2006年10月29日

インテルが4−3でミラノダービーに勝利。

セリエA第9節。
インテルはミランとの大一番を迎え
この気迫溢れるミラノダービーを4−3で制しました。
  
そしてこの試合で生まれた7つのゴールシーンです。

前半17分。
FKからスタンコビッチが入れたクロスを
ゴール前の密集の中、クレスポがヘディングシュートを
ゴール右へと決めて、インテルが先制します。

前半22分。
右サイドを上がってきたマイコンのパスを受け取った
スタンコビッチはペナルティエリア手前からそのまま右足を一振り。
そしてこの無回転のもの凄いボールがゴール左上へと
一直線に突き刺さりインテルが2点目。
好調スタンコビッチが素晴らしいゴールシーンを見せました。
さらにベンチへと駆け寄ったスタンコビッチは
恩師マンチーニ監督を跳ね飛ばして、その喜びを表していました。

後半2分。
ミランが3人を同時に変えてきたこの後半ですが、
中盤をドリブルで駆け上がったスタンコビッチは
ミランの選手たち引きつける中、右のイブラヒモビッチへとパス。
これにネスタがスライディングで滑り込みましたが
浮き上がったボールを姿勢も崩さずに胸トラップで押し出した
イブラヒモビッチがそのまま右足のシュートを放ち、
GKジーダも触ったものの、ゴール右へと決まる3点目。
これもまた華麗なゴールシーンでした。

後半5分。
ペナルティエリア内の混戦の中、
カカがエリア外へと落としたボールを
セードルフが右足のミドルシュート。
これにインテルDF陣もスライディングでブロックを試みますが
足に当たって浮き上がったボールに
GKジュリオ・セーザルも意表を衝かれしまい
そのままゴール左上へと吸い込まれ、ミランが1点を返します。

後半23分。
途中交代で入ったばかりのフィーゴがFKから
見事なクロスを入れて、これをファーサイドのマテラッツィが
ヘディングシュートで叩き込み、インテルが再び3点差に拡げます。
そしてこの喜んだマテラッツィはユニフォームをまくりあげて
Tシャツに何やら書かれたメッセージを披露しましたが
これでイエローカードを貰い、しかもすでに1枚貰っていた
マテラッツィはこれでレッドカードの退場となってしまいます。
この点差とはいえまだ残り時間は結構あるし、驚きの退場劇でしたが
当のマテラッツィは自信満々でピッチを去り、渾身のガッツポーズ。
レッドカードを貰ってもこんなに喜んでいる人は初めて見ました。

後半31分。
右サイドからカフーが入れたクロスを
ジラルディーノがコルドバと競り合いながらも
ヘディングシュートをゴール左へと決めて
ミランが再び2点差へと詰め寄ります。
この前にネットを揺らしたヘディングシュートは
オフサイドだったジラルディーノですが
今季初ゴールをこの大一番でついに決めました。

後半45分。
クロスボールにGKセーザルが見事な飛び出しでパンチング。
しかしこのこぼれ球をペナルティエリア手前のカカが
ゴールの上方へと狙い済まして放り込み、
ゴール下にいたスタンコビッチがオーバーヘッドもどきで
クリアを試みましたが、右足に当てるものの
かき出す事はできませんでした。

そしてついにあと1点に迫ったミランは5分あったロスタイムも
その攻撃を手を最後まで緩めませんでしたが、
10人のインテルは、この試合ファインセーブを
何度も見せたGKジュリオ・セーザルも集中を続け
負傷したヴィエラが足を引きづりながらも奮闘したりと見事に守り切り
このまま4−3でこの熱戦を制しました。

そしてこの勝利に大活躍のスタンコビッチも嬉し泣きで咆哮。
いつも通り最後まで奮闘をみせた主将サネッティも大喜びで、
ベンチに下ったイブラヒモビッチや、チームに混乱にもたらしながらも
試合を見事に盛り上げたマテラッツィもピッチに出て
他の選手たちとともに健闘を称え合いました。
しかしこの試合、負傷して交代をアピールしていたヴィエラですが
サムエルの代わりにベンチに下ったのはイブラヒモビッチと
そのまま最後までプレーを強いられてしまい、
試合後にはミハイロビッチ・コーチともめていたのが
その怪我の具合同様に気になる所です。

ただこのミラノダービーは結果はもちろんの事、
スタジアムの雰囲気も選手たちの気迫も
ここ最近の中でもかなりのものでしたし
その集中したプレーや最後まで手に汗握る試合展開など
本当に息を呑むほどの一戦でした。
とても大きな勝利でしたし、このまま勢いに乗って
今季はその手でスクデッドを掲げてくれることを期待しています。

インテル:
クレスポ、イブラヒモビッチ(サムエル 83分)
サネッティ、ダクール(フィーゴ 61分)、ヴィエラ、スタンコビッチ
グロッソ(ブルディッソ 61分)、マテラッツィ、コルドバ、マイコン
ジュリオ・セーザル

blogランキング。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。