2007年01月01日

テリー「こんなに快調だなんて信じられない」

明けましておめでとうございます。
昨年は多くの方々に見て頂き、コメントも多く頂いて
とても充実した一年を送ることができました。
ありがとうございました!
2007年も改めてよろしくお願い致します。

はだし狼


○ジョゼ・モウリーニョ&ジョン・テリーのコメント。  

2−2に終わったフルハム戦ですが
モウリーニョ監督は驚いてはおらず
失望もそれほどにはしていないと語っています。

「現在のチェルシーが守れないというのは
誰もが知っているかも知れませんが
そのことを一番よく分かっているのは私です。
相手チームは1つのミスを見つけると、次々とミスを見つけ
彼らはチャンスだということに感づき、
そして最後まで攻撃を続けます」

「これはまさしく以前の期間と正反対です。
今までは彼らはチェルシーから得点できないというのを
分かっていましたし、信念も持てませんでした。
だから私たちにとって、試合をコントロールするのは容易でした」

「序盤の15分間に、私たちは5つのゴールチャンスをつくり
いくつかは無防備なシーンでしたが、私たちは決めませんでした。
そして何のチャンスもなかった彼らが
最初のチャンスでゴールを決めました」

「ウィガン戦とエバートン戦では
私たちは残り少ない時間帯で決勝点を奪ったために
相手チームには追いつくチャンスがありませんでした。
しかし残り時間が15分か20分ある時、
私たちには彼らを抑えることはできません」

「この国ではどのチームにも
背が高くて強いストライカーたちがいますし
彼らに向けてペナルティエリアへとボールを入れてきます。
そのためとても強いセンターバックたちが必要となります」

「現在の私たちは空中戦を支配していません。
もしこういう守備でプレーするチームがあるならば
他の大会はもちろん、チャンピオンズリーグでさえも
大した事はないでしょう」

「私たちは守れていませんし
信じられない様なゴールを与え続けています。
そして攻撃面では仕事を果たしゴールを決めている選手は1人ですし
他の選手たちは十分ではありません。
シェヴァも、ショーンも、カルーも仕事を果たしていません」

「パウロはセンターバックではありませんが
彼は自分が出来ることをやっています。
イラリオは私たちの第3GKですし
彼は最大限の力でプレーしています」

「リカルドはただ1人のセンターバックです。
彼はここ2ヶ月は怪我も抱えていながらも
10試合連続で出場していて、最大限の力でプレーしています。
何故なら彼はその位置でプレーできるのが
自分1人しかいないと分かっているからです」

そしてこの冬の移籍市場で選手を獲得する可能性はあるものの、
最も望んでいるはやはりテリーとツェフの復帰のようです。

「もしクラブが私の意見を求めるなら
私は“イエス”と言うでしょう。
しかしそれと同時に、いくつかのクラブが目を見開いて
とても普通の選手たちに信じ難いほどの金額をつけるというなら
私は“ノー”と言うでしょう。
普通の選手のために、大金をかけることはできません」

「もしそういったことになるなら、
私たちは今いる選手たちでシーズンを戦うでしょう。
私が必要としているのは世界最高のゴールキーパーの復帰と
世界最高のセンターバックの復帰ですし
数百万もの大金は必要としていません」

そしてギャラスとフートを何故出したのかという質問については

「良い質問です。しかし答えはありません。
彼らはもはやここにはいませんし、
それに2人とも今は負傷しています」

と語ったモウリーニョ監督はさらに
ジョー・コールについて聞かれたものの
依然、復帰の兆しは見えていないようです。

「ジョーの怪我は永遠のようにも感じますし
少なくともシーズン中はかかるようにも思えます。
彼は8月4日に負傷しました。
そして一週間戻ってきましたが、再び負傷しました。
彼は今、疲労骨折により手術するかどうかの
決定をしなくてはいけません」


そして一方、同じような状況から手術を選択した
主将テリーですがその回復ぶりはとても好調だと語っています。

「これほど気分が良いなんて私は信じられません。
私は来週のFAカップのマックルズフィールド戦での
復帰もありえると思いたいです」

「私はこの怪我で四苦八苦していました。
どうしてこうなったのかは分かりませんが
私は数週間眠ることができませんでした」

「本当に厄介でした。
椎間板の一部を取り除きましたが
それが神経を圧迫して、私がプレーするのを不可能にし
キックも何もできませんでした」

この調子ならもしマックルズフィールド戦に間に合わなくても
13日のウィガン戦での復帰は期待できそうですね。
モウリーニョ監督も言っている通りに今のチェルシーからは
どのチームもゴールできると思っているのでしょうが
選手たちにはぜひ戦う姿勢と気迫を見せて
明日のアストンヴィラ戦を凌いで欲しいです。

blogランキング。



この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!
昨年は、このブログに出会えて本当に良かった一年でした。また今年も宜しくお願いします★

テリーは本当に回復が早いですよね。
実は私もテリーと同じ怪我をしたことがあるんですが、手術をしなかったので痛みが無くなるまで2ヶ月かかりました。その間は余りの痛みに気を失いかける位でした。ある日突然なので、本当にビックリなんですよ。テリーの医師は世界最高と言われる名医らしいので、相当腕が良かったみたいですね。
とにかく彼には一日も早い完全復帰を期待したいです。
Posted by Tomoko at 2007年01月01日 12:50
あけましておめでとうございます!

今のチェルシーはマズいっすねぇ〜。何とか怪我人が復帰するまで耐え抜いて欲しいです。今、とても大事な時期だと思います。気合いです!気合い!!!!!!!!
Posted by 宮本武蔵 at 2007年01月01日 20:54
あけましておめでとうございます。
まだまだひよっこ?ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

テリーの復帰も間近のようですが。(医療技術の進歩って凄いですね!?笑)
とりあえず今日はマンUとの勝ち点差を縮められるチャンスですので。
確実に勝ち点3を気合いでゲットしていただきたいものですね。
Posted by たむこ at 2007年01月02日 11:08
あけましておめでとうございます。
マンUが引き分けたんでヴィラ戦はかならず勝って、勝ち点を4に縮めてもらいたい!
テリーの早期回復はかなり嬉しい!
Posted by ヴィンセント at 2007年01月02日 22:32
>Tomokoさん、
あけましておめでとうございます!
こちらこそいつもコメント頂いて感謝しています。
今年も宜しくお願いします!

Tomokoさんも同じ怪我をされた事があったんですね。
かなりの痛みみたいですし、急に起きるというのは怖いですね。
本当にテリーの回復力は相変わらず頼もしいですし
それに世界最高の名医の腕が加われば鬼に金棒かも知れませんね。
ホントに一日でも早い完全復帰を楽しみにしています!


>宮本武蔵さん、
あけましておめでとうございます!
本当に厳しい状況にありますが
もう少しで負傷した選手たちもほとんど戻ってきますし
今はぜひ耐え抜いて欲しいですよね。
ここが今季一の正念場かも知れませんし
ホントに選手一人一人には気合いを入れて頑張って貰いたいです!


>たむこさん、
あけましておめでとうございます!
こちらこそまだまだ未熟者ですが、今年も宜しくお願いします!

テリーは彼の回りだけ時間が早く流れている様に感じる程ですし(笑)
本当に医学技術の進歩には驚かされますよね。
マンUも勝点を落としたみたいなので
ホントに今日こそはぜひ勝点3獲得して
ここ最近の遅れを取り戻して欲しいです!


>ヴィンセントさん、
あけましておめでとうございます!
ヴィラ戦こそは勝利を見たいですよね。
本当にマンUが勝点を落としましたし
このチャンスをぜひ逃さないで欲しいですね。
テリー復帰は待ち望まれていただけに
この回復ぶりはホントに嬉しいです!
Posted by はだし狼 at 2007年01月03日 04:23
モウリーニョ「はだし狼は偉大なサポーター」

 謹賀新年。

「昨年は素晴らしい一年でした。今シーズンはまだ中盤ですが、我々はチャンピオンに手が届く位置にいます」

「我々は栄冠を手に入れる為に、新たな戦力の加入と怪我をした選手の復帰を必要としていますが、それ以上に重要なのはサポーターの声援です」

「我々のチームのオフィシャルな情報は、残念ながら日本語では公表されていません。それ故に日本のサポーターは私や選手の発言を手に入れる為に、少なくない知性が必要でした」

「はだし狼は偉大なサポーターであり、翻訳者です。彼は日本のチェルシーファンに対し、多くの喜びをもたらしました」

「しかも、彼はそれをほぼ毎日のように続けています。ディディエが得点を取り続けるように、フランクが試合に出場し続けるようにです」

「私は他にこれほど誠実にチェルシーを応援するホームページを目にしたことがありません」

「確かに彼は同時にインテリスタでもあります。しかしインテルはそれに値するだけのチームですし、首位を守ることでそれを証明しています。私ははだし狼に対して、非常に好意的ですし、ポジティブでもあります」

「彼は今年も我々のチームを応援してくれるでしょう。それと同時に日本のチェルシーサポーターとの掛け橋になってくれる、と私は確信します」


 以上、モウリーニョ風でお送りしました(笑) 遅ればせながら今年も楽しみにしていますので、よろしくお願いします!
 ※長すぎですね。すいません( ^.^)( -.-)( _ _) ユルシテネ
Posted by ラッシュ at 2007年01月12日 05:44
ラッシュさん、
あけましておめでとうございます!
こんなに身に余る言葉の数々を頂いて、とても光栄です。
日本語訳も読みづらかったり、ミスもあるかも知れませんが
これからも監督や選手たちのコメントを
出来る限り多く届けられればと思ってますので
こちらこそこれからも宜しくお願いします!!
ラッシュさんのこの温かい言葉も本当にモウリーニョ監督の口から
言われているかのようで感激しました(笑)
改めてありがとうございました!
ホントにチェルシーは充分にチャンピオンに手が届く位置にいますし
今年も皆さんと一緒に声援を送れるのがとても楽しみです!!
Posted by はだし狼 at 2007年01月13日 04:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。