2006年10月20日

クルスの2得点でインテルが勝利。

欧州チャンピオンズリーグのグループB。
インテルはスパルタク・モスクワをホームに迎えての一戦を
2−1の勝利で制しました。

復帰したレコバが大活躍のこの試合、
そのレコバのアシストからクルスが前半9分の間にいきなり
2得点を決めて、その必殺仕事人ぶりを発揮しました。
1点を返されて、さらに終盤にはヒヤヒヤさせるシーンもあったものの
セーザルが好セーブを見せ、幻のゴールに終わったものの
スタンコビッチが好調そうな笑顔を見せていました。
今大会初の勝点3を手に入れることができたし
ここからの巻き返しに期待しています。

インテル:
レコバ(ブルディッソ 58分)、クルス(サムエル 91分)
スタンコビッチ、ヴィエラ、ダクール、フィーゴ(アドリアーノ 69分)
サネッティ、マテラッツィ、コルドバ、マイコン
セーザル

blogランキング。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。