2006年10月16日

ツェフは頭蓋骨の陥没骨折で手術。

レディング戦後のモウリーニョ監督のコメントと
この試合で負傷退場した2人のGK、ツェフとクディチーニの状態です。

「2度目は(カルロ・クディチーニのは)乱暴な落下でした。
私にとってはその落下こそがイエローカードです。
カルロの叩きつけられ方は不運でした」

「しかし1度目のは(ペトル・ツェフのは)信じられないものでした。
ゴールキーパーはボールを掴み、ボールは彼の手に収まりました。
彼は飛び込み、ピッチは雨で濡れていたのでそのまま滑りましたが
そこへ選手(ハント)が直接ぶつかって行き来ました」

「彼はボールに行く事が出来ず、その膝はツェフの顔に入りました。
もしあれで顔の骨が折れてなかったら、ツェフはラッキーボーイです」

「私の選手を病院送りにする意図があったとは私は言っていません。
それについて何か言えるのはレディングの選手だけです。
彼は意図的では無かったと言いましたし、私は選手たちを信じます。
しかしそれはとても愚かな挑戦だったし
レッドカードに値する行為でした」

「どの試合でも、選手たちはキーパーを
ジャンプで飛び越えたりして避けるものですし
そうでなくても足はボールに向かうものです。
それなのに選手の膝が直接顔に入るというのは、
彼(ハント)は避けたくなかったという事です」

「レディングのフットボールは私は好きです。
対戦相手に厳しいフットボールを強いますし
彼らのファンも素晴らしいものです。
チームがとても上手くやっているのも
監督がとても優秀だからに違いありません」

「私は2人の友人が気になります。
バルセロナはバルセロナ、フットボールはフットボールです。
それらも気になりますが、私にとって彼らの事はより重要な事です。
私は彼ら2人が退院してくれるのを望んでいます」

そしてチェルシーはモウリーニョ意見に賛同し
クディチーニの件は仕方無いとしても
ツェフに対するハントのプレーは、暴力行為の1つと同じだとして
イングランドフットボール協会に調査を以来するとの事です。

そして心配されたクディチーニは検査の後、
すぐに退院できたみたいで安心しましたが
ツェフの方はなんと“頭蓋骨の陥没骨折”という事で手術を行ない、
成功はしたものの正確な容態についてはまだ判断出来ない様です。
こんな重症だったなんてかなりショックですが
無事に回復に向かってくれるのを願っています。


blogランキング。


この記事へのコメント
ツェフは、肩を手術して、まだあまりたってないのに・・・かわいそうですね。
若いので、早急の復帰を祈ってます。
でも、無理はしてほしくないですね。
クディチーニは、無事でほんとによかったです。安心しましました。
Posted by らんちゃん☆ at 2006年10月16日 08:17
ツェフのニュースは本当、ビックリしました。
陥没骨折って、かなりの衝撃だったってことですよね?
相手選手にカードすら出なかった事実に腹が立って仕方ありません。

陥没骨折も軽いものからそうでないものまであるらしいですが。
軽いものであってくれることを祈りたいです。

あとは、パウロ・フェレイラの腕の具合も気になるところですね。。。
Posted by たむこ at 2006年10月16日 12:51
余りに重い怪我で、私まで心臓止まりそうになってしまいました(泣)
顔の骨の骨折位ならまだしも、頭蓋骨とは場所がイヤですね。凄く心配です。。。
本当に可哀想で、ぜひFAに調査してもらって重い処分下して欲しいです。
クディチーニがまだ退院できただけ良かったです・・・
そんな中、ボルトンの監督がGKを貸してあげると申し出てるそうですね。
バルサ戦も直前だというのに、本当についてないですね・・・・・・
是非この怒りをバルサにぶつけて欲しいです。
Posted by Tomoko at 2006年10月16日 21:27
こんばんは。
ツェフは大変なことになってしまって・・・。
怪我の部位が部位だけに、心配です。
あらためてGKの身体的なリスクの高さ、
逆に、ゴールを死守する彼らの勇気を、
目の当たりにした感じです・・・。
とにかく今は祈るばかりです。

バルサ戦。
イラリオも大変だと思いますけれども、
ビッグマッチでファイトもわきそうですよね。
DF陣は負けないと思いますし!! 
応援しましょうね(^_^)v。
Posted by YOSHI-CO at 2006年10月16日 22:39
>らんちゃん☆さん、
いつもありがとうございます。
本当に肩を治したばかりなんですよね。
それなのにこの大怪我はとても残念です・・・。
場所が場所だけにまだ若いツェフには
確実に治して戻ってきて欲しいですよね。
クディチーニが無事だったのはホントに良かったです!


>たむこさん、
いつもありがとうございます。
本当にこの知らせにはビックリでしたね。
ハントの膝は確かに思いっきり入ってましたし
派手さが無かった分、衝撃が強く伝わったのかも知れません・・・。
主審もいきなりカードを出すのはためらったのかも知れませんが
プロとして的確な判定をして欲しかったです。
ツェフはホントになんとか軽い方であって欲しいですね。
フェレイラはスローインも力強かったので大丈夫だと思いたいですが
今季のチェルシーは怪我ばかりですね。。。


>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
思っていた以上の大怪我で、本当にショックです。
嫌な場所だけに後遺症などが残らないといいんですが・・・。
FAにもしっかり処分してもらって、
2度とこういう事が起きない様に示して欲しいですね。
クディチーニも心配でしたが、すぐ退院できてホントに良かったです。
ボルトンの監督の気持ちはありがたいですね。
でもイラリオもいますし、ここは頑張ってもらいたいです。
バルサ戦はホントにこの苦境を力にして戦って欲しいですね!


>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
本当に怖い部位を怪我してしまいました・・・。
2人ともいつも見せてくれる様な勇気あるプレーからの負傷でしたし
彼らの存在の大きさも改めて感じられましたよね。

イラリオもこんな形で出番が回ってきましたが
大一番ですし期待したいですね。
頼もしいDF陣もサポートしてくれでしょうし
ホントに気合入れて応援したいです!
Posted by はだし狼 at 2006年10月17日 17:49
ブログ拝見いたしました。
私はアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければ当アフィリエイトに参加してみませんか?
報酬は《1登録¥1000、1クリック¥1から》
初期費用は¥0のネットビジネスです。細かな部分までサポートさせて頂きます。
ご興味ございましたら是非サイトをご覧下さいませ。
それではよろしくお願いいたします。
 ↓詳細は↓
http://s2.muryo-de.etowns.net./~hukusyunyu/?seog
Posted by e-アフィリ at 2006年10月17日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ツェフ頑張れ!!
Excerpt: ツェフ。 先日のレディング戦での怪我。 頭蓋骨の陥没骨折ですか・・・ もう手術も行われたようですが、 まだ復帰時期などは、今の段階では言えないようです。 そりゃそうだよね・・・大怪我ですもん。。。..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-10-16 22:34

モウリーニョ 復讐の時
Excerpt:  モウリーニョ政権の1年目(04-05シーズン)は、29勝8分け1敗(72得点・15失点)の95ptでプレミアを独走して優勝。カーリング杯も制して2冠を獲得。  3冠(リーグ、FA杯、欧州CL)を目..
Weblog: サッカーで大切なこと
Tracked: 2006-10-17 01:35

モウリーニョは何を想う・・・
Excerpt:  ついに来る復讐のときを迎え、チェルシーが思わぬ逆境に立たされている。  因縁の相手バルセロナをホームで迎え撃つチェルシーに、思わぬ災難が降り掛かった。週末(14日)のレディングとのリーグ戦で、..
Weblog: サッカーで大切なこと
Tracked: 2006-10-18 18:11
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。