2006年10月22日

シェフチェンコ&バラック弾でチェルシーが勝利。

プレミアシップ第9戦。
快晴の日差しが現れたり、大雨が降ったり
虹まで架かったりと大忙しのスタンフォード・ブリッジに
今季好調のポーツマスを迎えたチェルシーは
シェフチェンコとバラックが共に待望のゴールを決めての
2−1の勝利をものにしました。
この試合のスターティングメンバーです。


   ロッベン   ドログバ  シェフチェンコ          
  ランパード   エッシェン    バラック
A・コール   テリー  カルバーリョ  フェレイラ
            イラリオ

前半6分。
右サイドのクロスからカヌーがヘディングシュートを見せますが
これはゴール左へと外れます。

前半9分。
左サイドを突破したロッベンからのクロスボールを
ゴール前のドログバが左足ダイレクトボレーで叩きますが
この強烈なシュートはクロスバーの上を大きく外れました。

前半18分。
ポーツマスのFKはゴール前でテリーがクリア。
しかしそのこぼれ球をカルバーリョが空振りしてしまい
このボールを拾ったベンジャニが巧みな切り返しから
右足のシュートを打ちますが、これもまたバーの上でした。

前半20分。
ランパードのスルーパスに飛び出したロッベンが
GKジェームズと1対1となりますが、
その左足のシュートは前に出たジェームズが
よく身体に当ててボールはゴール右へと切れていきます。

そして続く右CK、ロッベンが入れたクロスから
シェフチェンコがヘディングシュートを叩きつけますが
これもジェームズがその身体に当てて守り抜きました。

前半26分。
ロッベンの今度は左CKからのクロスを
テリーがヘディングシュート。
これがネットを揺らしますがGKジェームズと
競り合い体勢を崩させたドログバがファールを取られて
ノーゴールの判定となり、惜しくも先制点とはなりませんでした。

前半30分。
ペナルティエリア手前でランパードからのパスを受けた
シェフチェンコは中央へと切り込み
そのまま右足のミドルシュート。
これがゴール右へと向かいますが、
GKジェームズが横っ飛びの好セーブで弾き出します。
しかしこのシェフチェンコのプレーにスタジアムのサポーターから
大きな拍手が贈られていました。

前半31分。
エッシェンからのパスを左サイドのアシュリー・コールが
ワンタッチで前のスペースへと出し、ロッベンが飛び出します。
そしてそのままエリア内左に入ったロッベンが
ゴール左隅へと左足のシュートを打ちますが
ここもまたGKジェームズが右足の伸ばし、ゴールを守り切ります。

前半32分。
右サイドにまで現れたカルバーリョがクロスを入れ
バラックが右足のシュートを打ちますが、
これはゴール左へ外れました。

前半35分。
右サイドで巧みなフェイントを見せたドログバからの
パスを中央のランパードもさらに左へと丁寧にパスを流します。
そしてこれを受けたロッベンがエリア内左で
狙いを定めてゴール左へと左足のシュートを放ちましたが
またもやGKジェームズが右膝に当てて跳ね返します。

前半39分。
右サイドからシェフチェンコがペナルティエリア手前へと
入れたクロスを走りこんできたドログバが
右足で叩きつけますがこれはGKの正面でした。

前半41分。
エッシェンの右足ミドルシュートはゴール右で
ジェームズがしっかり抑えます。

後半1分。
バラックからのパスをロッベンがさらに右へと流し
ドログバがワンタッチで入れたクロスを
エリア内左のシェフチェンコが強烈なヘディングシュート。
しかしやはりゴール上でGKジェームズが弾き出し、
またオフサイドでもありました。

後半4分。
左サイドでロッベンが前に出したボールから
オーバーラップして来たアシュリー・コールがクロスを入れます。
そしてランパードがヘディングシュートを見せましたが
これはゴール左へと外れました。

後半10分。
ランパードのスルーパスに飛び出したロッベンが
ペナルティエリア内左から丁寧なパスを折り返します。
そして走り込んできたシェフチェンコが左足のシュートを
ゴール右へと決めて、ついにGKジェームズを破りチェルシーが先制。
そして待望の2ゴール目が生まれたシェフチェンコが
今まで温かい声援を贈ってくれたサポーターの元へと飛び込み、
選手たちも次々と駆け寄っての大喜びです。
サポーターに触れてしまった為、これでシェフチェンコは
イエローを貰ってしまいますが、それも惜しくは無いほどの
素晴らしい光景でした。

後半12分。
左サイドからロッベンが入れたクロスを
相手DFが頭に当てますが、真上に大きく上がったこのボールを
ドログバが狙い済ましたヘッドで折り返します。
そしてゴール前でノーマークのバラックが
ここもヘッドでゴール右へと決めてチェルシーが早くも追加点。
そしてプレミアシップ初ゴールを決めたバラックも
大喜びでサポーターの元へと駆け寄り祝福を受けました。
ちなみにシェフチェンコも必死に連れ戻したものの
バラックもまたイエローを貰ってしまいました。

後半13分。
ランパードの強烈な右足のミドルシュートを
GKジェームズが弾きますが、このこぼれ球に
いち早く反応したドログバが右足でゴール右へと叩き込みます。
立て続けの3点目に思え、ドログバも主審に見せつける様に
サポーターのギリギリの所で踊っていましたが、
これはオフサイドだったらしく惜しくもノーゴール。
とても素晴らしいゴールシーンだっただけにこれは残念でした。

後半16分。
ボールが左サイドのラインを割りそうになった所を
ベンチを素早く飛び出したジョゼ・モウリーニョがすかさずトラップ。
明らかにスローインになるボールだったとはいえ、
まだライン上にある時に触れてしまったため、
モウリーニョ監督は主審から厳重な注意を受けてしまいました。
シェフチェンコとバラックの待望のゴールにも
表面上は表情を崩さなかったモウリーニョ監督ですが
さすがにテンションが上がっていたのかも知れません。

後半18分。
クラニチャルが右CKから入れたクロスを
エリア内右のオニールがバックヘッドでゴール右を襲いますが
ここはGKイラリオが咄嗟の反応で弾き出し、
ジェームズに負けじとファインプレーを見せます。

後半22分。
ここでモウリーニョ監督はこの試合
大奮闘したロッベンをここで休ませて
代わりにジョー・コールを投入します。

後半24分。
ペナルティエリア内左から打たれたシュートを
イラリオが左足の伸ばす好プレーで防ぎますが
こぼれ球を粘ったテイラーがイラリオの手前で
倒れながらも中央へ折り返します。
そしてベンジェミが右足のシュートを放ち
テリーやアシュリー・コールも滑り込みますが
これがネットを揺らしてポーツマスが1点を返しました。

後半31分。
左サイドのシェフチェンコが入れたクロスを
走りこんできたバラックが右足で叩きます。
しかしこの低く鋭いシュートもGKジェームズが見事に防ぎました。

後半32分。
ここでモウリーニョ監督はゴールをついに決めた
シェフチェンコを下げて、マケレレの投入で守りを固めます。

後半33分。
そしてその頼もしいマケレレの縦パスを受けた
ジョー・コールが右足の低いミドルシュートでゴール左を狙いましたが
ここもGKジェームズがしっかりと抑えました。

後半41分。
今度はランパードの右足ミドルシュートも
ジェームズがキャッチで防ぎます。

後半42分。
ゴールキックからのロングボールを右足で落とした
ドログバがそのまま強烈なシュートでゴール上を襲いますが
ここもやはりジェームズが弾き出しました。

そして続く右CKのクロスからテリーが
ヘディングシュートを見せましたが
これもゴール右で相手DFが立ち塞がり守りました。

後半45分。
バラックも大きな拍手を受けてここで下り
モウリーニョ監督がブラルーズを投入しますが
ここまで徹底的に守りを固める采配は久しぶりに見ました。

そして終盤は自陣でセットプレーの機会を何度か与えてしまい
少し冷や冷やしたもののこのまま2−1で試合終了。
チェルシーが見事、勝点3をものにしました。

序盤はランパードの叔父であるレドナップ監督率いる
ポーツマスがパスワークを見せてチェルシー陣地へと押し込み
今季好調のその理由を明らかにしていました。
しかしポーツマスのファールも厭わないプレス
ロッベン、フェレイラ、ドログバが危険なプレーで倒されて
モウリーニョ監督もかなりご立腹でした。
ただ前半も中頃からペースは着実にチェルシーへと移り
シェフチェンコの先制点とバラックの追加点、
そしてドログバの幻と消えた3点目まで続きました。
ただその後のチェルシーの攻撃面で少し落ち着いてしまった感があり
一方ポーツマスが諦めず攻撃の姿勢を見せて、ついにはこの試合
アシュリー・コールを翻弄して存在感を見せていた
ベンジャミに1点を返されてしまいました。
そして守りを固めたものの最後まで緊張感を与え続け
やっぱりポーツマスはなかなかのチームでした。
今日はチェルシーからレンタルしているジョンソンが
契約により出場できませんでしたが、
彼が頑張っているというのも頷ける気がします。
そして好セーブを連発したジェームズも当たる時はとことん当たるし
本当にとんでもないGKです。

そしてチェルシーはロッベンが攻守に渡り奮闘を見せ、
自身はゴールを何度も阻まれたものの、結局は2得点ともに
ゴールに絡んでいて大活躍でした。
あれだけスペースがある時のロッベンはまさに水を得た魚の様で
やっぱり止められませんね。
またドログバも相変わらずその超人ぶりを感じさせていたし、
ランパードも随所にそのプレーが光っていました。
そしてフェレイラも以前のその言葉通り、出場した機会を逃がさず
最初から最後まで気迫あるプレーが目立っていましたし
チームは1点を失ったもののイラリオも好プレーを見せて
勝利で誕生日を飾る事ができました。
そしてやっぱりシェフチェンコに待望のゴールが
生まれたのはとても嬉しいです。
さらにバラックまで立て続けに決めてくれたのもまた嬉しい驚きでしたし
サポーターやチームメイトの喜び様が何より最高でした。

そしてチェルシーの次のプレミアシップは
来週の土曜日にシェフィールドUとのアウェー戦ですが
その前の水曜日にカーリングカップのブラックバーン戦があります。
今季一度は勝利しているとはいえ、やはり楽な相手ではありませんが
負けたら即終わりなので、ここも集中して挑んで欲しいです。

blogランキング。



この記事へのコメント
遂にシェヴァとバラックが決めましたね!
この調子で得点量産してって欲しいです。
やっぱりジェームズは凄いGKですね(汗)
Posted by Tomoko at 2006年10月22日 09:47
☆嬉しく読ませて頂きました !
ついに!遂にシェヴァやりましたねっ!!(T_T)〜スタンドの喜びよう&そこへ飛び込んでいったシェヴァ(涙)早く観てみたいです。
ついでに(笑)ミヒャエルまでゴールとは◎そしてシェヴァと一緒にイエローカード(^^;)・・でも幸せです。
ロッベンが獅子奮迅の活躍をしていたようですね。
ひとりひとりが自分の仕事のベストを尽くしている、チェルシー。本当にファンになって良かったです。
Posted by マリン at 2006年10月22日 10:28
初めまして“モウリーニョ狂”の宮本武蔵#1です(笑)このブログを見つけて感動しました。よろしくお願いします。
今週のポーツマス戦はチェルシーにとって良いものとなりましたね。シェバの喜んでるシーンはイイものでした。シェバはバルサ戦の後半くらいから良くなってる感じがしました(ミスもあったけど)。それとモウリーニョのトラップ良かったですね(笑)
モウリーニョのことを書いてるブログを見つけて良かったです。モウリーニョ大好きなんでこれからもよろしくお願いします。
Posted by 宮本武蔵 at 2006年10月22日 11:07
やったー!!
シェヴァが、久しぶり&ようやくAゴール目!
ホントによかったです。ドログバも、『さすが☆』
ですね(笑)ゴールにはなりませんでしたが。
去年、ロッベンが、ゴール決めてあまりのうれしさに、観客席まで入り込んで退場食らってますよね。
イエローかレッドかわかりませんが・・・
観客に触れたらいけないんですね。初めて知りました。観客から触れてきたらどうなんでしょうか??
とにかく、勝利&新戦力揃い踏みのゴールおめでとうございます。
Posted by らんちゃん☆ at 2006年10月22日 11:34
勝ちましたね。
しかも、シェバラック(笑)のゴールなんて!!
いやあ本当、いいもの見せてもらいました。
感動すらおぼえました。
虹もよかったですねぇ。
今度のチェルシーTVは保存しとかないと。(笑)

しかしクールに見せといて。
実は一番喜んでいたであろうモウリーニョのファール?には爆笑しました。
(その後の変な顔もちゃんと押さえてる、カメラワークにも感動。笑)

あとは、ジョーの調子が上がってくれることを願うばかりです。
Posted by たむこ at 2006年10月22日 12:51
やりましたね!!
バルサ戦に続き、この上なく嬉しい一日となりました。
シェヴァがゴールを決める前のプレーから、なんだかいつもよりキレがあったので、期待していたのですが・・・!!!
嬉しいゴールとなりました♪
バラックもだんだん彼らしい感じが出てきましたよね。
そうそう。ランプスが、目立ちはしなかったけれども、
要所要所を決めてくれてましたよね。さすが!!
モウリーニョ監督のお茶目ぶりにも笑いました。
嬉しかったんだろうな〜!!

う〜ん、今週は気分よく過ごせそうです。
そういえば、カーリングカップ・・・忘れてました;;;笑 忙しいですね。
Posted by YOSHI-CO at 2006年10月22日 17:34
ポーツマスに勝ちましたね!(感激)
なんとなんと暫定首位に!!
プレミアリーグのレベルも上がってきましたから、去年より優勝は難しいかな?
特にマンチェスター・ユナイテッド!!一段とレベルを上げてきましたね(汗)
クリスチアーノ・ロナウド、ルーニーetc・・・あの若さであのプレー・・・
ファン・ニステル・ローイがいないのも感じられませんね。
でも、チェルシーも負けてませんYO!
平均年齢も低いし、彼らに負けない選手も大勢いますから!
特にエッシェンやロッベンなどのスーパースター。彼らもロナウド、ルーニーに匹敵してると思います!
しかし、シェフチェンコとバラックはあまり本領を発揮できていないようですね。
まあ、移籍して1年目だし完全にチームに溶け込んでいないのかな?
まあ彼らの調子が悪くてもチェルシーにそんなの関係ないからねぇ!
Posted by 9D5 at 2006年10月22日 21:08
いや〜面白い試合でしたね〜。
シェバラック(笑)のゴールは何よりでしたね。
感動のシーンでした。
今年も強くて逞しいチェルシーが帰ってきましたね♪

それにしてもロッベン…

やはり別格っす(^O^)
Posted by いな at 2006年10月23日 00:17
ポーツマス戦勝ちましたね!!しかも、シェフチェンコ&バラックが決めるとはすっごいうれしいです!!早くプレミアになれて、どんどんこの二人には量産していってほしいです!!(宮本武蔵さん、こんばんわ。モウリーニョ好きといいます。宮本武蔵さんは、かなりモウリーニョ好きそうですね。私も大好きです!!今後ともよろしくお願いします!!私もここのブログ見つけたときはすごいうれしっかたです。)
はだし狼さんいつもありがとうございます。
Posted by モウリーニョ好き at 2006年10月23日 00:25
>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
2人ともついにやってくれましたね!
本当にジェームズが敵ながらその凄さを見せ付けてましたが
それだけにこのゴールも格別でした。
ホントにこれをぜひ量産体制への礎にして欲しいですね!


>マリンさん、
いつもありがとうございます。
シェヴァとファンの喜び様は本当に感動ものでした!
ミヒャエルまで決めてくれましたし
仲良くイエローも貰ってしまいましたが
嬉しさは変わりませんよね。
ロッベンの活躍ぶりも凄かったですし
1人1人が全力を尽くしていて
こんなチームを応援できるのはホントに幸せです!


>宮本武蔵さん、
はじめまして。コメントありがとうございます。
本当に良いシーンが見れました!
シェバの笑顔は最高でしたよね。
やっぱり調子も上がってきてると思いますし
これからも期待したいですね。
モウリーニョ監督のトラップシーンには
ホントに楽しませて貰いました(笑)
こちらこそモウリーニョファンの宮本武蔵さんにまで
そう言って頂けるととても心強いですし、
これからもモウリーニョ監督を応援して行きたいですよね。
今後とも宜しくお願いします!


>らんちゃん☆さん、
いつもありがとうございます。
シェヴァのゴールは本当に嬉しかったです!!
ドログバも色々とらしさが見れました(笑)
僕も昨季のロッベンの退場シーンを思い出しました。
確か2枚目のイエローを貰ってしまい、
“ゴールを決めて退場”という離れ業でしたよね(笑)
観客席に入り込んだらイエローなのかも知れませんが
この試合のバラックは触れただけにも見えましたし・・・
観客の方から触れるのは多分大丈夫だと思います。
ホントに新戦力2人が決めてくれて新鮮な勝利でした!


>たむこさん、
いつもありがとうございます。
シェバラックとは、かなり強力そうなネーミングですね(笑)
とても感動しましたし、虹も粋な計らいを見せてくれましたね。
本当にぜひ残して置きたい程の試合でした!

モウリーニョ監督も魅せてくれましたね(笑)
あの変な顔も彼流の照れ隠しなのかも知れませんね?
後はホントにジョーが試合勘を取り戻すのに期待ですね!


>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
本当にバルサ戦に続き、チェルシーの素晴らしさが見れましたね!
シェヴァも前兆を感じさせていましたし
バラックも少しづつですが確実に馴染んで来てると思います。
ランプスも数少ないボールタッチでチャンスを演出したりと
クールにいい仕事をしてるんですよね。

この試合、ホントに温かい気持ちにさせて貰いましたよね。
今度はカーリングカップと相変わらず大忙しですが
ここもまた頑張って欲しいです!


>9D5さん、
いつもありがとうございます。
好調ポーツマス相手に嬉しい勝利でしたね!
プレミアも一筋縄ではいかないチームばかりですし
特にルーニー、ロナウドらがいるユナイテッドは
チームの雰囲気も良くて、一番の強敵だと思います。
でもチェルシーも素晴らしい選手ばかりですし
本当に昨季よりも優勝は簡単に行かないでしょうが
こういう接戦の争いもまた楽しみですよね。

シェフチェンコとバラックもホントにまだ本領発揮してませんが
ゆっくり見守りたいですし、それでも勝利をものしているのは
やっぱり頼もしいチームですよね!


>いなさん、
いつもありがとうございます。
本当に面白い試合でした!
シェバラックは呼びやすいですよね(笑)
その彼らもついにゴールを決めてくれましたし
サポーターたちと喜ぶシーンは素晴らしかったですよね。

ロッベンもホントに別格の働きを見せてましたし
色々とチェルシーの逞しさが見れた試合でしたね!


>モウリーニョ好きさん、
いつもありがとうございます。
シェフチェンコ&バラックのゴールでの勝利は
凄い嬉しいものでしたね!
本当に早くプレミアにも馴染んで欲しいですし
量産体制に入ってくれるのが待ち遠しいですよね。
こちらこそ、モウリーニョ好きさんや皆さんに
コメント頂いていつも嬉しく思っています。
改めていつもありがとうございます!
Posted by はだし狼 at 2006年10月23日 04:33
みんなが喜びの状況で、こんなコト言うのも
申し訳ないんですが
最近ジョー・コールもロッベンも重用されてなくてさみしいです。
4-3-3でカウンターメインでも快速ウィングのチェルシーのほうが好きだなあ。
Posted by 9D5 at 2006年10月23日 16:51
確かに今までのモウリーニョ・チェルシーの代名詞とも言える451のシステムは封印するには惜しいですよね。
ダフがいなくなってしまった、ロッベン、ジョーが離脱していたというのもあると思いますが、やっぱりドログバ・シェフチェンコの2トップは相手からしたら悪夢以外の何物でもありませんからね。サイドの選手が本調子でなく、今のシステムが機能している状況なのであえて前線はウイングに張らせるより、現状維持が好ましいと判断したのでしょう。
監督はこの試合のゴールでシェフチェンコが量産体制に入ったら、うれしい悩みがまた増えてしまいますよね。
うまく選手を起用して、可能な限りタイトルを取って欲しいですね。
Posted by ハイ at 2006年10月23日 22:12
>9D5さん、
>ハイさん、
いつもありがとうございます。
モウリーニョ監督も今季は4-4-2と4-3-3(4-5-1)を
併用すると言っていたので、今後ジョーが完全に試合勘を取り戻せば
対戦相手によって、あの両翼がまた見れると思います。
今季は本当にジョーのロッベンの怪我等で選択肢もありませんでしたし
シェフチェンコもゴールは無かったですが
相手守備陣には脅威をなっていた様ですし
それでドログバが結果を出してましたからね。
僕もロッベンとジョーのウイング陣もまた見たいですし
モウリーニョ監督にはホントに上手く切り替えながら
タイトルを獲得してくれるのを期待したいですね!
Posted by はだし狼 at 2006年10月24日 05:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


チェルシーvsポーツマス
Excerpt: 好調ポーツマスがチェルシー相手にどんだけやれるのか興味ありました チェルシーのGKはCLに続いてイラリオでした。 クディチーニも復帰にもう少し時間が掛かるのでしょうか? 試合は序盤 チェルシ..
Weblog: 3?歳のつぶやき....
Tracked: 2006-10-22 11:18

チェルシー×ポーツマス
Excerpt: この上なくいい日♪ レディング~バルサ戦から、チーム力(そういうものがあれば・・・笑)がずいぶん上がっている感じ。 出足こそ、ポーツマスペースで、 かなりの時間、ポーツマスにボールをキープされていま..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2006-10-22 17:35

アンドリー・シェフチェンコ
Excerpt: 生年月日 1976.09.29 身長 183cm 体重 72Kg 国籍 ウクラ...
Weblog: サッカー選手名鑑 世界のスーパースター
Tracked: 2006-10-29 14:04
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。