2005年04月12日

モウリーニョが世界最高年俸監督

モウリーニョ監督が600万ポンド(約12億5000万円)の
3年契約を改めてチェルシーと結んだとの事。
これはレアルのベッカムに並ぶぐらいの破格の値で
監督の中でも最高年俸に位置します。
さらにプレミアリーグ優勝で95万ポンド。
チャンピオンズリーグ優勝で120万ポンド。
その他もろもろ合わせると、
最高で895万ポンド(約18億6000万円)にもなるそうです。

就任1年目にして選手たちから絶大な信頼を得ている事をはじめ、
豊富な戦術論やコンディション重視の現実的な選手起用法、
昨年のポルトに続いての今年のチェルシーの躍進など
手腕・実績は確かに申し分無いとはいえ、監督で12億はやっぱり凄い。

選手に対するこの手の話は、
そんなもんだろうと納得してしまうけど
モウリーニョに限らず監督の年俸や契約金の話を聞くと
いつも高いと感じてしまいます。
これはやっぱり実際に試合をしているのは選手であって
選手あっての監督というのがあるからそう思うんだろうけど。

でも監督は責任感と大きさも違えば、
仕事の種類も多様で何より誰に指示される事も無く、
自ら考えて先導しなくてはいけない存在。
結局選手とは全く違う仕事ということで・・・
比べるものではないですね。
ベッカムとモウリーニョを交換してチェルシーが
優勝できるかと言えばそうではないですし。

それと「世界最高年俸」というチェルシーの評価は
先日のモウリーニョの不信感を拭い去る効果はもちろん、
モウリーニョ人気を加速させて、チェルシーのブランド性を
さらに高めようという狙いもプラスされてると思います。
この記事へのコメント
こんばんは。Jリーグの監督の年俸平均5500万ですから、12億でJ1全チームの監督年俸がまかなえるくらいですね。
Posted by Masato at 2005年04月22日 21:49
こんばんは。
J1の監督全員以上・・・そう考えると改めてすごい金額ですね。
コメント&情報ありがとうございました。

Posted by はだし狼 at 2005年04月23日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2910916
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。