2005年04月07日

チャンピオンズリーグ「チェルシー対バイエルン」

蒼の衣に身を包んだチェルシーはホームに
黒き姿のバイエルンを迎えての一戦です。

チェルシーは出場停止を受けモウリーニョ監督が不在。
FIFAの決定とそれに不服申し立てをしなかった首脳陣に
反発して、試合会場にも来ませんでした。
この大事な一戦を家族と家で観戦していると
いうのも違う意味ですごいです。

メンバーはドログバの1トップに、一歩下がってグジョンセン。
骨折で離脱したパウロ・フェレイラの代わりには
グエン・ジョンソンが出場。

バイエルンはFWのマカーイ、ピサーロが怪我で不在。
若きペルー代表ゲレーロの1トップで挑みます。

試合は開始早々の4分。
ジョー・コールの思い切りの良いミドルシュートが
DFルシオの足に当たり方向を変えてゴールへ。
さすがのカーンも反応できずチェルシーの先取点です。
ジョー・コールの積極的で果敢な姿勢が生んだゴールでした。

チェルシーは監督不在をものともせず、
ダフ、グジョンセン、ランパード、ドログバも奮戦。
特にダフには惜しい場面が多く訪れます。
主将テリーもセットプレーでは前線に参加。
GKカーンに怯むことなく競り合っていく姿は頼もしい。

バイエルンはバラックが本調子じゃないためか
左サイドのゼ・ロベルトを中心に攻めます。
でもFWのゲレーロは素晴らしい才能を持っているけど
もう1人FWがいて力を発揮するタイプで
この1トップではなかなかゴールチャンスが作れない。
そんな中グエン・ジョンソンが自陣ゴール前で
いきなり体勢を崩すというミスから生まれた決定機。
ゼ・ロベルトのシュートはゴールの上を越えてきました。

後半7分にはそのバイエルンにFKのチャンス。
バラックが直接狙ったシュートは壁に跳ね返り、
それをゼ・ロベルトがボレーシュート。
これはGKツェフがパンチングで弾くが
交代出場したシュバインシュタイガーが詰めて
同点ゴールを奪いとります。

しかしチェルシーもグエン・ジョンソンからの
ロングボールをドログバがヘディングで競り勝ち落とす。
これをランパードがペナルティエリア付近から
左足のシュートでカーンを破り2点目。

今日の主役ランパードはさらに魅せてくれます。
クリアボールを拾ったマケレレからのボールを
胸トラップから一回転して左足のボレーシュート。
この鮮やかなシュートが決まり3−1。

これでもチェルシーはまだ止まりません。
コーナーキックのチャンスに
ドイツ代表のフートがヘッドで流し
ゴール前でグジョンセンがシュート。
カーンのひざに跳ね返ったボールを至近距離から
ドログバが叩き込みました。
これで4−1と予想以上の大量得点。

しかしバイエルンもロスタイムに意地を見せました。
バラックがリカルド・カルバーリョに
倒されてPKを獲ります。
そしてバラックがゴール右隅に確実に沈めます。

2点差に追いつき何とかホームでの
セカンドレグに可能性を残す事ができたバイエルン。
今度はマカーイも復帰できるようです。

チェルシーは監督不在が逆に士気を高め
主将のテリーを中心にチーム一丸となって得た勝利。
でも決定的だった3点差をロスタイムで縮められて
しまったのは少し残念です。
次戦はアウェーでモウリーニョ監督もやはりいないし
まだまだ油断はできないです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2826608
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。