のPKでゴールも決めています。


スロバキア 1−4 ドイツ
ポドルスキーの2得点、シュバインシュタイガーの1点、
そして主将バラックもまたまたゴールを奪い快勝しています。
 

オランダ 2−1 アルバニア
ロッベンとブラルーズが引き続きフル出場。
ファン・ペルシーの2戦連続のゴールと
相手のオウンゴールにより連勝をものにしました。


アイルランド 1−1 チェコ
ダフもフル出場した強敵アイルランド相手に
さすがのツェフもキルベインのゴールで1点を失ってますが
“爆撃機”コラーのすかさずの同点弾で追いつきました。


ポーランド 2−1 ポルトガル
終了間際にヌーノ・ゴメスが1点を返したものの
ポルトガルが敗れています。
リカルド・カルバーリョはフル出場です。


クロアチア 2−0 イングランド
ランパードの記念すべき代表50試合目の試合。
マクラーレン監督は3−5−2の新システムで挑み、
代表復帰したパーカーも中盤でキャリックと共に
プレーしましたが予想以上に機能しませんでした。
その為、主将テリーとアシュリー・コールも再びフル出場ですが
クロアチアの波状攻撃の前に、新体制になって以来の初失点。
しかしそれだけに留まらず、ギャリー・ネビルのバックパスを
この試合、好プレー続出で頼みの綱だったGKロビンソンが
豪快に空振りし、貴重な程のこのプレーで撃沈となりました。
ちなみにその後の3枚同時投入により、
マケドニア戦で好評を得たライト・フィリップスも
またまた出場しています。


○復帰間近。

またこの代表戦の間、ジョー・コールがクディチーニ、イラリオ、
カルー、ミケルらともにリザーブチームに加わり、
コベントリー・シティーのリザーブチームとの親善試合に参加。
無事90分間のプレーを果たしています。

「(今季は)初めての90分間だったので
私はもちろんまだ100%ではありません」

「しかしこの怪我は私をよりハングリーにさせました。
チームから外れるのは悪夢でしたし
私がどれ程プレーする事を愛しているのかも
より一層に気づかされました。
私はとにかくチームに戻って、仲間たちを手助けしたいです」

2−1で勝利したこの親善試合は火曜日の事だったらしいので
もしかしたらレディング戦にも途中出場があるかも知れません?


○出張。

いよいよ再会するプレミアシップですが
チェルシーのレディング戦を前に
久しぶりのモウリーニョ監督のコメントです。

「ミドルズブラ戦で敗れた後、私たちは6連勝しました」

「その後、私たちはアストンヴィラ戦で勝点を落としましたが
可能なら、今再び私たちは少しばかりの良い時期を必要とします。
私は無敗で突き進むとか、勝点の記録をつくるとかと
言っている訳ではありません。
しかし私たちは多くの勝点を無駄にしない必要があります」

「レディングは良いチームです。
こういう下のディヴィジョンの勝者として
昇格してきたチームのメンタリティーはとても良いものです。
昨シーズンのウィガンにも同じことが起きました」

そして代表戦を終えて戻ってくる選手たちについて。

「代表戦で敗れたとき、選手は不満を抱えて戻ってきますし
それはそれほど楽な事ではありません。
しかし私はそれと戦わなくてはいけません。
彼らにとって今はチェルシーについて、
そして結果を手にする事について考える時です」

「アシュリー・コールは負傷して戻って来ますし
多分、レディング戦には出場しないでしょうが
そういった事も代表戦の付属品の一部です。
多くの代表選手を抱えるほとんど全てのビッグクラブが
類似した問題にあります」

「私はウクライナのスコットランド戦を観に行きました。
さらに正確に言うなら、シェヴァを観るためにです。
私は他の皆にする様に、試合後に彼を回復させたりと、
いくつかのサポートをするためにそこにいました」

「今回はシェヴァでした。
その前の代表戦ではチェコのツェフでしたし
私は毎回そのようにしています。
シェヴァは良い試合をし、ゴールも決めたので
いくらかの喜びを伴って戻ってきます」

代表での負傷などにはいつも怒りをぶつける
モウリーニョ監督は、今回はなかなか大人の発言をしていますし
代表戦にまで赴いて仕事を果たすその徹底ぶりはさすがでした。

blogランキング。



この記事へのコメント
こんばんは☆
代表戦色々ありましたね。イングランドvsクロアチア戦はかなりビックリしました(^^;)
代表戦・リーグ戦・CLとホント選手は大変ですよね。

シェヴァがPKとはいえゴールを決めたので
代表戦での活躍が良い方向に向かってくれることを期待しています(^^)
バラックもゴールを決めたし、そろそろ二人ともチェルシーでも輝いてくれることでしょう☆
今夜の試合も楽しみです!!
Posted by haru at 2006年10月14日 22:51
haruさん、
いつもありがとうございます。
代表戦も本当に色々ありますよね。
特にイングランドは大変でした・・・。
ハードスケジュールが続きますが、
選手たちには体調はもちろん
気持ちも上手く切り替えて欲しいですね。
シェヴァもバラックもかなり並外れた選手ですし
ホントに必ず輝いてくれる日が来るのを信じています!
Posted by はだし狼 at 2006年10月15日 05:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。