2006年10月30日

モウリーニョ「成り行きにまかせる」

シェフィールドU戦に不在だったシェフチェンコの
その理由はどうやら足の筋肉を傷めていての事だったそうです。
そしてドログバまで前半に足を痛めてしまい交代していましたが
その勝利後のモウリーニョ監督のコメントです。

「彼を下げたのは大事を取ったからではありません。
ドログバはプレーできませんでした。
足の問題ですし、彼は多くの痛みを感じていました。
何故かは現在のところ言えません」

「シェフチェンコは火曜日にプレーするかも知れませんし
出場できないかも知れません。私たちは成り行きにまかせます。
2人とも出場できるかも知れませんし
1人しか出場できないかも知れません。
またはどちらも出場できないということもありえます」

「しかし前回のバルセロナ戦で私たちは
2人のゴールキーパーを欠きながらもプレーしました。
そして今回はおそらく2人のストライカー無しでプレーし
私がバスに乗る時です」

「多分、私が持つのはディフェンダーとミッドフィルダーだけでしょう。
しかしカルーは使えます。カルーはとても上達しています。
彼は時々、少しナイーブな行動を見せることもありますが
その子供は多くのクオリティを備えていますし
バルセロナ戦でプレーすることで彼はまた一歩先へと進むでしょう」

2年前、トッテナムがゴール前に選手を詰め込んで
あまりにも守備を固めすぎた為に
「彼らはゴール前にバスを停めた」と批判した
モウリーニョ監督が今度はそれを自ら行うことを示唆していますが
今回の“私がバスに乗る時”は微笑みながらで
やはりできればバスは停めたくないと思っているとの事です。

そして続いてモウリーニョ監督の
シェフィールド戦の結果と試合内容についてです。

「私は勝点に喜んでいますし、それはとても重要です」

「2点目を決めた後に私たちが行った
試合のコントロール方法に私は喜んでいます。
もし火曜日の試合がなかったら、もう少し野心的で
チームの動きもまた違っていたでしょう。
しかし3日ごとに試合がある私たちの様なビッグチームにとっては、
後半に試合を安全にコントロールしたことは
完璧な決定だったと私は思います」

「イラリオは驚くほどのプレーをしています。
彼はゴールでとても冷静にいて、とても安心していられます。
あのPKを止めたセーブは試合の鍵を握るものでした」

「カルロ・クディチーニも選択肢として使えます。
そのような全ての選手の中で、
私は私たちにとってより上手くできる人物を考え、
選ばなくてはいけません」

今季は2人のウインガーの離脱から始まり
2人のゴールキーパーの負傷、そして今回は2人のストライカー、
と何故か負傷した選手のポジションがかぶってしまうチェルシーですが
一夜明けた後、シェフチェンコはどうやらシュート練習に参加したと
公式ページにあり、これには安心しました。
そしてまた治療を受けたドログバもそのシェフチェンコと共に
バルセロナへ向けて旅立ったとのことでした。

そしてそのバルセロナ遠征に帯同している20名の選手です。

ドログバ、シェフチェンコ、カルー
ロッベン、ジョー・コール、ライト・フィリップス
ランパード、バラック、エッシェン、マケレレ、ディアラ
テリー、カルバーリョ、ブラルーズ、フェレイラ、ジェレミ
アシュリー・コール、ブリッジ、クディチーニ、イラリオ

バルセロナが本当に因縁の相手とするなら
今度は順番的にチェルシーが勝点を失う番ですが
監督も選手たちももちろんそんな事には囚われず
やるべき事はわかっていますし
いつも通りの吉報をぜひ期待しています。

blogランキング。



この記事へのコメント
こんばんは☆
シェヴァがケガしてたなんてビックリしました(@@)
ドログバはいつもケガしちゃったかなと思っても
すぐ復活して人間離れしたプレイを見せてくれるので
今回も大丈夫かと思っていたんですが・・(^^;)
でも同行しているなら少しは出られるのかな??
バルサも前回以上に必死でくるでしょうから
FW2人不在ではさすがにキツイですよね。
早くシェヴァとドログバの元気な姿が見れますように!
Posted by haru at 2006年10月30日 22:40
怪我人が出るのは痛いですが、まだこの時期ですし大丈夫でしょう。逆に言えば怪我人を抱える中で首位と勝ち点差が0だから怪我人が戻って来れば首位に立てるということです。
自分は次のバルサを生で見るかどうか迷っています。何故ならテストの日だからです(泣)GL突破もほぼ手中に収めていますし言ってみればそこまで重要な試合じゃないかもしれません。どちらにしてもモウリーニョはディフェンスを固めてくると思います。ドログバやシェバのことを考えると4-3-3かもしれませんが5-4-1も有り得ると思います。
楽しみです。だからこそ見るか否か……………悩みます(泣)
Posted by 宮本武蔵 at 2006年10月30日 23:54
>haruさん、
いつもありがとうございます。
本当にシェヴァの負傷は予想外でしたし
ドログバは僕も大事をとって下ったと思ってたんですが
そうでは無かったみたいですね。
でも2人ともスペインに向かってますし
後はぜひ出場してくれるのを期待したいですよね。
ホントに今度のバルサ戦はさらに厳しくなりそうですし
彼らが間に合ってくれる事を願っています!


>宮本武蔵さん、
いつもありがとうございます。
本当に怪我人がいる中でも今の位置につけているのは
とても頼もしいところなんですよね。
バルサ戦は相手の方が勝利が必要ですし
モウリーニョ監もまずは守備を固めて
じっくりと迎え撃つつもりなのかも知れませんね。
テストか試合かはホントに悩む選択だと思いますが
やっぱり再放送もありますし、テストも頑張ってくださいね!
Posted by はだし狼 at 2006年10月31日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。