2006年10月17日

チェルシーの3人のゴールキーパー。

ツェフ、クディチーニ、イラリオと
チェルシーの3人のGKにまつわるニュースです。

○ペトル・ツェフ。

心配されたツェフですが手術の麻酔も切れた後、
完全に意識も戻り、容態もよくなっているそうです。
そしてツェフは奥さんのマルティナさんや
病院に訪れたモウリーニョ監督やテリーを初めとする
チェルシーの面々とも言葉を交わしたとの事でした。

そしてチェルシーは公式ページでツェフとクディチーニを心配し
無事を祈ってくれた人々に感謝の意を表しています。
また各メディアに対してはツェフと奥さんのプライバシーや
気持ちを尊重して欲しいと訴えていました。

後遺症が残ることもありえる怪我でとても心配でしたが
すでに話しもできるというなら、安心しても良いのでしょうか?
このままぜひ元通りのペトル・ツェフに戻って欲しいです。

 

○カルロ・クディチーニ。

そしてすでに退院しているクディチーニのコメントです。

「ほんの少し頭痛がしますが
それは別として、私は大丈夫です」

「私はコーナーキックからの一連の場面を覚えていますが
その後は、救急車の中で医者と話しをしたのを覚えているだけです。
あのような衝撃を受けた後では、それも普通だと思います」

「今は何の問題もありません。
スキャンも大丈夫でしたし、あと2〜3日も経てば
再びいつもの様に練習出来る様になります」

「この2〜3日間は、私は医者といくつかの
テストを行いながら、状態を見守っています。
上手くいけば水曜日には練習を再び始めて
土曜日には試合にでる準備も出来ているでしょう」

「私はイングランドとイタリアから多くのメッセージを貰いました。
この場を借りて、皆さんに感謝の意を表したいと思います」

「ペトルに何が起こったかを見ていますし、私は少しばかり幸運でした。
彼に起こったことはかなり酷いものでしたが
私は彼がすぐにでも回復してくれるように祈っています。
多分、明日(17日)は病院に行って、彼と雑談でも交わすつもりです」

「1つの試合で2人のゴールキーパーに起きるなんて
かなり奇妙な出来事です。たぶん記録にも残るような事でしょう」


○イラリオ。

2人のGKの負傷で、バルサ戦への出場が濃厚となっている
チェルシーの第3GKイラリオですが、実はポルト時代の
2000年にバルサとは2度対戦しています。
ちなみにその時のジョゼ・モウリーニョは
バルサのアシスタントコーチを務めていました。
そしてこのイラリオがゴールを守ることについて
ジョー・コールが全く心配していないと語っています。

「彼はとても優秀なゴールキーパーです。
彼がプレーする可能性は高いし、
もし彼が出場しても誰も失望させないでしょう。
トレーニングでは上手くやっていますし
そして経験豊富なゴールキーパーです」

ちなみにあの衝撃のレディング戦で
主将テリーがゴールを守りましたが、
ジョー・コールもその候補者だった様です。

「私はトレーニング後によくゴールでふざけていたりしますが
ジョン・テリーは私よりかなり上手くやります」

「ペトルがピッチを去ったとき、私は実はベンチで言っていました。
“もしカルロが怪我をしてしまったら?
俺がゴールを守らなくてはいけないな”と。
しかしその時が実際に来てしまいましたが、
周りは私をゴールポストの間に立たせるのに
あまり熱心では無かった様です」

という事はチェルシーのファーストチームではテリーが第4GKで、
ジョー・コールは第5GKということなのかも知れません?
こういう事態でも何故か楽観的な香りが漂うジョー・コールですが
これはこれで彼らしいし、やっぱり逞しくも思えます。

そしてプレシーズンでしかプレーしていないイラリオですがその時は、
わずかな時間ながら好セーブを見せていました。
GKというのはツェフみたいに若くして才能を開花させるのは珍しく
やっぱり経験が特にものを言うポジションですし
何よりモウリーニョ監督が連れてきた
このポルトガル人を頼りにしたいです。

blogランキング。



この記事へのコメント
ツェフの容態についてですが、イングランド各紙によると、長期的な後遺症として「てんかん」になる可能性があるそうです。
それってどういう事か良く分からないんですが、選手としてプレーできない事になるのでしょうか?!
完全に回復してくれる事を祈るばかりですね。

後は、イラリオの健闘に期待しましょう!
Posted by Tomoko at 2006年10月17日 22:16
こんばんは。
第4、第5までGK代理が決まっていたとは・・・!笑
それもJ.コールというのがなんとも意外・・・;;

ツェフの意識が戻ってよかったです。
後遺症がないことを祈りたいです・・・。
イラリオ、きっとモチベーションも高いと思いますので、
期待したいと思います!!
攻撃陣も頑張って!!(^_^)v
Posted by YOSHI-CO at 2006年10月17日 23:10
この大事な週にGKがふたりも離脱とは驚きですね。でもこんなときのために経験豊富なヒラリオを獲得しておいて本当に良かったですよね。
たとえグループリーグの一戦とはいえバルセロナとの試合にユースのまだ若い選手では心許ないですし、クディチーニを強行出場させるのも酷すぎる話でしたからね。

それと、ジョーがバルセロナ戦に間に合って良かったです。復活ロナウジーニョを喰う活躍をして欲しいものです。
Posted by ハイ at 2006年10月17日 23:50
>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
僕も詳しくは分らないんですが
症状の重さによってはスポーツは出来たとしても
プロとしてやGKというポジションではプレー出来なくなる
可能性もあるかも知れませんね・・・。
でも今のところは順調に回復に向かっているみたいですし
ツェフには本当に完治してくれる事を祈りたいです。

イラリオも頑張ってくれると信じたいですね!


>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
テリーはともかく、J.コールのGKは
ちょっと頼りないさそうな気がしますね・・・(笑)
ツェフは本当に安心しましたし
このまま良い方向に回復してくれるのを願うばかりです。
イラリオはとても頼りにしてますし
攻撃陣にもゴールでサポートして欲しいですね!


>ハイさん、
いつもありがとうございます。
時期も時期ですし、さらに2人同時の負傷というのが
信じられないですよね・・・。
クディチーニもさすがに危険を冒させる訳には行きませんし
本当に経験豊富という点はこういう時はとても頼もしく思えます。

ジョーもバルサ戦前に復帰できてホントに良かったですよね。
ロナウジーニョが影を潜める程の活躍はぜひ見てみたいです!
Posted by はだし狼 at 2006年10月18日 06:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。