2005年04月02日

マテラッツィ「ミランを倒せるなら賢臓を提供してもいい」

アイスランドとの親善試合の後、
イタリア代表として活躍して
キャプテンも勤めたマテラッツィの発言。
6日に行われるチャンピオンズリーグ
準々決勝のミラン戦について聞かれ、
その試合の重要性を説明しようとして
こうなってしまったのはさすがマテラッツィです。
“賢臓”というのがちょっとリアルだけど
その強い思いは充分伝わってきます。

でもやはり問題となり、
「不適切で行き過ぎた例えをしてしまった」
と次の日に謝罪のコメントをしました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。